ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カロチャ
カーヴァ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
デブレツェン
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ

パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ レートシャーグ
リマソンバト
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼1月。大学は試験期間中です。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方もご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
今月は「ブダペストトイレマップ」を紹介します。昨年から(番外編を含め)少しだけ情報が増えました。(サイトからグーグルマップにブダペストトイレ情報を組み込んだページも見ることができます。)是非ご一読ください。

1月19日

  • 3月25日にリサボンで行われるワールドカップ予選対ポルトガルのチケット販売が開始された。
  • オペラ座の対面にあったバレエ協会の建物はホテルになると言われていたが、2020年オープンを目指してマリオットホテルチェーンのWホテルが建てられる模様。
  • Lidlは、キビのスナック菓子(Circuss Bio kolesgolyo, バーベキュー味、120グラム、賞味期限2017年5月17日)をリコールした。(サルモネラ菌が入っているそうです。)
  • 20日、ガソリンが1リットルあたり2フォリント値上がりする。
  • 木曜日よりまた寒さがぶり返し、ところによって最低気温がマイナス20度を下回る模様。(地面が凍っていて滑りやすくなっていますよね。私も今日は思い切り転びました。ミシュコルツでは雪が多すぎて駐車場の雪掃除ができず今週日曜日までは駐車料金が無料になるらしいです。)
  • 病院関係者によると、今年のインフルエンザは一度罹るとかなり長引くそうだ。
  • 17日、ブダペストのDob通りで2名の若者が偽警官を名乗りフランス人留学生から金品を強奪する事件が発生した。(最初警官のふりをして、その後は暴力をふるって金品を奪ったようです。)
  • 2018年の国政選挙において社会党は首相候補としてBotkaセゲド市長を推すことを決めた模様。(これだけ与党が強い中でずっとセゲド市長の地位を守り続けているということで力はあると思いますが、彼でも勝てない場合、もう人がいないんじゃないか・・・という感じもします。)
  • 最近の研究によると、若者の5人に1人は、夜もSNSが気になって夜中に起きてしまい十分な睡眠が取れていないことが明らかとなった。
  • ハンガリー道路公団は高速道路や国道の状況を調べ、高速道路1号線や国道7号線などの特定の区域において制限速度を下げる措置を発表した。(高速1号線はかなり道路状況が悪いみたいです。)
  • 100円=245.86フォリント(OTP/1月18日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月18日

  • ブダペストの動物園では元日に生まれたキリンの赤ちゃんの名前を募集(いくつかの名前から好きなものを選ぶ)していたがSaudaという名前に決まったようだ。(アラビア語、スワヒリ語にある名前だそうです。)
  • 現在ハンガリーでは電気自動車が青ナンバーをもらえるが、実際にはモータの他にエンジンもついているハイブリッドカーも青ナンバーがもらえていた。これを受け、4月より電気で走るかどうかだけではなく二酸化炭素排出量も青ナンバー設置の基準となる模様。
  • インターネット調査会社Netによると、クリスマスプレゼントをネットで購入したもののクリスマスまでに商品が届かなかった人が90万名いたらしい。このうち12%は1月の第一週目でもまだ商品がとどかなかったそうだ。(ギリギリに購入しないよう気をつけないといけないですね。)
  • ブダペストでスキーやソリ遊びの場といえばNormafaだが、実際には(スキーはともかく)ソリで遊べるところはいくつかあるらしい。(例えば英雄広場裏の公園にもあるそうです。あるいはゲレルトの丘とか・・我が家やブダペストの郊外の町にありますが、町のほとんどが坂道で裏道は車がほとんど通らないので、週末子どもたちがソリ遊びを楽しみました。)
  • 先日オンライン版のオルバーン首相のインタビューがハッカーに書き換えられたヴェスプレーム県の日刊紙で、今度はユダヤ人とヒットラーのジョークを新聞に掲載し問題視された模様。
  • ハンガリー政府は、外国から資金援助を受け政府の政策を批判しているとして、これを抑えようとする動きが出ている。これに反対する団体と教員が2月1日に国会議事堂前でデモを行う模様。
  • 地下鉄3号線の改修工事開始を求めて20日、西駅前で社会党がデモを行う模様。
  • 100=245.78フォリント(OTP/1月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月17日

