ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カーヴァ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ

パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ レートシャーグ
リマソンバト
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼5月。大学は演習系の授業は試験が始まり、下旬には授業が終了、試験期間に入ります。▼今学期も書道クラブをはじめ多くの日本人の方にお世話になりました。感謝申し上げます。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方もご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
学生の作成したガイドブックの紹介を再開いたします。今回はティハニを紹介いたします。是非ご一読ください。
知り合いの方が、アパートの入居者を募集しています。場所はブダペストのヤーサイ・マリ広場の近くで2部屋で54u。バスルームとトイレは別、バスタブもあります。生活に必要なものは全て揃っているそうです。お店や銀行、レストラン、マルギット島もすぐそば、2番トラム、4・6トラム目の前にあるのですが、屋内は静かだそうです。オーナーが日本人ですから、家のことで困ったことがあればもちろん日本語で大丈夫です。興味のある方はナカノさん asuka_nakano◎hotmail.com(二重丸にアットマークが来ます。)までご連絡ください。

5月29日

  • ブダ城でセグウェイに乗いパトロールする警察官が見られるようになっている。警察のセグウェイには警察のランプもついているそうだ。(時速10〜15キロ程度で走るそうですが、音がしないので気づかれにくいのだそうです。)
  • Budapest Bankの調査によると、ハンガリー人は平均23歳のときに親元を離れ、27歳でマイホームを獲得する。このうち3分の2は一生をその家ですごすが、残りの3分の1についても、その70%近くが引っ越す場合でも元すんでいた地域に住むことを望むようだ。マイホームとなる不動産を探す期間は数ヶ月で4つ以上の不動産を見ることが多い。マイホーム購入者の3分の2はローンを組むが、ローンをどの銀行で組むかについては数日考えるのみでほとんどの場合、複数の銀行から選ばず最初に考えた銀行でローンを組むようだ。
  • 23日の午後、全国各地で雷を伴う暴風雨が発生したが、保険会社への被害報告も8000件近くとなり、損害額は13億フォリント程度に達することが、ハンガリー保険業協会の発表で明らかとなった。
  • 最近、爆破予告事件の数がかなり減少してきているらしい。専門家によるとこの原因は警察が犯人を割り出す確率が上がったことと、逮捕された場合、かなり重い罪になる判例が増えたことにあるらしい。
  • バラトンのどのホテルやレストランで犬と一緒に入れるかの無料ガイドブックが発行された。(https://www.kutyabaratbalaton.hu/enにあるらしいのですが・・)
  • 今週は最高気温が30度を超える日もあるなど暑い日が続くようです。
  • 世界子どもの日の28日、バログ人材大臣は児童・少年用チャンネルである国営放送第二チャンネル(M2)に6月1日よりコマーシャルを入れないと発表した。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月26日

  • オルバーン首相は25日、出生数を増やすために様々な措置を取っていくと発表した。(どういう経緯でこの発表となり、また具体的な措置の中味についてはニュースでは出ていませんでしたが、この措置を実施するためには来年度に既に1000億フォリントの予算が必要だそうです。でも、現在のところ財源は確保されていないとのことです。)
  • 中欧統計局の人口学センター長によると、旧東欧諸国の中ではハンガリーは外国に人口が流出した割合が最も少ない国として挙げられる模様。また確かに出生数は減ってはいるが、これはハンガリーに限ったことではないとも主張している。(ポーランドと同じぐらい外国に人が流出していたとしたら、現在のハンガリーの人口は60万人少なくなっていたはずだ・・とのことです。)一方、人材省の次官は「2011年から人口減少が徐々に抑えられている。次の課題はどうして若者たちが子どもをつくらないか、その原因を探る必要がある」とコメントしている。
  • 5月25日の世界失踪児童の日にあたり、警察は「ハンガリーでも毎年1万8000名の未成年者の捜索願いが出される。失踪の最大の理由は孤独であり、家族の責任は重い」とのコメントを発表した。(1万8000名のうち、30%は24時間以内に、30%は1週間以内に、35%は1ヶ月以内に見つかるそうですが、残りの3〜5%は1ヶ月では見つからないそうです。)28日の日曜日に「1000のランプの夜」というプログラムも行われるようです。
  • 100円=236.99フォリント(OTP/5月25日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月25日

