ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カポシュヴァール
カーヴァ
キシュクンフェールエジハーザ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ
タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
デブレツェンの花のカーニバル
ドゥナケスィ
ドゥナウーイヴァーロシュ
ドボゴークー
ドモシュ
トロクバーリント
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
ハイドゥーソボスロー
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ
バラトンフェルヴィデーク
バラトンセントジュルジ
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
へーヴ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レーティマヨル
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼5月。高校は卒業式や卒業試験が始まります。大学も春学期が中旬には終了し、試験期間に入ります。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
知り合いの方より、ブダペスト5区のアパート情報が届きました。家具もそろっており、セキュリティがしっかりしているので女の子の1人暮らしでも安心だそうです。4・6番、2番の市電が走っており交通の便もよいとのこと。大家さんが日本人というのも嬉しいですね。詳しい情報はこちらまで。
学生の作成したガイドブックの紹介を再開いたします。今回はケストヘイです。是非読んでみてください。

5月18日

  • 5月20日より、欧州全体で外国から輸入した車については車検証明書を保持しなければならなくなる模様。
  • 欧州委員会はハンガリーを含むEU加盟6国に対し、大気汚染に対する対策が十分になされていないとして裁判にかける模様。
  • Kelenfoldi駅横にブダで最大のショッピングセンター(Etele Plaza)が建設される。(2020年にオープン予定だそうです。)
  • Otthon Centrumによると、今年の春だけででもかなりの不動産の売買数があり、ブダペストの不動産の値段も(昨年同時期に比べ)10〜25%上昇したらしい。
  • FIFAサッカー最新世界ランキングでハンガリーは順位を1つ上げ49位となった。秋に第一回欧州ネーションズリーグが開催されるが、リーグCのハンガリーの相手国であるギリシャは44位、フィンランドは62位、エストニアは93位となっている。(日本は60位です)
  • 100円=234.91フォリント(OTP/5月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月17日

  • バラトン観光協会が焼きリンゴ味のアイスに「今年のバラトンアイス」の称号を与えた模様。)
  • これまで欧州議会の3つの委員会がハンガリーを批判しているが、今度は文化・教育委員会がメディアの在り方や、市民団体に対する扱い、ロマに対する差別などでハンガリーを非難した。
  • 警察は14日から15日にかけての24時間、全国で速度違反の取り締まりを行ったが、(前もって取り締まりをすると言っているのに)この24時間だけで4000件の速度超過違反が発生したらしい。
  • BKKは市民の声にこたえる形で、今後ブダペストと空港を結ぶ100Eのバスをもっと頻繁に、そしてもっと長い時間運航することを決めたようだ。また24時間体制でブダペストと空港をバスで結ぶようにもする模様。(5月18日から、これまでの30分に1本んから20分に1本のペースで100Eを走らせるようです。また始発が午前3時40分、採集が午前1時20分出発にするようです。また6月16日からは空港行きの100Eは出発ロビーのある2階に行くことになるそうです。ブダペスト行きはこれまで通り到着ロビーのある1階からの出発となります。さらに100Eは専用チケットが必要ということもあり、ブダペスト初のデアーク広場、停車駅のカールビン広場の地下鉄駅に新しく切符の自動販売機を設置するようです。あと、6月16日からは200Eは24時間営業となり、夜は地下鉄3号線のHatarut駅から出るようです。)
  • ブダペスト南部にあるショッピングセンターCamponaは拡大改修工事を行う模様。(あそこって水族館ありますよね。昔は娘のダンスの大会や発表会が近くであったのでよく行きましたが、最近はまったく行く機会がありません。)
  • ハンガリーのオークション史上、史上最高値で宝石が落札された模様。(指輪を合わせると3240万フォリントだそうです。)
  • 先日、ケチケメートの野生動物園で、ある生徒がミーアキャットを地面にたたきつけて死なせてしまう事故があったが、父親がFacebookに動物園側の管理体制を非難する投稿をして更に炎上している模様。
  • 18日、ガソリンが1リットルあたり4フォリント、軽油が5フォリント値上がりする。
  • ブダペストでは補欠選挙があるようだが、最大野党であるJobbikは経済的な理由から候補者が立てられない状況となっている模様。(政治広告の罰金の影響でしょうか)
  • 100円=235.35フォリント(OTP/5月16日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月16日