  • 2005年より1月の第3月曜日は、1年で最も鬱な日とされている。(今年も無事に乗り切りました。)
  • napi.huによると、多くのドライバーが望むのであれば片道の高速券販売も実現可能なのだとか。
  • 18日、軽油が1リットルあたり2フォリント値下がりする。ガソリンはそのまま。
  • 寒さを考慮してE.ONは電気代見支払いによる送電停止処分期限を1月22日まで1週間延長するとした。
  • 政府は国境警備に関し「2015年ほどではないが、現在もセルビアとの国境には多くの移民・難民が押しかけてきており不法移民から国境を守る必要性が現在も続いている」との立場を示した。
  • インフルエンザの流行が始まり、見舞い禁止の措置を取る病院が増えてきている。
  • Momentum協会という団体が19日より2024年のオリンピック開催の反対署名運動を開始する模様。(予算を別のところに使うべしとのことです。)
  • 100円=246.17フォリント(OTP/1月16日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月16日

  • napi.huによるとハンガリーにおけるガソリンや軽油の値段はEU内でみると、ここ1年の値上げ幅はEUで3位とかなり高かった模様。この背景には税金が上がったこともあるが、その他に消費量が上がったこともあるらしい。
  • @prtfplio.huによると、昨年のハンガリーの物価上昇率は平均で1.8%であったらしい。もちろん物によって物価の変化には違いがある。昨年1年で最も値上がりしたのは砂糖の16.3%、次に魚の7.1%、そして燃料の6.3%であった。一方もっとも値段が下がったのはプロパンガスと教科書で8.8%、3位は豚肉でマイナス8.5%であった。(砂糖は産出国の産出量が減り、国内消費量が増えたことが背景にあるようです。)
  • 13日・14日は各地で雨、みぞれ、雪となった。この影響で、ザラ県、バラニャ県、サボルチ県の一部で停電が発生しトルナ県では断水となった。どぅなうーイバーロシュでは電力・水の不足で住民が16日デモを起こす予定らしい。一方、ケーケシュ山では積雪が40センチにまで達した。(我が家も子供が庭で雪だるまをつくりました。)
  • 車で通勤する人の交通費としてのガソリン代は国により1キロあたり9フォリントとの決まりがあったようだが、これが2017年には15フォリントに上がる(戻る)模様。ただ実際には9〜15フォリントの幅でいくら払うかは会社が決めても良いということになっているため、人によっては現在の9フォリントのままということもあるようだ。(私の今の職場には交通費を含め手当てという項目がなく、あるのは基本給だけです・・)
  • 14日、ガス漏れの疑いがあったらしくブダペスト3区ベーチ通りのショッピングセンターの買い物客が避難する騒ぎがあった。(テスコだそうです。)
  • ジュール・モション・ショプロン県で、車が凍った池に入ったもののスリップして動けなくなるという事故があった模様。(結局クレーンで引き上げたもらったそうです。ふ〜む。)
  • マジャールネムゼト紙がKlikが各学校長に対しハンガリーの古代文字(ロバーシュ文字)の学習者数をすぐに知らせるように、遅れた場合には罰則を与えると通達したと報道した。これに対しKlikは「違う。マスコミに聞かれたため調査しているだけ、遅れて報告しても問題ない。」とコメントした。
  • 15日、地下鉄2号線の東駅でアイルランド人男性がいきなり線路に降りてシュタディオン駅方向に歩き出すという出来事が発生した。男性は逮捕された。
  • OEPの調査によるとハンガリーの60歳以上の人の5人1人が糖尿病にある模様。
  • 週末は寒さが和らいだが、また今週は最低気温がマイナス18度になるところもあるほど寒くなる模様。
  • 左派系テレビ局ATVによると、ハンガリー人の18%はインターネットを使ったことがないとのこと。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月13日