  • 今年1月20日に、ブダペストの高校のスキーツアーバスがイタリアで大事故にあい多くの犠牲者が出た。この事故に関しては現在も被害者の家族らが「外務省から事故に関する情報が上がってこない、教育機関管理局はこの問題から逃げている」とかなりの不満を持っている模様。また、保険会社から支払われた額についてもかなりの不満を持っているようだ。一方、外務省は全力をつくしているとし、保険会社はこれまで例を見ないほどの支援をしていると主張している。
  • 現在ハンガリーでは全国89箇所に車両の重さをはかる装置を設置している。来年にはこれが稼動するようだ。投資額は299億フォリントにも達するが、違反による反則金支払額がぐっと増えると予想され関係者は、すぐに回収できると見ているようだ。(重量オーバーの車が走ることで道路がすぐに傷んでしまう問題があるようです。)
  • ブダペストのアールパード橋近くにつくられたDuna Arenaは夏の世界水泳の会場にもなるが、今週末に大きな大会が開かれる模様。関係者はDuna Arena付近は駐車できないようになるため、車で会場に来ないように呼びかけている。(芸術宮殿近くで車をとめて、船などで移動するようにと言っているようです。)
  • 24日もハンガリー東部で雷雨や嵐でかなりの被害が出た模様。一方バラトン湖周辺でも倒木により鉄道運行に大きな影響が出たようだ。
  • ドイツの新聞によると、欧州委員会はすべてのEU加盟国に対し2025年までにユーロ導入することを求めていくようだ。
  • 100円=237.79フォリント(OTP/5月24日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月24日

  • インターネットを担当しているドイチュ政府委員によると、6月にこれまでよりも値段の安い基本インターネットパッケージのサービスがスタートする模様。また来年にはネット使用にかかる付加価値税を5%に引き下げる予定で、2016年の初めと比べると30〜40%値段が安くなるらしい。また子供を危険なコンテンツから守るため、また積極的に利用してほしいコンテンツに手がとどくようなシステム導入についても検討しているとのこと。(現在インターネット使用料金が高いため、プロバイダーと契約していない人が25万人いるそうです。)
  • 23日に各地で激しい雷雨・嵐となり、ブダペストでも交通機関が麻痺した模様。(ペシュト県のPeteriという町では幼稚園が浸水し、センテンドレでもレストランが浸水する被害が出ました。私の住む町でも土地の低いところに水がたまってしまい車が走れない状態になりました。)
  • 中銀の金融理事会は政策金利に関する会議を開き、0.9%のまま据え置くことを決定した。(昨年5月に0.9%に引き下げられた後、ずっと変わっていません。)
  • Blikkの「あなたは子供が何歳なら1人で留守番させられますか」に関する調査によると、10歳からが36%,14歳からが25%、子供により違うと25%という結果となった。一方、何歳でも駄目が12%、短い時間なら何歳でもが2%いた。
  • 100円=238.65フォリント(OTP/5月23日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月23日