  • 15日、午後4時半ごろ東駅で架線が切れる事故があり、複数のホームで発着ができなくなった。(列車にかなりの遅れが出たようです)
  • 15日、フォリントが2年ぶりの安値をつけた模様。
  • ワシントンポストがブダペストにある中央ヨーロッパ大学を閉鎖しウィーンに移る可能性について記事を書いた。学長はこれに関し「自分たちはハンガリーを出たくないが、政府次第」とコメントしている。(政府が出した条件はすでにクリアしているんですよね。なのになぜ政府がさっさとOKを出さないのか・・・というところが問題なのでしょうね。)
  • 専門家によると、2015年の調査でY世代とZ世代の76%が2025年には外国で勉強をしていると答えた模様。ただ、外国の地でそのまま生きていきたいと答えた人は57%にとどまった模様。
  • 100円=234.50フォリント(OTP/5月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月15日

  • 何者かがAuchanに「もし金を払わなければ牛乳に異物を混入させる。 という脅迫状を送り付けた。このためAuchanでは異物混入の恐れのある牛乳を計1万リットル棚かは外した模様。(一部のsparとかIntersparでも同じ牛乳が売られているそうです。)
  • Googleは5月16日よりハンガリーで新しくストリートビュー用の画像を撮影する模様。(私の住む町はメイン通り1本しかストリートビューがありませんが、今度はどうなるのでしょうか。)
  • ハンガリー警察は14日の午前6時より15日の午前6時まで全国的に速度取り締まりを行った。
  • 14日、素っ裸の男性がくさり橋を歩いて渡っていると騒ぎとなった。(性格には靴をはき、バックパックを背負い、帽子はかぶっていたようです)
  • オルバーン首相は、新内閣が発足したら、まず第一にStopSorosパッケージ法施行と憲法改正を目指すと宣言した。
  • ケチケメート野生動物園で、ある少年が注意を聞かずにミーアキャットのおりに手を突っ込んだところ、家族をまもるためにミーアキャットが少年の手にかみついた。これにおこった少年がミーアキャットを地面にたたきつけ、ミーアキャットとその赤ちゃんが死んでしまった。(関連のFacebbokでは、少年とその家族への避難のコメントが続いています。)
  • フェイェール県の病院の救急科で使用済みの注射針を別の患者にうつという事故が発生した模様。(病院側はミスを認めていないようですが・・・)
  • 100円=232.53フォリント(OTP/5月14日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月14日

  • 各野党は先日の国政選挙で大敗したことを受けて、党首の入れ替えが行われているがJobbikの党首には元スキンヘッドのシュナイデル・タマーシュ氏が選出された。(もう1人の候補と半々に票がわかれたみたいです。)
  • 現在国立博物館の庭の工事が行われているが、ソ連兵の遺体の一部が発見された模様。
  • ハンガリー自然博物館では、先日Gerecseで発見された1億8000万年前の古代ワニを展示する模様。
  • 政府によると、高い賃金を求めて外国に流れた運送業のドライバーがハンガリーに戻ってはきているが、それでもまだ人手が足りないとして、1200名のドライバー養成を支援すると発表した。、
  • あと1か月で初等、中等学校は夏休みに入るが、毎年保護者の頭を悩ませるのが夏休みの間のプログラムである。特にお泊りのプログラムに参加させてよいかどうかについては頭が痛いところである。これに関し専門家は「小学校1年生から参加させてもよいが、家族のみんなが『もういいだろう』と思うまでは待った方がよい」とアドバイスしている。(通いでも送り迎えが結構大変なんですよね〜。)
  • 13日、ブダペストでホロコーストの犠牲者を追悼する「人生の道のり」という行進が行われた。
  • Publicusの調査によると、国民の8割が国の金で全国各地にサッカースタジアムを建設していることに「おかしいし、それだけ金をかけている割に、ハンガリーのサッカーは強くなっていない」と否定的な考えを示していることがわかった。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月11日

