ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カーヴァ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ

パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ レートシャーグ
リマソンバト
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼8月。大学は夏休みです。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
群馬県前橋市は東京オリンピック・パラリンピックでハンガリーのホストタウンとなっています。カーロリ大学は群馬大学と協定を結んでいることもあり、昨年より前橋市との交流が始まっています。この一環として2016-17年度に群馬大学に留学していたカーロリ大学の学生4名が前橋市のガイドブックを作成いたしました。ハンガリー人の目から見た前橋市の魅力が伝わっています。ハンガリー語もまざっていますがこちらより、そのガイドブックがダウンロードできます。なお、ガイドブック作成についてはNHKでも紹介されました。その情報はこちらよりご覧ください。

8月23日

  • 7月末で旧2000フォリント札と旧5000フォリント札はお店で使えなくなったが、8月15日現在で590万枚の旧2000フォリント札、430万枚の旧5000フォリント札がまだ国立銀行に戻ってきていないことが明らかになった。(2020年7月31日まではどの銀行でも新札にかえられます。また、国立銀行では2037年7月31日まで大丈夫です。)
  • クロアチアで大規模な森林火災が発生した模様。ハンガリー人の被害については報告がないようだが、外務大臣は「ニュースやネットニュースだけではなく、外務省のサイトをよく確認すること。また外国にいる間に外務省からすぐ情報が得られるよう登録をするように」と呼びかけた。(今週ドイツの学会に家族で行くので登録しなきゃ・・・です。旅行保険をかけたらテロ被害についての項目が目をひきました。恐らく以前からあったと思いますが、その項目がすぐ目に入ってしまう・・・ところが今の欧州の現状でしょうか。)
  • 24日より10月末まで、地下鉄3号線工事の際の代行バス走行に必要な工事のため、西駅周辺の道路の一部車道交通が制限される模様。
  • ハンガリー警察は23日より25日にかけて全国的にスピード違反の取締りを強化する。(運転には気をつけましょう。)
  • ハンガリー鉄道では最近車掌がキセル乗車をしている乗客から暴言をはかれたり、暴力をうけたりするケースが増えているという。(8月だけでこれまで53名の車掌が被害にあっている)これを受け、8月中旬より車掌にカメラを装着するテストが始まっている。(ドライブレコーダーのようなものでしょうか。車掌も大変な仕事だと思います。)
  • イギリスの外務省画発表した安全な観光地トップ10にハンガリーが含まれた模様。(チリ、スイス、ブータン、ツバル、フィジー、ニュージーランド、アイスランド、マルタ、ハンガリー、アイルランドだそうです。ちなみにGlobal Peace Index2017による危険な観光地10は、ロシア、トルコ、イスラエル、メキシコ、エジプト、インド、フランス、ベルギー、ブラジルだとのことです。)
  • 国立劇場が創立180年を迎えた。(1837年8月22日は国立劇場がペストハンガリー劇場としてオープンしたそうです。)
  • テスコは会社側が賃金アップに合意したためストが回避されると見られていたが、これではまだ足りないと来週にも複数のテスコでストが行われる可能性があるらしい。
  • Fideszは録音電話キャンペーンを開始した、これはJobbikのヴォナ党首が年金受給者に対してこんなひどいことを言っている・・という内容のもののようだ。ヴォナ党首はこれに対して「FideszがJobbikを恐れている証拠だ」と与党を非難した。(最近Jobbikは自分達は弱者迫害をしない。過去にそういう発言があったことは認める。大変遺憾に思う。などとこれまでの右翼的活動を少し方向転換しているところがあります。)
  • 100円=228.03フォリント(OTP/8月22日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月22日