  • 専門家によるとテロなどにより、これまでハンガリー人に人気のあったトルコ、チュニジア、エジプトへ旅行する人は減ったらしい。ただ旅行人気が衰えたわけではなく現在は海を船でまわるツアーなどが人気のようだ。
  • Rail Market Monitoringの調査によると、EU諸国の中でハンガリーが最も列車の遅れがひどい国らしい。ただそれでもハンガリー人は鉄道での移動が空きだということもわかった。(100キロ以内の距離の移動でも、終点到着時刻が5分遅れ未満の列車は78%にすぎないとのことです。)
  • 11日午後5時の電力使用量が6780メガワットと史上最高となった。
  • ソンバトヘイに収監されている受刑者がFacebookに投稿していることが明らかとなった。またこれらのポストでは着用義務の囚人服ではなく、筋肉を見せ付けるシャツを着ていることも問題視されている。
  • 昨年末政府は年金受給者にエリザベート券を支給したが、外国に住む年金受給者にも支給していたことがわかった。(全部で71カ国に送った形になるようです。エリザベート券は外国では使えません。)
  • 13日は雨、みぞれ、雪の多い1日となりそうだ。雪が多いのはドナウ以西南部、ドナウ川とティサ川の間の真ん中あたり、北部の山間部だそうです。
  • 与党Fideszの党首代理が「市民団体はハンガリーにとって邪魔な存在であり追い出さなければならない」と発言し、問題となっている。
  • 今年からレストランで食事をするときは付加価値税が27%から18%と下がったが、ケータリングの場合は27%のままとなっている。このため多くのレストランでメニューの持ち帰りを一時的に停止しているらしい。イケアも同様の措置をとることに決めた模様。
  • 国は移住国債の販売を3月31日の申請分までとすると発表した。
  • 100円=244.68フォリント(OTP/1月12日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月12日

  • 人材省は家族の関係を大切にする文化のために必要な知識・技術を育てるための円卓会議のメンバーを決定した模様。(若者に家族をつくっていってほしいという願いがあるみたいです。)
  • 中等教育の生徒達がYoutubeニュースチャンネルを開設した模様。
  • FBIが指名手配していたにもかかわらずハンガリーのビザを取ってハンガリーに入りオルバーン首相の近所に住宅も購入していた人物(Pharaon)は、閣僚とのつながりがニュースになっていたが、最近亡くなったことが確認された模様。
  • 木曜日から土曜日にかけて雪になるところが多い模様。(この時期少し気温は上がるようです。)
  • ハンガリーでのインフルエンザの流行が始まった。ここ1週間でインフルエンザの症状で医師のもとを訪れた人の数が1万6000名に達した模様。
  • 寒さで死ぬコウモリの数が増えているらしい。冬眠モードに入っているコウモリがあまりの寒さから逃げるため飛ぶらしいが、体力がなくなっているため、地面に落ちてしまうと死んでしまうらしい。それで専門家は、地面や団地の階段のおどりばなどに落ちているコウモリを見つけた場合、箱に入れてあたたかいところにおき、保護団体 06 30 689 2727に電話するようにと呼びかけている。
  • 16日よりガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が3フォリント値下がりする。
  • 100円=244.24フォリント(OTP/1月11日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月11日