  • 10日、オルバーン首相が再度首相に選出された。これでTIsza Kalman氏を抜いて、首相在任期間が最長となる模様。(野党系の報道機関はオルバーン首相が「2030年までにEUのトップ5の国になると宣言したことについて、2030年まで首相でいる気でいる」と報道していました。)
  • 2016年にテロ対策局が危険人物に指定したZaid Naffa氏がヨルダンの公使として国会を傍聴した。
  • 現在改修工事中のブダペスト地下鉄3号線であるが、20の駅のうち18の駅でバリアフリー(エレベーター)を設置する予定であることがわかった。
  • 今年第一四半期のリスト・フェレンツ国際空港利用者数は昨年同時期の16.9%増であった。これは欧州平均(6.2%増)の3倍強にあたる。
  • 2021年にオーブダにドイツ系ショッピングセンターができるというニュースがあったが、一方で、政府当局は「ショッピングセンターの新規建設を制限する法律もあり、2021年にオープンするのは無理だ」とコメントしている。(同局はCBAが外資系のLidleやSparに店舗の権利を売却している点についても不快感を示しています。)
  • 100円=233.32フォリント(OTP/5月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月10日

  • 8日、国会が招集された。国会議長にはクヴェール氏が選ばれ、10日と11日に議会を開くことが決まった。(ということで10日にオルバーン首相が再度首相に任命されることとなります。)また、今回の政権では10の省が組織されることになる模様(農業、内務, 人材、国防、法務、イノベーション・テクノロジー、経済・外務、首相府、金融)
  • 国会召集前に数百名が国会前に集まったが、警察により排除された。(それほど人がいなかったこともあり、また集まった人もアグレッシブではなかったため、警察も穏やかに対応していたようです。)午後柵がなくなった後でデモもあったが、途中で強い雨が降り始め人が散らばる場面もあったようだ。(思ったほどの人数は集まらなかったようです。また国会議事堂から出てきたプロテスタント教会関係者がデモ隊に妨害されたというニュースもありました。)
  • ザラカロシュと言えば、有名な温泉地であるが、数年前に作った温泉湖の水が9日にすっかりなくなってしまうという事故があった。(技術的な問題で水が流れ出てしまったようです。)
  • ハンガリーには第一国歌(ヒムヌス)と第二国歌(ソーザト)がある。この第二国歌に曲がついて175周年ということで、国立銀行は10日に記念硬貨を発行する。(記念硬貨はhttps://penzvero.hu/のオンラインショップでも購入可能です。英語のサイトもあります。)
  • 2021年におーブダに5万2000平米のドイツ系のECEというショッピングセンターがオープンする模様。
  • 高校の卒業試験は月曜日にハンガリー語、火曜日に数学、水曜日に歴史と、必ず受けなければならない科目の試験の筆記があった。(この他に、外国語1科目と好きな科目1科目を受けます。ちなみに日本学科に入りたい場合、入試として使う科目は「ハンガリー語と歴史から1科目」「外国語から1科目(日本語も含まれます)」です。今年も単純に受験者数だけみるとELTEの日本学科は5倍以上、カーロリの日本学科も4倍以上の倍率ですけどどうなるでしょうか。)
  • 豚コレラ(ハンガリー語だと豚ペスト)の影響で、日本を含む複数の国に豚肉が輸出できなくなっているが、国は他の国に輸出できないか模索を続けている模様。(日本でもマンガリツァの人気が出ていて福島県の郡山市ではマンガリツァの養豚を始めるような話もあったようですが、もしかすると関係者の方ががっかりしているかもしれません。)
  • 100円=234.24フォリント(OTP/5月9日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月8日

  • 8日の国会開会に向け、7日からデモが始まった。(人間の輪をつくるデモなどがあったようです。予定では8日の未明まで輪をつくり続けるそうです・・)
  • セクハラ問題が大きく報道され、演劇・映像芸術大学での職などを失った部隊監督の〇トン・ラースロー氏が、ヴェスプレームの劇場で舞台監督を行うことが発表された。(2019年2月から上演される劇の監督をするそうです。)
  • 最高裁判所(クーリア)が外国からの郵便による4360名分の投票を無効と判断したことなどに対し、オルバーン首相が「クーリアが選挙に介入し与党から議席を奪った」などと批判した。これにたいしクーリアは事実無根としている。(敵をつくってたたきつぶすというやり方は相変わらずですね。)
  • 英雄広場へ観光客を連れてきた観光バスは現代美術館裏の駐車場に停車していた。しかし、同駐車場が市民の森の改築工事を理由に事前通告なくいきなり閉鎖されてしまった。このためバスが駐車できるスペースが十分に確保できなくなっているらしい。(もともと来年春に駐車場を一時的に閉鎖するという話はあったようです。)
  • 9日よりガソリンが1リットルあたり3リットル、軽油が2フォリント値上がりする。
  • 高校卒業試験のハンガリー語・ハンガリー文学に関して、教員たちからは「内容はよかったが、文章が長すぎて時間が足りない受験生が多かっただろう」との意見が出た。
  • 100円=233.66フォリント(OTP/5月7日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月7日