  • 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)によると、ハンガリー産の卵にフィプロニルに汚染されたものが発見された模様。(3HU1503T03/4の番号がふられている卵だそうです。子供たちには食べさせない方がよいとのことです。番号ですが卵の殻に書いてあります。)
  • 毎年20日にブダ城では手芸関係のフェスティバルが行われている。同フェスティバルは有料だが、これが終了するのは8時なので9時から始まる花火のみを見に来た人たちはもちろん無料で花火を見ることができた。しかし今年は8時以降も花火を見に来た人に対しても1人あたり1000フォリントの入場料を取ったらしい。これに関し主催者側は「テロ対策もあり入場者数に限度を設ける必要があり、また毎年花火を見に来る人の態度も必ずしもよくはなかった」と主張した。ただ実際には人を数えている様子もなくお金さえ払えば誰でも入れたようで、これを避難する人もいたようだ。
  • 21日、野党が中欧ヨーロッパ大学などについて議論するため臨時国会開催を呼びかけたが、与党議員が集まらず、決定能力がない状態となってしまった。野党は「与党は国が抱える問題に興味がない」、与党は「左派野党はジョージ・ソロスに関することしか興味がない」と互いを批判した。
  • もう何年も空きとなっているホームドクターのポジションをうめるため、これまで国は3億2670万フォリントを投入してきたらしい。(今も355の場所で欠員が出ているそうです。2004年から欠員が出たままとなっているところもあるそうです。)
  • 21日ブダペスト1区の(ブダの王宮の下を走る)Todly通りでドイツ製の不発弾が発見された。このため付近の区域が一時立ち入り禁止となった。(ベルギー大使館職員も避難しなければならなかったそうです。)
  • 一旦暑さが収まったが今週も徐々に気温が上がり、日曜日そして来週の月曜日は最高気温が34度まで上がるらしい。
  • 23日よりガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が3フォリント値下がりする。
  • 今年第4四半期から2019年の終わりにかけて、高速道路に接続する自動車専用道路が国内各地で建設される模様。(例えばエゲルと高速3号線をつなぐ道路とか。最高時速は110キロとなるようです。)
  • 100円=227.98フォリント(OTP/8月21日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月21日

秋篠宮さまと長女眞子さまの私的ハンガリー訪問のニュースは、ハンガリーのメディアでも紹介されていました。(たとえばhttp://femina.hu/vilagsztar/mako-hercegno-magyarorszagon/だと2人は私的にハンガリーを訪れたがいつまでハンガリーにご滞在かはわからない・・などとちょっとミステリアスな書き方となっていました。)

  • 8月20日、ブダペストでは朝方雨となった。各式典は滞りなく行われたが航空ショーの一部が中止となったようだ。(ブダペストの花火も無事行われたようですね。2013年より大統領官邸のシャーンドル宮殿で勲章の中では最も位の高いハンガリー聖イシュトバーン勲章の授与式もこの日に行われています。今年は娘も合唱団のメンバーとして同式典で国歌を歌いました。それでテレビ―実際にはテレビはないのでPC-で見たのですが、勲章授与ではなく娘ばかり見ていました。全くの親ばかです。)
  • 9月より校長が「優秀」と判断した教員は給与が(グロスで)7000〜1万4000フォリントあがるらしい。
  • 20日朝、ブダペストの地下鉄3号線の一部区間が不通となった。その後復旧した模様。(今回は天候のせいだそうです。ハンガリー語ですが教員の給与体系についてはhttps://goo.gl/pDQ3M5で見られます。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月19日

  • Vilaggazdasagによると、デビッドカード使用者のうちPayPass(タッチするだけで支払いができる)機能を使っている人は半数らしい。13%は機能があるものの使っておらず、また3分の1のカードにはPayPassの機能がないようだ。(30歳以下は59%が使用ているようですが、50歳以上になるとその割合が32%にっまで下がるそうです。)
  • viszony.huは恋人やセフレを探すサイトらしいが、同サイトを利用したある調査によると、現在ハンガリーではパートナーがいながら、別の「恋人」を探している人が15万人いたらしい。また最も浮気をしやすいのが、都市部に住み、大卒以上の38歳の女性と39歳の男性だということもわかったようだ。
  • ハンガリーには3万3000名の目の不自由な方がいるが、このうち盲導犬をもてるのは1%に過ぎない。このため関係者は盲導犬を育てるため1〜1歳半のラブラドールを探しているようだ。
  • 先日裁判所はBKKの罰金が最大で運賃の92倍と高すぎるとの判断を下したが、BKKは「罰金は効果があることが重要」として罰金の設定を変えるつもりはないとの見解を示した。
  • 最近だけでも、ドイツ、スペイン、フィンランドなどでテロと思わしき事件が起きているが、ハンガリーでも8月20日は警察・消防・テロ対策隊などこれまで以上の警備体制を敷く模様。(ブダペストの花火ではくさり橋からも花火が上がるようですでに花火設置作業が行われているようです。)
  • 待遇改善を求めてテスコの従業員がデモを行っていたが、18日テスコ側が賃上げに応じた模様。
  • 先日BKKのバスの運転手が「運転席は45度もある。こんなところで働かなければならない」というメッセージを写真とともにネット上に挙げた。その後、BKKがこのドライバーを執拗に探し続けているとして組合が反発したが、BKK側がこの事実を認めた上で「問題を解決するためにどのバスに問題があるか知るためだ」との立場を示した。
  • 100円=229.04フォリント(OTP/8月18日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月18日