ブダペストのドナウ川の流氷の様子がきれいなサイトがあります。ここをクリックしてみてください。

  • 氷が張っていることもあり、ドナウ川では(ブダペストを含めて)船の運航が禁止となった。
  • 現在ハンガリーでは2〜3年の経験がある専門技術者や肉体労働者がもっとも不足しているらしい。
  • 経済競争局はDunaouseやOtthonCentrumなどいう不動産会社がカルテルを結んでいたとして計7568万フォリントの罰金支払いを命じた。
  • H&H保険の調査によるとハンガリー人の69%が年金生活に入っても仕事をしてお金を稼ぐと考えていることがわかった。(去年は61%だったそうです。)
  • これまでバラトン湖では正式にはスケートが認められていなかったがケストヘイやシオーフォクなどではスケートができる区間が指定された模様。(今後少し気温があがりますが、その後来週も寒さが続くとのことです。)
  • 2月2日にプーチン大統領がオルバーン首相と国会議事堂前でスピーチするらしい。野党Egyuttはこれに合わせて口笛をふくデモを行おうと呼びかけを始めている模様。
  • 自動運転を行っているブダペスト地下鉄4号線で先週の金曜日に乗客を乗せたまま車両が終点駅からそのまま駐車スペースに移動していまうという出来事があった。これをうけシーメンスが調査を行うことになった。
  • 左派市民が大統領候補として教えているMajtenyi氏について、ATVの番組の出演者が「ハンガリー人のうちのどれだけの人がユダヤ人の彼を応援するのか見ものだ」と発言した。他の出演者が「その見方はおかしい」とコメントしたが、「そんなことはない。」とゆずらなかった。
  • 100円=244.27フォリント(OTP/1月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月10日

  • ハンガリーでのここ最近の鳥インフルエンザの被害額が33億フォリントに達した模様。
  • リスト・フェレンツ国際空港ではこれまでLCC(格安航空会社)の乗り降りのために簡易建築物が置かれていたが、これを取り壊しターミナルを伸ばす工事に入る模様。
  • 昨年末、政府の方針で年金受給者に対し商品券(エルジェーベト券)が配れれたが、その数が260万に達した模様。(配達し無事届けられた割合は98.5%だとのことです。)
  • 国会事務局のJobbikの3つの事務所の鍵があけられいたというニュースが入った。Jobbikは鍵がこじ開けられ中に入られたと主張しているが、内務省はその後、鍵が壊れて開いたもので犯罪は発生していないと発表した。(何が本当かわからなくなりますね・・)
  • 全国気象サービスは9日から10日にかけての夜も最低気温がマイナス25度に達するところがあると注意を呼びかけている。(ハンガリーの史上最低気温は1929年のマイナス33度みたいです。)
  • BKKは9日、寒さのため78台の切符自動販売機が故障してしまった模様。BKKは9日中に故障を修理するとしている。(動かないので入れたお金が返ってこないなどの被害はないとのことでした。)
  • 100円=242.49フォリント(OTP/1月9日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月9日

  • ▼週末はここ一番の寒さとなった。ペシュト県でマイナス28.1度が記録され、1985年の記録を超える史上最低気温となった。▼ハンガリー警察によると、寒さによる問題で警察が出動したり措置を行った事例が53例あったようだ。▼ティサ湖では白鳥が水に浮かんだままの状態で湖が凍ってしまい氷から抜け出せなくなってしまった。(救助されたようです)▼ヴェレンツェ湖ではスケートが可能となった。一方、バラトン湖の氷は厚さが13センチに達したが、場所によってはまだ薄いようで現在もスケートは禁止となっている。▼寒さが厳しくなると暖房などの電気使用量が増えるが、この週末では史上最高の使用量には達しなかった模様。▼一方、寒さにより水道メーターが壊れるケースがあいつでいるらしい。(我が家もすでに複数回、寒さでメーターが壊れているので心配です。)
  • 4年に1度、若者に対して行っている調査があるらしいが、最新の調査結果によると、今の若者は「家族をつくる」「家庭と一緒に暮らす」ことに強い価値をおいていることがわかったらしい。
  • クリスマスツリーは1月6日の公現祭に片付ける習慣があるが、その後1ヶ月半の間は、捨てられたツリーは専用の収集車で回収される模様(我が家のツリーは本物の木てはありませんが、片付けました。)。
  • 国際オリンピック委員会の代表が、今年5月に2024年のオリンピックの候補地を訪問するらしい。ブダペストには5月10〜12日に来るようだ。
  • 今年からガソリンのようにタバコの値段も1週間に2回変わる可能性があるらしい。1月9日からは一般のタバコの場合、一箱の値段は970〜1150フォリントになるらしい。(私はタバコをすわないのでタバコの値段が全く気になりませんが、愛煙家の方は値段の変化が気になることでしょう。)
  • ハンガリーのエリート校といわれる高校では外国の大学に進学する生徒が一定数いるらしい。例えば高校ランキング1位のRadnoti高校では昨年38名が外国の大学に進学したそうだ。(人気があるのはイギリスの大学だそうです。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月6日