  • リストフェレンツ空港からブダペストの中心まで行く100Eバスは、車内が込み、道も渋滞しているため乗客が気持ち悪くなることがある・・との指摘がなされている。BKKは乗客の多くが気分が悪くなることはないとしたものの、乗客が多い場合には通常のダイヤよりバスを多く走らせるとコメントしている。
  • Autoklubによると、オリジナルのナンバープレートを入手したい場合、金額が44万フォリントになるとのこと。
  • ポーランド航空が、ブダペスト・ニューヨーク便、そしてシカゴ便を就航させたが、アメリカン航空もフィラデルフィア便を就航させた。(毎日飛ぶそうです。)
  • 5月8日の国会開会時には国会議事堂の周りが柵でおおわれる。これに対しJobbikは柵を壊すと宣言しており、また市民団体も国会議事堂周辺でのデモを予定している。この状況の中、テロ対策局も国会議事堂を守るため出動することが決まった模様。市民団体は、自分たちは届け出をしたうえでデモをする。もしこれを邪魔するようなことがあったら裁判所に訴えるとコメントしている。
  • 7日より、大学入試を兼ねる高校卒業試験が本格的にスタートする。7日はハンガリー語とハンガリー文学の試験が行われる。(試験は240分です。)
  • ハンガリーはOECDが行う学力テストPISAの成績が低いままとなっているが、地域格差も大きいことがわかっている。(ブダペストが最も平均が高いのですが、ブダペスト内でも区によってかなり成績に差があるようです。)
  • eduline.huによると、ブダペストや地方都市のエリート高校では、卒業生の3分の1が外国の大学への進学を希望しているらしい。(例えばブダペストのFazekas Mihaly高校はハンガリーでも最も優秀な高校ですが、今年卒業予定の132名のうち44名が外国の大学への進学を希望しているようです。)
  • ジュールに住む男の子は生まれたころから重い病気にかかっているが、彼の誕生日には毎年警察官が訪れ、男の子の誕生日を祝ってくれるのだそうだ。
  • オルバーン首相は、4月8日の国政選挙で投票をした人に対し手紙を送ると発表した。(今後の政策方針などについて書いてあるそうです。9
  • 6日、セーケシュフェヘールヴァールやペーチで反政府デモが行われた模様。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月4日

  • ペーチのPecsPlazaやPecsArkadのマクドナルドの店長が、世界最優秀マクドナルド店長の1人に選ばれた模様。
  • エールフランスは3日と4日に再びストを行い、ハンガリー便にも影響が出ている。(娘が音楽関係で、10日間の予定で南アメリカに行っているのですが、エールフランスを使っているため帰りの便が飛ばず、今日ハンガリー到着が1日ずれると連絡がありました。こまりました。)
  • 携帯サービス会社のTelenorは今週日曜日の母の日にちなんで、5月3〜6日の間、Tlenorの店舗などで(洗えば落ちる)かわいいタトゥーをつけるサービスを開始した。
  • 与党は移民受け入れを拒否を目指し昨年7回目の憲法改正を目指したが、当時は議席の3分の2にわずかに足りず、Jobbikが移住許可付き国債発行の停止を宣言しなければ賛成しないとしたため断念した。ただ今回の選挙で憲法改正に必要な議席の3分の2を確保したことで、まずこれを行うことをFideszが固めたことが明らかとなった。
  • 選挙後に廃刊となったMagyarNemzetであるが、Magyar Hangという名前に生まれ変わり、5月8日にデモ隊に向け号外(0号)を出し、5月18日からは週刊で発行されることが決まった模様。
  • ポーランド航空は、3日よりワルシャワ以外の空港からの長距離便を就航させることとなり、ハンガリーとニューヨークとシカゴの直行便も飛び始めた。(ポーランド航空がハンガリー日本便を飛ばしてくれないですかね。)
  • 2017年のハンガリーの経済成長率は4%であったが、政府は2018年は4.3%、19年は4.1%、20年は4%、21年は4.2%、22年は4.1%経済が成長するとの見通しを発表した。
  • ハンガリーマダニ協会によるとマダニはライム病の感染源となっているが、マダニが持つライム病を引き起こすバクテリウムの種類が増えてきているらしい。
  • 100円=232.70フォリント(OTP/5月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月3日