  • オルバーン首相は今年2月に、イスラム教移民から逃れるためにハンガリーに移り住む西ヨーロッパ人を歓迎すると述べたが、オランダのある新聞で実際にハンガリーに不動産を購入しようとしているオランダ人についての特集記事があったようだ。
  • ハンガリー柔道連盟のトート会長は28日より開催される世界柔道にロシアのプーチン大統領を招待すると発表した。ロシアのタス通信はまだ正式にはこれを示していないが、Momentum運動は28日に反プーチンデモを行うと発表した。
  • 9月1日より、公教育法が変わり、校長が各教員の昇給を決めるようになるらしい。これに関し組合は「政府にわなにかけられた」と強く批判している。(学校が国立化しているため、校長も(教員の意見は聞くものの)結局は国(学校維持局)が決める・・というシステムになっています。組合は「国の意向に沿えば給料を上げてやるが、そうでなければどうなるかわかっているのだろうな・・」との脅しのように感じているのかもしれません。)
  • 17日、ブダペストの地下鉄3号線のパンダ(改修車両)にまたドアの不具合が発生し車庫行きとなった模様。
  • ハンガリー鉄道は2階建ての車両を購入する模様。(2019〜2020年にブダペスト・ソルノク線などで走らせるらしいです。)
  • feketelista.huによるとKftの資本金を300万フォリントに上げることが義務付けられる影響で、今後倒産する法人数がかなり増えるらしい。
  • 100円=227.55フォリント(OTP/8月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月17日

  • 今後19日までは暑い日が続くが、20日には急に気温が下がり雨模様となる可能性が高い。全国防災局は、20日の(建国記念の)式典やプログラムに行く前にかならず天気予報を確認するようにと呼びかけている。(以前、花火の途中で嵐となり死者が出る騒ぎがありました。)
  • ハンガリーでは花粉症の原因と言えばブタクサであるが、ANTSZは「最近はブタクサ以外にも花粉症を引き起こす草がありその力も強くなっている。従ってブタクサをすべて駆除しても花粉症の被害は減らない。」と指摘している。
  • BKVによると今年の10月末・11月頭に地下鉄3号線の改修工事を始めるとのこと。(地下鉄が走らない区間は代行バスになるので交通はかなり麻痺しそうです。)
  • 社会主義時代にK-ラインという国家行政機関や治安機関、税・関税局などを結ぶホットラインが存在していた。これは社会対戦転換後も残り1998年になってようやく完全に廃止されたが、政府はこれと同じようなホットライン設置を決めた。野党は強く反対している。
  • 「袖の下を要求しない1001医師」というグループが、医師(の一部、例えば小児科医)がいない自治体をマップで表した。(goo.gl/VgSPWG で見られます。)
  • 今年のSziget Festivalでは200名以上がケガなどで病院に搬送された模様。(2015名は192名、2016年は230名、今年は208名だったそうです。)
  • 上海交通大学の大学研究センターが発表した最新世界大学学術ランキングで、ハンガリーの大学は1校も世界トップ500大学に入らなかった模様。
  • 2018年より35歳未満の人の最初の国家外国語試験合格者の受験料が無料となる。(語学学校連盟は問題は高校の外国語教育であり、そこを改革すべし・・と主張しています。)
  • 100円=226.95フォリント(OTP/8月16日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月16日