  • 今年より免許の更新時期が誕生日と連動するようになった。(今年以降免許を取る人や免許を更新する人の話です。ハンガリーの免許の有効期限ですが40歳までは10年、40〜59歳までは5年、60〜69歳までは3年、70歳以降は2年です。)
  • 大統領候補に市民団体が押し左派野党も支持を表明しているMajtenyi Laszlo氏は「大統領の推薦には国会議員の5分の1の支持が必要とのルールがある」とした上で「政権が自由に憲法を変えるのではなく国民の意見をきける国にする。」「報道の自由の確保する。」「基本的人権を平等に与える」などの条件を国会議員の5分の1がのみ、私を支持してくれるのであれば候補となると述べた。
  • 2016年の秋から年末にかけて80名が凍死した模様。これは2015年の45名を大きく上回っている。(最も若い人で35歳、最も高齢で89歳。80名のうち屋外で凍死した人が20名、自宅が27名、そして搬送された病院で亡くなった人が33名だそうです。週末の寒さでまた凍死者が増えてしまうのでしょうか。自宅内に暖房があっても、庭で転んで動けなくなって凍死してしまうこともありますから、注意が必要です。)
  • このように凍死者が多いこの冬であるが、今週末はさらにぐっと冷え込み、ところによってはマイナス24度となるところもあるとのこと。(現段階の天気予報ですとブダペストは土曜日にマイナス16度まで下がるようです。)
  • この寒さゆえだろうか、刑務所で寒さをしのぎたいとタバコ屋の強盗事件をくりかえしている犯罪者がニュースに載った。
  • ブダペストの平均的な住宅は58平米で1平米あたり77万6000フォリント(つまり4500万フォリント)であるが、Penzcentrumによると、5000万フォリント以上の住宅も870、1億フォリント以上の住宅も160売りに出されているという。ブダペストの2区や12区の新築住宅の場合1平米あたりの値段が120万フォリント弱程度になるそうだ。
  • Tescoは13区や21区の店舗で、それまで走らせていた無料送迎バスを廃止した。これにより怒った顧客がテスコのサイトを炎上させているらしい。(とは言っても公共交通機関を使えば行けますから、そこまで怒る必要があるのかとも思えます。私の住む町にはAuchanがありますが、公共交通機関がほとんど走っていない区間で無料送迎バスも走っています。)
  • ブダペスト地下鉄2号線終点(Ors vezet ter)のイケアの地下駐車場にとめてあった車が燃え出すという事故が発生した。これにより一時期買い物客が屋外に批判した。(なぜ車が燃え出したのかについてはまだわからないようです。)
  • これまで政府は教育にどれだけの予算をつぎ込んできたのかのデータを明らかにしてこなかったが、これが政府サイトにアップロードされた。これによるとGDP費で見ると1990年(5.7%程度)から1998年(4.9%)まで下がりつづけ、それから2003年までかけて1990年(5.7%程度)レベルに戻り、その後は2013年(3.9%)まで下がり続け、その後、2015年までに4.4%に戻ったことがわかる。(体制転換後の政権で見ると、最初の民主フォーラム政権で下げ、次の社会党政権とFidesz政権で上げ、その後、2期の社会党政権と1期目のFidesz政権で下げ続け、2期目のFidesz政権でようやく回復に向かい始めたという感じになります。今の政権は「社会党政権時代(2002〜2010年)の負の財産をようやく食い止めるにいたった・・」というのかもしれません。)
  • 100円=243.60フォリント(OTP/1月5日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月5日