  • WHOが加盟国のアルコール消費量を調べたところ、最も多いはリトアニアで1人あたり年間18.2リットルであることがわかった。地域別に見ると欧州が平均年間10.3リットルで一番多く、このうちハンガリーは12.3リットル消費しているという。(純粋なアルコールの摂取でしょうから、アルコール飲料自体だとかなりの量になりそうですね。)
  • EUの統計資料によるとEUの中で最も自殺率が高いのがリトアニアで10万名あたり32名になる模様。ハンガリーは2位で19名。(スロベニアとラトビアと並んで2位だそうです。上のアルコール消費量と相関関係にありそうな感じもしますが・・)
  • 今年に入ってからの低温によりイチゴの生産量が3割ダウンすると予想されている。(かなり高くなりそうです。)
  • 国家経済省は外国にいるハンガリー人の若者をハンガリーへ呼び戻すプログラムを組んでいるが、2015〜2016年の1年で1億フォリントをかけたにもかかわらず105名の若者しかハンガリーに呼べなかった。2016年にはブダペストやペシュト県で起業する者に300万フォリントの補助金を出すとしながらも、実際には審査が厳しすぎてほとんどの起業者が補助金をもらえなかった。このような問題は見過ごせないとして同省はこのプログラムの担当法人の社長との契約を解除した模様。
  • 政府は国防省をセーケシュフェヘールヴァールへ、農業省をデブレツェンへ移転させる計画があったがこれが立ち消えになった模様。
  • ヤース・ナジクン・ソルノク県のKetpo郊外の建設現場から43の不発弾が発見された。一方ブダペストのリストフェレンツ国際空港ターミナル近くでも不発弾が発見され、一時期空港への道が閉鎖された。
  • 22未明フランスのCalaisでハンガリーのマイクロバスにレンガや石がなげつけられるという事件が発生した。このマイクロバスにはロンドンの大会に参加するためにケチケメートの専門高校の生徒と教員が乗っていたが(窓ガラスは割れたものの)幸いけが人は出なかった模様。
  • オルバーン首相は2030年までに出生数を3万人増やさなければならないと主張している。これに関し、ある専門医がハンガリーには不妊治療への補助が(少)ないため子供を望んでいても子供ができない人が多い。これが他の欧州諸国並みに補助されていれば現段階でも出生数は1万人増えているはずだとの書簡を首相に送った。
  • 24日よりガソリンと軽油の値段がそれぞれ1リットル当たり2フォリント値上がりする。
  • 昨日Budapest Parkを駐車場にする計画があるとの報道について記したが、これに関しタルローシュブダペスト市長は「そのような計画はない。」とこれを否定した。(社会党議員だけが騒いでいるという構図になりました。)
  • Viasat3の調査によるとハンガリー人の女性は▼1〜3名の男性との性関係がある▼全く知らない人よりは過去に関係があった人とが多い▼現在のパートナーに過去関係があった人数について述べるかについて40.4%が「もちろん」、40.3%が「聞かれたら答える」、11.6%が「本当のことは言わない。」、7.7%が「言わない」と思っている。▼現在のパートナーが過去何名と関係があったか知りたいかについては、36.7%が「興味がない」、25.1%が「知りたい」、20.4%が「自分には関係のないこと」、17.8%が「知りたいけど、あまり多いと嫌」と思っている・・・ようだ。
  • 100円=238.82フォリント(OTP/5月22日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月22日

  • 初等、中等学校は遠足の時期となり、多くのバスが必要となるが、ハンガリー運送業協会は、残念ながら年に1度の整備点検が義務付けられているものの、実際には整備不良のバスが利用されているケースがあると指摘している。同協会は、遠足に行く前に教師や保護者も、もし相場よりかなり安い値段でバスが仕事を請け負う場合には疑い、また出発前にバスのゴムや錆びに気をつけるべき・・などと注意を呼びかけている。(我が家の子供たちも、1人は社会見学で明日博物館へ貸しきりバスで移動し、もう1人は週末コンサートに参加するためハンガリーの西の端にある町まで貸しきりバスで移動します。)
  • (まだ気の早い話ではあるが)来年は土曜日が平日扱いになるかわりに連休となる日が9回もある模様。(3月15日〜18日までの4連休、4月28日〜5月1日までの4連休、10月20日〜23日までの4連休、11月1日〜4日の4連休、12月22日〜26日までの5連休、12月29日〜1月1日までの4連休)
  • 20日、Felcsutにあるオルバーン首相の家の前で反政府デモが行われた。(200名程度集まったようです。)21日はブダペストで2万名が集まった反政府デモが行われた。(5月29日に再度デモがあるようです。)
  • Fideitaszは政府に対して「例えば欧州委員会が反対してもインターネットの付加価値税を5%に引き下げるようにすべき」と呼びかけた。
  • バラトンやヴェレンツェ湖畔の不動産の人気が高まり、建設ラッシュとなっているらしい。不動産の値段もうなぎのぼりで、バラトンの人気の町ではブダペストと同程度の1平米50万フォリントまで値段が上がっている模様。
  • 中欧統計局の発表によると、ハンガリー人の外国への流出に歯止めがかからず今後数年で37万人が国から出ると予想されている。野党は政府を批判しているが、政府は野党批判は事実ではないとこれを批判している。
  • MSZPに近くPublicusの調査によると、ハンガリー人の5割りはテレビから、3分の1がインターネットで情報を集めていることがわかった。一方、ラジオや新聞から情報を集めている人は4%ほどとなった。また、MTV,EchoTV,TV2が政府よりの意見を流し、444.huやHVG.hu,index.hu,24huが左派野党の意見が流れていると回答した。
  • ブダペストにはBudapestParkというコンサートができる公園(広場)があるが、社会党や与党が駐車場にしようと動いており、公園が閉鎖される可能性が高い模様。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月19日