  • 新学期が始まるこの時期は、学校に必要なものをそろえるため家計に負担がかかる時期だが、Kutatokzpont Kftによると5〜10%の過程でかなりの経済的負担になっているらしい。(子ども1人あたり2〜5万フォリントかかるそうです。慈善団体などは募金活動もスタートさせました。)
  • 最近SNS上にフェイクニュース(例えばブダペスト市電1号線で若い女性が襲われた・・)などが掲載される事例が増えているらしい。これに関しブダペスト市警察は「通報などがないため(恐らくフェイクニュースであり)回答することがない」とコメントしている。(こういうフェイクニュースは怖いですね。)
  • ハンガリー国立銀行は古くなった硬貨を徐々に新しいものに変えているが、例えば5フォリント硬貨の場合、5億5000万枚の硬貨のうち、1億4200万枚がすでに「ハンガリー共和国」から「ハンガリー国」へと表記がかわっているらしい。(一方100フォリント硬貨の場合は交換のスピードが遅いようで、1億7100枚中、表記が変わったのは320万前だけだそうです。)また1フォリント、2フォリントにつづき、5フォリント硬貨もなくなるのでは・・・という話もあるようだが国立銀行側はそれを否定している。
  • 13日夜、医師のつきそいでトルコからフランクフルトにトルコ航空で移動していた女性が機内でなくなり、トルコ航空機がリスト・フェレンツ空港に緊急着陸するという出来事があった。
  • Eurostatのデータによると2015年に夏のバカンスに最もお金をつかったのはルクセンブルグだそうで、1人当たり1回の旅行で平均740ユーロを使ったらしい。EU諸国の平均は320ユーロで、ハンガリーは130ユーロと、ラトビア、ルーマニア(117ユーロ)、チェコ(126ユーロ)の次にあたる下から4番目の額だったようだ。
  • 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)によると、フィプロニルに汚染された卵が含まれている食品がハンガリーにも入った模様。(ドイツのTamago Ei-Omelett-Blokkという商品だそうです。ハンガリーのAzsia Gastro Elemiszer Kftに届いたようです。同社によると個人向け販売はせずレストランなどへ流しているもののようです。ただドイツ当局の話によると健康に害が出る量ではないとのことですが、ハンガリー当局は販売停止命令を出したそうです。この他にドイツ産とポーランド産の卵の中にフィプロニルに汚染されたものが発見されたというニュースも流れました。当局によるとこちらも健康に害はないとのことですが、ハンガリー産の卵を買うように消費者に求めています。)
  • 100円=226.73フォリント(OTP/8月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月14日

  • 先週木曜日の嵐でドナウ川以西の地域では現在も停電となっている地域がある。またソンバトヘイの自然公園では木が倒れて入場禁止となっている模様。
  • 民間企業の給与は昨年1年で7000〜1万フォリント上がったらしいが、Magyar Idokによると、今年に入ってだけですでに1〜3万フォリント上がっているらしい。(ホワイトカラーの専門職で月給がグロス30万フォリント以下のところはもうほとんどないらしいです。)
  • 12日夜、Szigetフェスティバルの会場でドラッグを売っていたイギリス人男性が逮捕された。(どうしてもこういう人がいなくならないです。他のニュースでは周辺住民が騒音に悩まされているというものやっていました。ただ主催者側は騒音検査も行い午後11以降はかなり音を小さくしているようです。また別のニュースでは会場-島-にかかる橋付近でキャンピングカーがHEVの線路に落ちてHEVが一時運転を停止したとやっていました。)
  • 当局によると(衣類その他)偽造品が入ってくることによるハンガリーの被害額は年間2300億フォリントにまで達する模様。また特に偽ブランドの靴を履き続けていると肝臓癌になる危険性が高くなるらしい。
  • 国家安全サービス歴史公文書館のクトゥルツ館長によると、社会主義時代のスパイの名前が記載されている書類というものは(今は)存在しないらしい。(ラジオで話をしていましたが、それは興味深い話でした。社会体制が転換したときにかなりの書類が消えていったみたいです。個人に対する報告書などはかなりあるらしいのですが、それもどこまで本当かはわからないそうです。で、自分の知り合いや家族についてどんなことが書かれているか知りたい人が文書舘を訪れてくるそうです。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月11日

  • 現在、ブダペスト、ペシュト県、バーチ・キシュクン県、ベーケーシュ県、チョングラード県、ジュール・モション・ショプロン県、トルナ県で最も高いレベルの高温警報が出されている。11日もかなりの暑さになるが、午後より天気が崩れ12日にはぐっと気温が下がる模様。
  • 夏のバラトン湖の平均水温は22度ほどだが、ここのところの暑さで現在の水温が29.8度まで上がった模様。専門家によると生態系への影響はない模様。
  • 対偽造製品国家協議会が調査したところによると、昨年偽ブランドの商品を購入した人は40%だった模様。この割合は(昨年よりはよいものの)それほど変わらないらしい。特に若者は値段で商品を選ぶことが多く、これが偽ブランド購入に繋がっているとのことだ。
  • ハンガリーでは10月24日より、携帯電話のSIMフリー化が無料となる模様。(電話会社を替える予定がある人は少し待ったほうがいいとのことです。)
  • 10日、ブダ城近くのToldy Ferenc通りで第二次世界大戦当時の不発弾が発見された。これにより一時期周辺200メートル区域が閉鎖された。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月10日