  • 5月8日の国会開催に向け、国会議事堂の周りが柵で囲まれるが、Jobbikはこれを取り外すと宣言した。
  • 4日、ガソリンが1リットルあたり3フォリント、軽油が4フォリント値上がりする。
  • 中等教育機関の入試結果が出た。8年生の受験生の場合、受験生の96.7%がどこかの志望校に合格し、このうち74.6%が第一志望校に合格できた模様。(中等教育機関には8年制、6年制、5年制、4年制があります。同じ学校で複数のシステムを動かしている中等教育機関も珍しくありません。)
  • 4日・5日は全国の高校で卒業式となるが、卒業試験自体も4日からスタートする。(ほとんどの生徒は週明けの7日からのスタートとなります。)
  • オーストリアは同国で働く外国人について、子供手当は子供が住んでいる国の水準額にすると法律改定することを決定した。この影響を最も大きく受けるのがハンガリー人労働者となっている。(ハンガリーに住んでオーストリアに出勤している人は結構います。これまではオーストリア水準の子供手当をもらっていたのですが、今度からはハンガリーレベルの手当のみの支払いとなります。ハンガリーはこれに対し「税金はオーストリア人と同じようにおさめているのに不公平」と批判をしています。)
  • 現在4か所の投票所での開票結果について問題があるとして最高裁判所(クーリア)が開票のやり直しを命じている。これは滞りなく行われるようだが、選挙管理局は、例え票の数え間違いがあったとしても各党の議席数には変化はないとしている。
  • 5月16日より100グラムを超える郵便物の料金が少し上がる模様。
  • 100円=231.04フォリント(OTP/5月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

5月2日

  • ブダペストとジュールの間を走っている列車の床に直系10センチの穴が開くという事故が発生した。(被害はなかったようですが、これは怖いですね。)
  • 1日、各地でメーデーの催しものがあった。ブダペストではNagy Futamというプログラムがあり、F1カーが走ったり、航空ショーが行われたりしてかなりの交通規制となった。(この他にMomemtumのデモもあったようです。ビデオを見る限りこのデモにもかなりの人が集まったようです。)
  • 1日、南ハンガリーで(古い)車のオフロードレースがあったが、Lada車がコースから外れ、観客をなぎ倒すという事故があった模様。(1名が重傷だそうです。)
  • Trentwalderによると、今年第一四半期の(単純)肉体労働者の平均時給は959フォリントであることがわかった。この額は昨年同時期の10%増とのこと。
  • 牛乳パックを紙として扱うか、プラスチックとして扱うかについては国内ではっきりしていないようで、ブダペストやジュールでは紙、他のところではプラスチックとして扱っているらしい。(パックの再利用があまり進んでいないという調査結果を受けての記事のようです。こういうのははっきりさせた方がいいですね。)
  • ここのところ暑い日が続いているが、2日もところにより最高気温が32度まで上がる模様。
  • Publicus Intezetが4月18〜23日に調査したところによると、回答者(995名)の半数以上が4月8日の国政選挙結果に満足していないとの結果が出た模様。(まあ、2重国籍者を不正に国内で住所登録させて与党に票を入れさせたことが最高裁判所で法律違反と判断されたりしているのも、あるのかもしれません。)
  • これからマダニの被害が増える時期だが、Pikardinという物質が含まれるスプレーやクリームがマダニ対策に効くとのこと。ただそれでも人やペットにマダニが食いつき体内に潜り込む場合があるので森などにでかけた際には1時間半ごとに1度、体をチェックする必要があるようだ。(マダニの半分がライム病などの伝染病の感染源となっているそうです。)
  • ブダペストのプールのいくつか(PalatinusとPakal)でプール開きとなった。今年からブダペストのいずれのプールも現金での入場料支払いができなくなるとのこと。(デビッドカードか、プール共通のプリペイドカードを利用するらしいです。)一方、バラトン湖もシーズンがスタートした。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)