  • 4月13日夜に、ブダペストのテロの舘にペンキの入った容器を投げつけた男性に対し70万フォリント以上の罰金という一審判決が出た。
  • 今年で35回目を迎えるバラトン湖縦断遊泳大会の日付が7月1日に決まった模様。(毎年のように天候不良で延期となりますが、今年も1日が駄目な場合は翌日の日曜日である2日、あるいは次の週末に延期されるようです。)
  • 今週末は気温が30度以上に上がるところもあるようだが、日曜日になると天気が崩れてくるらしい。
  • ブダペストのネープリゲトにあるプラネタリウムが老朽化し閉鎖されることになった。(雨漏りによる損傷が激しかったようです。)
  • 18日、ソンバトヘイの小学校校内に子鹿が迷い込むという騒ぎがあった模様。(生徒達もですが、子鹿もびっくりしたことでしょう。)
  • 100円=242.72フォリント(OTP/5月18日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月18日

  • 17日リストフェレンツ国際空港横の飛行機が並ぶ公園の工事現場で1938年のハンガリー製の不発弾が発見された。このため一時期交通制限措置が敷かれた模様。
  • ハンガリーが3月に制定した不法移民・難民に対する法律が欧州の理念に沿っていないとして欧州委員会は是正を求めているが、改めて書簡をハンガリーに送った模様。
  • ハンガリーホテル・レストラン協会は8〜15%の(義務的な)サービス料徴収を導入すべく動き始めた模様。同協会はサービス料導入により、お金の流れも透明化し、収入が上がることで人材も確保しやすくなるとしている。(これが導入されるとチップはどうなるんでしょうね。)
  • 2015年に各社の従業員が報酬として得たセーチェニ休暇用カード(ホテルや温泉その他で仕えるカード)に入っているお金は後2週間で期限切れとなるが、まだ使っていないお金が23億フォリント分あるらしい。(使わないと雇用者にお金が戻ってしまいます。)
  • 2017年第1四半期の終わりの時点でハンガリー1人あたりの財産額は昨年同時期より8万3000フォリント高いことがわかった。(全く実感がありません・・・)
  • 今週水曜日にもガソリンと軽油の値段がそれぞれ1リットルあたり2フォリント上がったようだが、19日も再びガソリンのみ2フォリント値上がりする模様。
  • 4月だけで6億1100万本のタバコ、4100万本の葉巻、450トンのタバコがハンガリーで売られた模様。(ハンガリー人は全体で毎月500億フォリントを煙草に払っているそうです。)
  • 100円=240.80フォリント(OTP/5月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月17日

  • 5月21日の日曜日、ブダペストを含む10の都市で反政府でもが行われる模様。
  • ハンガリーの第1四半期のGDPが前年比4.1%となった模様。
  • 3週間ほど前にデブレツェンで行われた全国水泳大会で選手が着替え質で性行為を行っているビデオがアップロードされ大きな問題となっている。Youtubeにアップロードされた映像はすぐ消されたようですが、行為を行った選手のデータは新聞社などがつかんでいるようです。
  • 中央統計局によると今年1〜2月の死亡者数は昨年同時期より4658名多い2万6970名となり、1999年以来の多さとなった模様。(お年寄りの方が多く亡くなったようです。)
  • 100円=238.68フォリント(OTP/5月16日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月16日

  • 中央統計局によるとハンガリーの家族の核家族化が更に進み、離婚した後に新たな家族のメンバーとなるモザイクファミリーの数も増えている模様。また学校の各クラスにDVの被害を受けている子が2〜3名はいるとのことだ。
  • 高速5号線のセルビア方面のハンガリー国内最後のガソリンスタンド駐車場は1年前よりハンガリーのトラックが中古車を降ろし、セルビアのトラックがそれを拾うという状況となっており、ナンバープレートのない中古車で埋まった状態となっている模様。
  • ハンガリーでは学校を卒業し学生証の期限が切れてから45日たっても職場が決まらない場合には、保険証を得るために毎月7110フォリントし払わなければならないらしい。(9月からの秋学期の学生証が最後の場合、翌年の3月末まで、2月からの春学期の学生証が最後の場合、10月末まで有効です。大学は1月と6月に卒業試験が行われます。1月に卒業試験を受けて卒業扱いになった場合、3月末まで学生証が使えます。社会保険はさらに45日間の猶予期間があるので、1月に卒業した人の場合5月15日までは社会保険料を支払う義務はないということになります。)
  • ザラエゲルセグにある元ハンガリー国家保衛庁(社会主義時代の秘密警察)の建物が、共産主義時代の犠牲者を追悼する博物館に生まれ変わり開館した模様。
  • 100円=239.70フォリント(OTP/5月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月15日