  • 8月末か9月頭にRonan Airという新しいハンガリーの航空会社が運航を開始するというニュースがあったようだが、現在のところ目だった動きはなく実際に運航が開始されるかどうか疑問視されているようだ。
  • Balatonboglarの収穫祭がもうすぐ行われるが、テロが起こる可能性があるとして、祭りが行われる時期の8月16日から21日までの間、警察が外部からの車の進入を禁止する措置を取る模様。
  • シェムイェーン首相代行(オルバーン首相は休暇中)は、スウェーデンが難民申請を2度にわたり拒否したイラン人少女をハンガリーは受け入れる用意があると伝えた。(2014年にスウェーデンに来てキリスト教にも改宗した人のようです。キリスト教徒をイランに送り返すことは正しくない・・という考えのようです。)
  • ポーランドが裁判所の人事を国が行えるようにしたことに対しEUが反発しているが、
  • ティサ川はカゲロウの大量発生が有名だが、ここ数年、ドナウ川の水質が改善されるにつれ、ドナウ川でもあちこちでカゲロウの大量発生が見られるようになっているらしい。
  • ハンガリーはどこもかしこも人材不足に悩まされているが、バラトンでもその傾向が顕著で月収30万以下ではウエイターに応募してくるものが折らず、シェフの場合は75万が最低条件となている模様。
  • ロンドンのハンガリー大使館でパスポートの更新を頼むと数ヶ月から半年待たされる状況にあるらしい。(その昔、学生だった頃1年大学を休んでイギリスで9ヶ月、ケニアで3ヶ月ボランティア活動をしたことがあるのですが、イギリスに入国後Home Officeなるところにパスポートを預けたところ、結局ケニアに行くのでパスポートを返してくれとお願いするまで返却されなかった・・という思い出があります。)
  • BKKは今年に入ってこれまで3300回にわたりタクシーのチェックを行ってきたが、それによるとこのうち2400回でなんらかの問題があった模様。(代表的なものとしては・・メーターを切る。事前に交渉した値段で走る。当局が定めている運賃より高い運賃を請求する。高額紙幣を受け取りながら、そうではないと言い張る。ユーロなどで支払った際につり銭をごまかす。定めだれた許可なしで運転する。があったようです。9日よりSziget Festivalが始まりましたが、昨年も1キロ280フォリントのところを1キロあたり1280フォリントを要求したたくしーの情報がネットで流れました。)
  • ハンガリーでは毎年避妊具の売り上げが35億フォリントになる。(コンドーム2000万個分)とくに夏のフェスティバルシーズン(7・8月)だけで400万個のコンドームが売れるらしい。(7・8月をのぞくと2月の売り上げがよいそうです。なぜでしょうか・・・)
  • 中央統計局によると今年上半期のホテルなどの総宿泊数は昨年同時期10.2%増の1220万泊だった模様。(外国人による宿泊数だけみると12.7%増)。部屋の稼働率は上半期平均で55.1%、6月だけでは64%であった。
  • 100円=228.46フォリント(OTP/8月9日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月9日