  • ブダペストのレンタサイクルBubiは今年上半期に12箇所ステーションを増やす模様。
  • 禁止の札が立てられては入るが、すでに多くの人がバラトン湖やヴェレンツェ湖でスケートを楽しんでいる。ただ当局はまた氷の厚さが8センチも達していないとして「危険が伴うのでやめるように」と呼びかけている。
  • 全国気象サービスは5日に関してBudapestとPest、Baranya、Borsod-Abauj-Zemplen、Fejer、Gyor-Moson-Sopron、Hajdu-Bihar、Komarom-Esztergom、Somogy、Szabolcs-Szatmar-Bereg、Tolna、Vas、Veszprem、Zalaの各県に強風注意報、そしてこのうちBorsod-Abauj-ZemplenとSzabolcs-Szatmar-Beregの両県に関しては吹雪注意報を発令した。
  • ブダペスト1、2、11区では故障のため朝から(地域集中)暖房がない状態が続いていたが、午後復旧した。
  • 100円=242.16フォリント(OTP/1月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月4日

    昨日のニュースでシマウマの赤ちゃんが生まれたと書きましたが、キリンの間違いでした。すみません。

  • メッジェシ元首相が左派野党に対しJobbikと組むべしと発言したが、社会党党首は「政治的に無理な話。元首相は社会党のアドバイザーではない。」と発言した。
  • 中央統計局のデータによると毎年250名がハンガリーで凍死している。専門家によるともっとも多いのが50〜80代の方が暖房のない自宅内での凍死するケースだとのことだ。
  • PM10によるスモッグ問題で、ブダペストは3日スモッグ警報・注意報が解除された。ニーレジハーザも解除となったが、一方でセゲドはスモッグ注意報が発表された。
  • 25年前の1月3日、ハンガリーではじめて心臓移植手術が行われた。移植された人は今も元気だそうだ。
  • 100円=243.81フォリント(OTP/1月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月3日

  • 首相からの頼みもあり、アーデル大統領が次の5年間も再び大統領になる意向を示しているが、左派野党は「大統領は党に属さない人がよい」と全国ラジオテレビ協会の元会長であるマイテーニ・ラースローを大統領候補とする方針で動いている模様。
  • 昨年末史上最高値で閉じたブダペスト市場であるが、今年最初の2日も史上最高値を更新した模様。(3万2099.05フォリント)
  • ハンガリーで昨年の新車販売台数は9万6500台と一昨年の25.1%となったことがDatahouseにより明らかとなった。
  • 2017年に入り、鳥肉や卵、あるいは牛乳の付加価値税が下がった。(豚肉の付加価値税が先に下がっていたため、ここ最近鳥肉がブダ肉に比べるとかなり高かったですが、これで鳥肉の値段も少し安くなるかもしれません。)
  • 4日、ガソリンおよび軽油の値段が1リットルあたり3フォリント値上がりする。
  • 首都動植物園では1日の午後早くにキリンの赤ちゃんが誕生し、同園で今年最初の赤ちゃん誕生となった。(ブダペストの動物園で生まれたキリンの赤ちゃんとしては32匹目だそうです。)
  • 2日も空気中のPM10の量が増えたようでBudapest, Szazhalombatta, Tokol, Szeged, Miskolc,Sajoszentpeterが危険、Mosonmagyarovar, Gyor, Tatabanya, Szekesfehervar, Esztergom, Vac, Eger, Szolnok, Debrecen, Kazincbarcika, Hernadszurdok, Oszlarでも健康を害するレベルとなっている。ATNSZはあまり外に出ないようにと呼びかけている。
  • 政府の教育政策に異議を唱えている「教えたい!でも」運動は2月1日に大規模なデモを行う計画を発表した。
  • ハンガリーでは1980年から人口が減少し続けているが、2001年から2016年の間に出産可能な年齢の女性の数が27万人減少し、また平均の結婚年齢も1970年から2015年にかけて21.6歳から29.6歳と遅くなっている。
  • 2016年末で国家消費者保護局がなくなり、今年から国家開発省などが業務を受け継ぐことになった模様。
  • ハンガリー国立銀行は2015年以前に発行した2万フォリント札の使用期限を2017年12月31日まで延長した模様。
  • ここ数日の寒さでバラトン湖にも氷がはってきているが、まだスケートには危険だとのこと。ただ今週末には滑れる可能性があるとのことだ。
  • メッジェシ元首相が左派野党に対し「オルバン首相に勝つにはJobbikと組まなければ駄目だ。」と呼びかけたことに対しJobbikは「自分達が左派野党と組むことはありえない」とコメントした。
  • Cegled近くで電車の衝突事故が発生した。故障が原因らしい。この事故で1名が重傷を負ったが命に別状はない模様。
  • 100円=243.23フォリント(OTP/1月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月2日