  • 救急隊員の来年のベースアップが隊員側が希望していた比率を大幅に下回り10%となるため、多くの隊員が職を離れている・・というニュースがあったようだが、全国救急サービスによるとこれは間違いとのことだ。救急隊員の給与は2018年の末までに2016年の初めの67%増になるらしい。
  • 雨が降ったりお日様が出たりと不安定な天気が続いているが、今週も気温は高いものの雨の多い1週間となる模様。
  • 一路一帯サミットに参加しているオルバーン首相は習近平中国国家主席とも会談をした模様。またシーヤールトー貿易・外務大臣は「一路一帯構想は欧州にとっても非常に大きな可能性であり利用しない手はない」とコメントしている。
  • 最近ハンガリーでもAirbnbネットワークの民宿が増えているが、アイルランドの税務当局が持つデータ(Airbnbに参加したハンガリーの民宿とその収入)とハンガリーの税・関税局への申請額に大きな違いがある(申告者の81%に違いがあった)ことが明らかとなった。税・関税局は正しく申告し税を支払うよう呼びかけている。
  • 保護の対象となっていはいるがブダペスト周辺では過去50年見かけることのなかったメクラネズミがペシュト県のAlbertirsaの近くで発見されたらしい。
  • コンピュータウイルスWannaCryの被害が世界で100カ国以上に広がっているが、ハンガリー でも同ウイルスが確認されている模様。(マイクロソフトがこれを防ぐ修正プログラムを出しています。既にサポートを修正しているWindowsXPなどにも修正プログラムを提供しています。(これに感染すると特定のファイルが開けられなくなり、これによりコンピューター自体がちゃんと動かなくなるようです。そしてこれを解決するために300〜600ドルのビットコインが請求されるらしいです。)
  • 中央統計局の発表によると2016年の1人あたりの平均支出額は月に7万7000フォリントであった模様。(このうち最も多いのが食料品で2万412フォリントだったそうです。あくまでも平均です。これで見ると4人家族の場合月に30万フォリントは必要ということですね。)
  • ショモジ県のPerkataで戦前、戦中とハンガリーの摂政を務めたホルティ・ミクローシュの像を建立することを決定した。(政府はこれに反対していたようですが、結局「地域の問題」としたようです。ホルティは国内のユダヤ人を守り連合国側への休戦も決定したのですが、息子の誘拐などナチスの圧力にまけ矢十字党に政権を渡してしまいました。結果多くのユダヤ人が虐殺されました。現在も評価が分かれる人のようです。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月12日

  • ブダペストの地下鉄2号線は国会議事堂があるコシュート・ラヨシュ駅が工事のため地下鉄が通過していたが14日より駅が再開される。
  • ブダペスト・カールビン広場の地下道にあるTrio Pizzaで店員がお客を観光客と間違えて英語で注文を聞いたところ、お客が店員に「この移民野郎!この俺の国、ハンガリーはハンガリー人のものだ!このゴキブリ!これは俺の国で俺は観光客じゃねえ!」などとどなり出した。近くにいた女性客がこれを見て「ここは観光客が多いから店員さんが間違えただけよ。」と声をかけたところ、「このあばずれ!」とどなりながら、この女性客に殴るけるの暴行を加えた模様。(今日私は地下鉄4号線モーリツ・ジグモンド・サークル駅近くのBao Boxという肉まんが食べられるお店に行ったのですが、店員の女性にここ最近なかったひどい人種差別的対応を受けてびっくりしてしまいました。20年ぐらい前に一時期外国人に対する暴行がはやった時期があって、私も乗り物内で数名に囲まれて「ここは白人の国だからお前らみたいな黄色は帰れ!殺すぞ!」と脅かされたことがありますが、そのときのことを思い出しました。移民問題はあるにせよ、ほとんどの人は冷静に生活していると思います。ただ、今日の出来事のあとこのニュースを読んで、ちょっと危ない方向に来ているのかも・・と思ってしまいました。そうじゃないことを祈ります。)
  • ブダペスト7区のガライ広場市場で口論が発生し、1名がゴム弾を発射する事件が発生した。
  • 高速道路3号線からエゲルまで伸びる自動車専用道路の工事が5月15日より始まる模様。(2020年に完成するようです。)
  • ブダペスト1区のトルディ・フェレンツ通りの工事現場で第二次世界大戦当時の不発弾が見つかった。(まだまだいっぱいあるのでしょう。)
  • これまでブダペストのアールパード橋では道路工事が行われ車線規制が敷かれていたが、この工事が13日一杯で終了する模様。
  • ミツバチヘギイタダニが広まったことにより、ハンガリーのミツバチの数が激減している模様。これにより今年の蜂蜜の収穫量は少なくなるようだ。
  • 大使館情報によると13日の午後2時から3時までブダペストの中央市場の近くでシーシェパードのデモが行われる模様。(水族館のイルカを解放せよというデモだそうです。不用意に近づかないほうがよいとのことです。)
  • 100円=242.48フォリント(OTP/5月11日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月11日