  • 国家食品安全局は、西側諸国とハンガリーで同じ商品の品質に違いがあるかどうかを調べている。今回はオーストリアとハンガリーで売られている同じ39の食品を調査したが、このうち全く同じ品質だったのは14種類で、Cornettoバニラアイス、ペプシコーラ、レモンGosserビールなどはかなりの違いがあった模様。もっとも違っていたのはZipfer Limetten Radlerだそうだ。(もちろんハンガリーの方がオーストリアよりも品質が良かった例はありませんでした。)
  • 今週は月曜日は寒く、火曜日も比較的おだやかな気温となったが、9日、10日と再度かなりの高温になる模様。
  • HirTVは2010年に領収書をきらない形でFideszの選挙広告を出したとして、当時の経営陣を訴える構えを見せている。
  • 大学秋入学の合格発表が出てから学生達は各都市でアパートを探し始めている。ブダペストなどではアパート(貸し部屋など含む)の数が合格発表が出てからだけで1万も増えているらしい。(どの町で家賃が平均でどれぐらいなのかはここで見ることができます。これを見ると数年前にくらべると確実に家賃が上がっています。)
  • 夏の一大イベントSzigetが9日より始まるが、先週週末よりすでにキャンプは可能な状態となっており、すでに1万名ほどが寝泊りしているらしい。(16日までの開催です。昨年の総入場者数は49万6000名だったそうです。)
  • 8月5日に、ある男性が「経済的な事情でバカンスにいけず、まだ1度もバラトンに行ったことがない1家族をシオーフォクに連れて行きたい」とFacebookに投稿した。セクサールドに住む家族が対象であったが、この投稿が全国に広がり、各地から応募があった模様。男性は来週、自分が選んだ家族と日帰りでバラトン湖に行くようだ。Facebookの投稿を読み、多くの人がこのアクションに賛同し、あるレストランが昼食に招待してくれることとなり、また別の支援で一家はクルージングも楽しめるようだ。
  • 税・関税局は不法労働者を働かせている法人計4155社をブラックリストとして掲載した。ここのサイトからダウンロードできます。
  • ロンドンの世界陸上で(今回)トラック種目では初めてBaji Balazs選手が110メートルハードルで3位に入った。(この選手は今年獣医大学を卒業した人で、奥様はモデルさんだそうです。)
  • 100円=226.32フォリント(OTP/8月8日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月8日

  • 4日、ある57歳の男性が警察に身柄を拘束されている間に意識を失い死亡するという出来事があった。警察は違法性はないとしているが、遺族は訴えを起こすとしている。
  • ノーグラード県で爆発物をつくっていた17歳と18歳の若者が逮捕された。(2014年から作り始め実際に爆破実験も行ったことがあるようです。何のためにでしょうか。)
  • 7日ドゥナケスィのAuchanで爆破予告事件が発生し、買い物客がパニック状態で逃げ出した模様。(爆発物は発見されず、その後再開されたそうです。)
  • 9日よりガソリンの値段が1リットルあたり3フォリント値上がりする模様。
  • 3日にロンドンに住むハンガリー人女性がハンガリーからロンドンに戻った際に、スーツケースの中味が血だらけになっていることに気づいた。そこで彼女がロンドンの空港にこれを連絡した結果、ハンガリー警察も動き、結果空港職員が中味を盗もうとスーツケースを物色していたことが明らかとなった。この職員は解雇された模様。(同じ便に乗った別の乗客からも同じような連絡が入っていたみたいです。この便の荷物を担当していた4名のうち、1名が怪我をして血が出ていたことが決め手になったみたいですが初犯ではないですよね〜。ブダペストの空港では荷物にラップをかける機械がありますが、あれも「他でもないハンガリー空港の職員からスーツケースを守るため」という人がいます。)
  • 最近OTPの詐欺メールがニュースとなったが、Raiffeisen銀行がホームページで「Raiffeisen銀行を語る偽smsが送られてくる可能性がある。smsにはウイルスが含まれるリンクが記されているので注意するように」なるメッセージが掲載された。
  • 7日午後、ブダペスト南駅で車両を動かしている途中で脱線し交通に大きな影響が出た模様。
  • 7日もブダペスト地下鉄3号線の新型ドアが閉まらず車庫行きとなった。今回も遺物がはさまったことが原因だったようだ。(偶然なのか政治的背景があるのかわからずブダペスト市としても頭が痛いようです。)
  • 政府は、ブダペストをはじめとする各自治体に、違法政治看板が出ないように、どこに看板やポスターが設置できる場所があるかチェックをするように要請した模様。(
  • 先日、野党Jobbikが投票者の買収を防ぐために字の読み書きができない人には投票権をあたえるべきではないとの発言をしたが、これに応ずる形で野党LMPが選挙権の下限を16歳まで引き下げ有権者を広げ、若者に市民権について理解させるべきだとの態度を示した。
  • 100円=225.07フォリント(OTP/8月7日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月7日