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

  • 警察は高速道路などの取り締まりに際し、警察官が動画カメラをつけると発表した。(警察が正しい取り締まりを行っているか、そして取締りを受けたドライバーが正しい態度を取っているかなどをチェックするためのものだそうです。)
  • 12月30日、Balatonfuzfoの化学工業会社で爆発が起きた。(テロなどではなく事故だとのことです。)
  • Magyar Postaによると、年金受給者への商品券(エリザベート券)の配達が年内に無事終了したとのこと。
  • 関係者によると、ホームレス用の宿泊施設では全国的に9割のベッドが埋まっているとのこと。
  • 政府は2017年の目標として「減税」「給与アップ」「家族手当の増加」『欧州・ハンガリーの防衛」を挙げた。
  • 今年最初に生まれた赤ちゃんはセンメルヴェイス大学病院で生まれたノエルちゃんとのこと。(0時0分30秒に生まれたのだとか。元気に育ってほしいものです。)
  • 大晦日から元旦にかけて全国の救急車の出動回数が3000件を超えた模様。このうち330件が急性アルコール中毒によるもので、そのうち52件では未成年が病院に運ばれたようだ。また花火による事故(火事)や怪我も多く、ヴァーツでは6歳の子が手に持っている爆竹が爆発して子どもが怪我をした模様。(警察が保護者に対する取調べを始めたようです。)
  • 男子チェス代表選手の監督を務めてきたポルガール・ユディット氏が2030年まで国連の女性の差別をなくす運動の大使として活動することとなったため、監督を辞めることを発表した(チェスの女性ランキングではずっと世界1位、男子ランキングでも1桁を守ってきた人です)。
  • 最新調査によるとハンガリー人の45%がローンを組んでおり、貯金の大切さは理解しているものの、ローンのせいでなかなか貯金ができない状況にあるらしい。
  • 中央統計局の発表によると、ハンガリーで最も人生に満足している層は大卒以上の若い人たちで、最も満足していないのは55歳以上で学歴は初等教育卒、そして小さい町や村に1人で住んでいる人だとのこと。
  • かなりの寒さで始まった新年であるが気象サービスによると今後しばらくはかなり寒い日々が続くとのこと。(ところによっては最高気温がマイナス18度、最高気温もマイナス10度ぐらいになるとか。私が住む町も中旬には結構雪がふるみたいです。)
  • 空気中のPM10の数値が全国的に高くなっており、Nyiregyhaza, Kazincbarcika, Sajoszentpeterでは危険、Budapest、Esztergom、Eger、Debrecen、Miskolc、Oszlarでも健康に悪影響を与えるレベルになっている模様。 l
  • 原油価格が安定していることを受けて、専門家は2017年のガソリンなどの値段も1リットルあたり400フォリント以下の水準が保たれると予想している。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後 15日間の天気が見られます。)