  • 消費者保護局は、ハンガリーで売られている商品がオーストリアやドイツで売られている同じ商品と比べて質が落ちているのかどうか調査をしている。今回は洗剤や歯磨き粉を比較した。歯磨き粉には成分表示に差があるものもあるらしく、全体的に大きくはないものの多少の品質の差があったようだ。
  • 気象サービスによると、9日は標高890メートルに位置するBankutという場所で雪がふり、気温も0.7度まで下がった模様。また10日未明にはジュールの近くのKoroncという場所でマイナス2.5度を記録したらしい。(観測史上同日最低気温を90年ぶりに更新したようです。ただ11日から気温が上がるようです。)
  • 先日、勤務中の警察官がある事件の犯人にひき殺されるという事件があったが、この警察官の名前が、ある通りにつけられることとなった。
  • 中央統計局によると今年4月の物価は昨年4月に比べ2.2%高かった模様。
  • 6月末までに登録をしないと、プリペイドカード式の携帯電話が使えなくなってしまうが、中央統計局によると480万人が対象となっている模様。(私もプリペイド式です。・・・どうしよう・・)
  • 5月27日から夏の終わりまで、子供列車の始発・終点駅があるHuvosvolgyからセールカールマン広場までの市電が止まる模様。(線路横の壁の改修工事があるようです。対象となるのは56,56A,59B,61番の市電です。)
  • 100円=242.16フォリント(OTP/5月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月10日

昨日、一部の風邪薬が薬局でしか購入できなくなる理由として「保管の問題」と書きましたが、医師のアドバイスがないと飲みすぎて肝臓障害を起こしてしまうというのが理由のようです。

  • ハンガリーEU規則に従い強化していたクロアチアとの国境での検査を一時的に緩める措置をとるとした。(夏の観光シーズンが始まると国境での待ち時間が大変なことになるというのが原因のようです。)
  • Momentumは中央ヨーロッパ大学(CEU)が狙い打ちとなったとされる高等教育法改正法に関する国民投票の申請を出したが、「CEUだけについて問うのは他の外国の大学との差別を生む」として選挙管理局に却下された模様。
  • 国家経済省によると電気自動車購入補助金予算が余ったとして今年も(更に予算を足して)引き続き補助を行っていくと発表した。
  • 求人サイトalla.huは履歴書をデジタルで入力できるようにして、簡単に作成できるだけではなく、求人側も必要な人材を簡単に選べるようにする模様。(私の勤める日本学科でも卒業後のキャリア構築が大きな問題となっているので、例えば日系企業側から項目を教えていただき、それにあわせてオンラインで学生が情報を入力できるようにするといいかな・・とも思います。)
  • 政府は、高速4号線の延長工事と高速7号線とカポシュヴァールを結ぶ自動車専用道路67号線の一部区の建設計画を発表した。
  • 高校卒業試験の(英語で書かれた)数学の設題が回答不可能な文になっていたようで、緊急措置として試験管が口答で設問を訂正し試験時間を15分延ばした模様。(高校卒業試験はハンガリー語のみで書かれているわけではなく数学の場合、10ヶ国語程度の言語で書かれています。)
  • ハンガリー科学アカデミーの長官にロバース・ラースロー氏が再選された。(同氏はCEUが外国に移転ということになるとしたら遺憾と表明しています。)
  • 政府がEUの移民政策が受け入れられないとして「ストップ!ブリュッセル」の公告をうっているが、これが徐々に消えている。これは与党FIDESZも入っているEU議会の欧州人民党から外すように言われたことが原因とも言われているが、政府は「国民アンケートの期間が5月20日に終わるので」と述べている。(記者会見の質問にバカな質問にはバカな答えを述べようということで「地理の研究者がブリュッセルは動いていないと結論づけたため」などと言っていました。)
  • 100円=242.49フォリント(OTP/5月9日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月9日