  • 4日、ブダペストでは1921年の記録(36.7度)を大幅に上回る観測史上同日最高気温(39.7度)が記録されたが、14区のPaskalプールでは年間契約に基づきスポーツクラブがプールの半分を使っていたため、暑さを逃れるためにプールに来た人たちが更に茹で上がる自体となったようだ。(5日も最低気温が26.6度と観測史上同日最低気温が最も高かったようです。)
  • Jobbikは与党Fideszが各スポーツ連盟のトップにFideszの政治家を置いていることに対し、「スポーツを支援することは大事であるが、政治とスポーツは分けなければならない。」とこれを批判した。
  • 遊泳客でにぎわうBalatonszmesのビーチの沖で5日、第二次世界大戦当時の不発弾が発見された。このため一時期周辺が閉鎖された。(ある家族が岸から100メートル付近のところで見つけたそうです。)
  • 今週は月曜日にぐっと気温が下がるが、その後再び最高気温が38度程度まで気温が上がる模様。
  • ホームドクター制をとっている歯科医では治療費は健康保険でまかなわれる。しかし、現在国の保障額は国民1人あたり2800フォリントであり、ホームドクター歯科医の待遇はよくないらしい。それでホームドクター制度で働いている歯科医達は待遇改善を訴えているが、これが実らない場合には9月4〜6日にデモを行うとしている。(過去12年で1000名の歯科医が外国にうつったようです。)
  • 6日午後から7日朝にかけて全国的に嵐となった。この嵐でなんらかの損傷を負った住宅は50棟に達し、ベーケーシュ県では2600棟が停電となった。
  • この夏ですでに15名がバラトン湖で水難死している。この数は過去10年でも最も多い。2007年にはシーズン中に17名が無くなっており、今年より多いが、今年はまだシーズンが終わっておらず、この記録も更新してしまう可能性がある。
  • 先週の週末はブダペストの自由橋が歩行者天国となり、多くの若者が集まった模様。(綱引きなども行われたようです。)
  • 夏は毎週の日曜日、バラトンからブダペスト方面に戻る車で高速7号線が大渋滞となる。先週末も渋滞が発生し、国道7号線も(事故などもあったりして)同じように渋滞となった模様。
  • 今年、体育大学で初めて目の不自由な学生が卒業した。(学生が要望し、大学側もこれを受け入れてこの学生だけではなく、盲導犬も卒業証書をもらったようです。)
  • 2007年8月8日にバラトン湖畔南の高速7号線にハンガリー最大の橋がかけられて10年となる。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月4日

  • 秋篠宮殿下と眞子様が研究のため18日(眞子様は19日)〜23日にハンガリーにご滞在される模様。(今回は公務ではないようです。)
  • Napi.huによると多くのハンガリー人が有給を消化していないらしい。(たくさん休暇をとると職がなくなる・・という不安もあるようです。また基本給は安くして出勤数にあわせて帳簿に載らない形で賃金を従業員に払うようにして、休んだ場合にはそれを払わないという会社もあるようです。)
  • 3日はベーケーシュサーモシュで40.1度を記録した。これは1927年の40度を超えて同日観測史上最高気温の更新となった。ブダペストも38.7度を記録し、1948年の37.8度を更新した。最低気温もブダペストで25.1度を記録し、ハンガリーの同日観測史上最高気温となった。(ブダペストの町の表示では41度を記録したところもあったようです。余りの暑さにエールドでは住宅にあったプロパンガスが爆発するという事故もありました。4日は更に暑くなるようです。)
  • 8月5・6日と12・13日の週末、ブダペストの自由橋が歩行者天国となる。
  • 3日も地下鉄3号線の新型(改良)車両のドアに不具合が発生し車庫に移動した模様。
  • 5日(土)の夜にマラソン大会がブダペストであり、ドナウ川沿いの道が閉鎖される。
  • 100円=224.65フォリント(OTP/8月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月3日

  • BKKのオンラインシステムに穴があるとの指摘(特にチケット販売システムに問題があるとの指摘)があるが、同じくBKKのシステムの穴をついて、レンタサイクルBubiの利用者5000名の個人情報も簡単に引き出せたとこれらの個人情報が24.huに送られた模様。
  • 2日もブダペスト地下鉄3号線の新型(改修)車両がドアの不具合で車庫に運ばれた模様。
  • ブダペストの市民公園のKos Karoly遊歩道が、8月5〜6日、12〜13日、26〜27日、9月2〜3日の週末、歩行者天国となる模様。
  • ハンガリーで最も失業者の多いのが東北地方のサボルチ・サトマール・ベレグ県だが、政府局によると以前15%あった失業率も現在では9.3%まで下がり、今年の5月から6月の1ヶ月間だけでも失業者が643名減少したらしい。(失業者が県外や国外に流れただけ・・・・と主張している人もいるようですけど・・)
  • 半年前に高校のスキー遠足バスがイタリアで大事故をおこした件で、バス会社のトップが被害者家族に会ったのは事故後6週間経った後で、その際にもお悔やみの一言もなく、会社の情報を書いた書簡を渡しただけだったことが明らかとなった。(現在のところ被疑者不明のままです。事故がなぜ起きたのかもわかっていないようです。)
  • ▼今週一杯かなりの高温が予想されている。2日はブダペストで最低気温が観測史上最高を記録した(24.3度)。▼ブダペスト、エゲル、ニーレジハーザ、ザラエゲルセグなどでは通行人に水を配った。▼ジュール・ショプロン・エベンフルティ鉄道(GYSEV)は、もしインターシティのエアコンが壊れていた場合、特急料金と指定席料金を返還すると発表した。▼来週より徐々に気温が下がると予想されている。
  • 交通事故、あるいは道路上の傷害事件、そして水難事故が毎日用のように報道されている。2日はブダペストの市民公園裏にある池で男性の遺体が発見された。(ホームレスの52歳の男性だったそうです。デブレツェンでは赤信号停止中のスクーターライダーが暴行を受ける事件もありました。)
  • 100円=224.14フォリント(otp/8月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月2日

  • 2日よりガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が3フォリント値上がりする。
  • ブダペストのバッチャーニ広場(国会議事堂のドナウ川の対岸)に立てられた飛込み台の撤去が始まった模様。今週の日曜日からは市電の走行も再開されるそうだ。
  • 8月1日より高温警報が発令されているが、今後更に気温が上がり最高気温が41度に達するところもあると言われている。(金曜日から日曜日にかけて特に暑くなるそうです。私の住む町も金曜日に40度になると出ています。ブダペストではエアコンがない公共交通機関もあるようです。もし可能なら自宅から出ないのが1番でしょう。)
  • 7月31日、Batonyterenyeという町で16歳の若者がビール缶を路線バスに投げつけるという出来事があった。バスがとまり、ドライバーが注意するとこの少年はドライバーの腹部をけり、顔をなぐるなどをした。幸いドライバーは怪我はしなかったが警察はこの少年に対し捜査を開始した。(暑さと酒でおかしくなったのでしょうか。ニュースには書きませんが、毎日バラトンで水難事故も発生し、大きな交通事故も多発しています。自分が気をつけていても相手が注意散漫な可能性もありますので気をつけましょう。)
  • 初等・中等教育機関の教科書が刷り上り、学校への配送が始まる模様。(1200万冊の教科書を各学校に配送するようです。)
  • 100円=225.53フォリント(OTP/8月1日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

8月1日

  • 今年の8月20日のブダペストの花火は打ち上げ場所やコンセプトが変わる模様。(国会議事堂にフォーカスがあたるような花火大会になるみたいです。)
  • 1日より4日まで高温警報が発令される。あついときはドライバーの判断力も鈍りがちで事故が置きやすくなるため警察も注意を呼びかけている。
  • 8月2〜9日、地下鉄3号線改修の準備工事が始まる。このためアールパード駅周辺の交通がかなり制限されかなりの渋滞が予想される。
  • イギリスの首相府は2019年3月より、EUから来る労働者の流入を制限すると強調している。(EU脱退後、具体的にどうなるかは、はっきりしていないようですがこれまでのように自由に行けるようにはならないというのが大方の見方です。)
  • アメリカの伝染病局はハンガリーの水道水は安全ではないとしてミネラルウォーターを飲むようにすすめている。ハンガリー当局は「ハンガリーの水道水は質がよく問題がない。」と主張している。(アメリカはハンガリーだけではなく、スロバキア、クロアチア、セルビアの水も危険だとしている。)
  • ブダペストの世界水泳だが、総観客数が48万5000名に達した模様。(ハンガリーの金メダルはホッスー選手の2つのみだったようです。)
  • 100円=225.52フォリント(OTP/7月31日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)