  • 10日、ガソリンが1リットルあたり5フォリント、軽油が4フォリント値下がりする。
  • プリペイドカード式の携帯電話がテロに用いられることのないよう、6月末までに所有者は携帯会社に再度登録しなければならないという法律が出来ている。これを怠ると電話が使えなくなる。(オンラインでの登録も可能だそうです。この法律では個人が最大で10代、法人は50台までしかプリペイドカード式の電話が保有できなくなるそうです。)
  • 全国医薬品・食品保健協会はアセトアミノフェンを含む風邪薬について守らなければならない保管方法があるとして、今後は薬局でしか購入できないとした。対象となるのはCOLDREX、GRIPPOSTAD、LOLIGRIP、NEO CITRAN、RUBOPHEN THERMO、WICK TRIACTIN、などお湯に溶かして飲むタイプのもののようだ。
  • 高校卒業試験が始まったが、高校生だけではなく刑務所の受刑者も受験した模様。
  • 8日、新たに選ばれたアーデル・ヤーノシュ大統領が国会で宣誓を行った。
  • 100円=244.38フォリント(OTP/5月8日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月8日

  • 国際自然保護連合(ICUN)のレッドリスト(絶滅危惧種)にも指定されている黒カタツムリ(Theodoxus prevostianus)がハンガリーで最も絶滅の危険性が高い生き物だとのこと。
  • ハンガリー科学アカデミー教授によると、言語に関し、活版印刷が発明されたときと同じような変革が現在起きているという。同教授によればデジタルの世界でどれぐらい使用されるかが言語の生き残りに大きな影響を受けるとのことだ。(例えばwikipediaで何語の記事に翻訳されているかで、言語の将来が見えるらしいです。)
  • 現在の最低賃金(グロス)は12万7500フォリントであるが、2018年はこの額が13万7700フォリントとなる模様。
  • 各省庁がブダの王宮に移転する話があるが、予定より遅れが出ている模様。(2018年の予算案を見ると来年も移転は完全には終わらないらしい。)
  • 8日より本格的に高校の卒業試験がスタートする。8日はハンガリー語・ハンガリー文学で受験者は7万3000名余り。(1科目だけで3〜4時間かかります。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月5日

  • Tarkiの政党支持率最新調査によると与党Fidesz-KDNPの支持率は33%でここ半年で変化はなく野党支持率を大きく上回っている模様。Jobbikの支持率は13%、社会党は10%。
  • Auto Motor und Sportの調査によるとハンガリー人はドイツ車と日本車が好きらしいが、実際に車を購入する場合には特にメーカーにこだわっているわけではないらしい。実際使用している車の割合を見るとは1位がフォルクスワーゲンで10%、2位がフォードの9%、3位がスズキで7%、4位はルノー、トヨタ、シュコダで6%、7位がホンダ、プジョー、BMW,シトロエンで4%だそうだ。
  • 100円=244.25フォリント(OTP/5月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月4日

  • TelenorとVodafoneについてはモバイルネットを使い切ってしまうと次にお金を払うまでネットができなかったが、Telekomに関して完全に止まるのではくネットが遅くなっていた。ただ5月よりTelekomも新規の契約に限り使い切るとネットが止まるシステムにするようだ。(遅くなるシステムだと「使える」と思い、遅さにいらいらしてTelekom側に苦情が入る・・みたいなことがあるようです。)
  • 現在、電気自動車は街の充電所で無料で充電できるが来年よりこれが有料化される模様。
  • CEUが声明を発表した。「政府は大学をつぶすつもりはないと主張しているが、実際にはこのままでは今年の10月12日には現在の形の運営許可が取り消され、2018年1月1日からは入学生を取れなくなる。また大統領が問題となっている条件について政府と大学が対話をするように求めているが、実際には政府は1度も対話をしようとはしていない。党の利益のために学問の自由が侵されることがあってはならない。」という声明であった(このまま知らん振りしてつぶすのでしょうか。)。
  • 3日夕方各地で嵐となりかなりの被害が出た模様。トルナ県では竜巻も発生したようだ。
  • 5日、ガソリンが1リットルあたり5フォリント、軽油が3フォリント値下がりする。
  • 6日、映画撮影のためくさり橋が閉鎖される。
  • Medianが4月21日〜26日に行った最新調査によると政党支持率で与党(Fidesz-KDNP)支持率が1月の37%から31%に下がった模様。一方、Jobbikは14%、そしてJobbik以外の野党各党の総支持率は20%から24%に上がったようだ。浮動票は31%。(Medianは左派なので政府よりのところが調べると少し違う結果になるかもしれません。政府は今後いろいろばら撒き政策を取ることで選挙までに支持率は十分取り戻せると考えていると思います。)
  • 100円=246.08フォリント(OTP/5月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月3日

  • 保険専門職員会議所によると、特にブダペストや都市部の病院で看護士が不足しており最低必要な人数おりも30〜40%少ない数の看護士しかいない病院もあるらしい。バログ人材大臣は「待遇改善をはかってはいるが追いつかない状態」と述べている。
  • ブダペストにあるPulay Alapitvany中等学校では卒業試験で重大な過失(答えの丸写しなど)を犯していることが当局の調べで発覚し、今年と来年、卒業試験実施の禁止命令が下された模様。同学校の生徒は違う学校で受験をすることとなる。(高卒資格を持たずに働いている人に高卒資格を取らせるような学校みたいです。)
  • ヴァルガ国家経済大臣は来年の予算案を国会に提出した模様。それによると来年から子供が2人いる家族の税金控除枠が更に大きくなるらしい。
  • 100円=246.69フォリント(OTP/5月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月2日

  • 1日、ブダペストオリンピック立候補断念の引き金を引いた「Momentum運動」が反政府デモを行った。一方各野党も集会を開いた。社会党は貧富の差が激しくなっており金持ちが優遇されているとして生きるための最低(賃金)の導入を訴えた。Jobbikは「首相になれるのは最長で8年まで」などの法案提出の可能性などについて訴えた。民主同盟は来年の国政選挙に関し、野党の結束を訴えた。(政治評論家は、デモが続いても難民が流入することに心より賛成している国民は多くないことから与党の支持率は変わっていない点を指摘しています。
  • 1日、ブダペストで「Nagy futam(大きなレース)」プログラムが行われ、先週末のF1ソチグランプリで優勝したボッタス選手、そしてリカルド選手がF1カーを走らせた。またハンガリー人F1ドライバーであったバウムガルトネル選手も登場した。(彼がミナルディでポイントをゲットしたときはそれは大騒ぎでした。)
  • 4月30日の夜、ブダペストの遊覧船の船長が急に体調を崩し、船がHajogyari島にぶつかるという事故があった。この事故で7名が負傷した模様。
  • 地下鉄1号線に切符を持たず乗車していた外国人2名がチケットコントロールを突破するためコントローラーに暴力をふるったとして逮捕された模様(酒でも飲んでいたのでしょうか)。
  • ソムバトヘイの小学校ではハンガリーで初めて、体育の時間を使って週に1回、正しい自転車の乗り方を勉強・練習しているらしい。(日本の感覚で乗ると問題がおきる可能性があるので、私も知りたいです。)
  • 住宅建築の付加価値税が2018年より上がるのと需要が高いこともあって、現在ブダペストでは集合住宅建築ラッシュとなっている。しかし物件の相場は高く、若者が購入できるものではないのだそうだ。
  • 大学の学長会議は、優秀な頭脳の外国流出を防ぐためにも高等教育機関の給与をかなり上げる必要があると訴えた。(自分の給与も少しでも上がれば嬉しいですけど、必要な人材の不足は大学教員だけじゃないですよね。あらゆるところで人材不足で、これを何とかするために賃上げの動きになっています。でも経営面からするときっと大変なことですよね。)
  • 5月より169台の新しい救急車が投入される。
  • ハンガリーには趣味でジョギングをする人が80万人おり、これらの人の多くが週に2回、4〜5キロを走っている・・ということが保険会社NNの調査で明らかとなった。(最近私たち夫婦も夜ジョギングをしたりするのですが、距離も2キロぐらいですし、速さも隣で歩いている子どもたちより遅いです。)
  • 政府は最初の国家外国語資格の無償化について述べている。「語学知識のための協会」によると、これは1人あたり3万4500フォリントの補助を意味するが、語学試験に合格するレベルに達するために平均で25〜50万フォリントかかるため焼け石に水状態となっているらしい。(ネットなどを使えば無料でも勉強できそうですけどね。)
  • セルビアとの国境155キロメートルで不法移民流入を防ぐ第二の柵が完成した模様。内務省によると今回の第二の柵は素晴らしいもので、第三の柵を建設する必要はないとのことだ。
  • ブダペストの天気情報はこ こをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)