ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カーヴァ
キシュクンフェールエジハーザ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ
タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
デブレツェンの花のカーニバル
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
トロクバーリント
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
ハイドゥーソボスロー
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ
バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
へーヴ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レーティマヨル
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼1月。大学も試験期間の真っ只中です。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
学生の作成したガイドブックの紹介ですが2月に再開いたします。

1月16日

  • これまでの世論調査結果を見る限り4月8日の国政選挙も与党圧勝の可能性が高い。左派野党はたくさんあるが、結局協力しあうのは支持率13%程度の「社会党」と1%の「対話」ぐらいであり、政権交代の勢いはないようだ。
  • ハンガリーの車のナンバーは現在Pで始まるものが最も新しいが、Nの次はOではなくPとなったように、PのあとはQではなくRで始まるナンバーとなる。これを0と間違いやすいためだとのこと。同じような理由でアルファベットの最後(アルファベット3文字とアラブ数字3文字の組み合わせ)の文字にもO,Qそして1と間違えやすいIは使われていない。専門家の予想ではRからのナンバーが登場するのは今年の5月か6月になるようだ。
  • 少し前の話になるが、先週金曜日(12日)ブダペストのアレーナプラザのサウナから出火する騒ぎがあった。負傷者などは出ていない模様。
  • ミシュランは3月26日にブダペストで新しい欧州飲食店ミシュランリストの発表式典を行う模様。
  • これまで1月には職場(雇用者)が所得税の手続きをするか、個人がやるかを決める必要があった。しかし今年からは個人でやらない者(例えば職場以外から収入を得ていない場合)は国家税・関税局が自動的に手続きを担当することになるため、わざわざ職場に報告する必要がなくなるらしい。(昔、複数の学校で教えていたときは毎年分厚い説明書を読みながら所得税の申告をしていました。今も試験官の仕事など職場以外で収入が発生するときがあり、そんな年は自分で申請しなければなりません。)
  • 先週、ルーマニアのミハイ・トゥドセ首相が「(ハンガリー系住民が住む)セーケイ地方の機関でセーケイの旗を立てた場合、それを立てた者も(首を釣って)ぶらさがることになる」と発言しハンガリー側が強く反発していたが、一部メディアが15日、同首相が辞任したと伝えた。
  • アメリカのトランプ首相の暴露本が出版され話題となっているが、ハンガリー語版ももうすぐ発売されるらしい。
  • 100円=220.36フォリント(OTP/1月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月15日

  • vezess.huによると2017年に最も多く盗まれた車はBMW3ナンバーだった模様。同車は2016年にはランキング上位にはなかったらしい。一方、トップ3の常連だったスズキスイフトはトップ12から外れたらしい。(メーカーとしては、フォード、フォルクスワーゲン、BMWがトップ3だそうです。)
  • アーデル大統領は今年の国政選挙の投票日を4月8日すると発表した。今後、各党は選挙に向けた動きを本格化させていく。
  • 中央統計局によると2017年の物価上昇率は2.4%だった模様。なお、食料品に限ると2017年12月の物価は前年同時期に比べ平均3.5%高かった。このなかでも卵は39.4%, バターが15.1%、乳製品が7.9%,パンが7.7%と値段が大きく上がった模様。
  • 現在ハンガリーでは、病気でホームドクターに連れて行った子供が専門的治療が必要な病気にかかっていた場合、診療所には機械などがないため、地域ごとに指定された病院で検査を行うこととなる。しかし検査に応募しても順番が回ってくるまでには8〜12週間かかることが多い。このような状況の中、最近では子どもが病気になった場合、私立の病院に駆け込むケースが増えてきている。(お金があればすぐ医者にかかれますが、お金がなければ状況を恨みながら待ち続けるしかない・・という状況だそうです。)
  • ハンガリーサッカーリーグで最も年俸の高い選手は月に800万フォリント稼ぐ。これはハンガリーではもちろんかなりの高給となる。しかしイギリスのプレミアリーグで見ると、最も年俸の低い選手層にまざってしまうらしい。
  • ハンガリーでも若者を中心に、病気や怪我をしたときにネットで情報やアドバイスを探す人が増えており、医師のアドバイスを受け入れないというケースが増えているらしい。(ここらへんうまくAIを使って、ある程度までの質問にはAIが対応し、ある線を越えたところでAIが医師を紹介するシステムをつくれば医師不信も減るのかなと思ったりします。)
  • ペーチのある病院で、寝たきりとなっている患者の隣で男女の看護士が性行為のまねごとをし写真をSNSに上げるなどしていることが明らかとなった。病院側はこれらの看護士を解雇し、調査に乗り出すと発表した。(この看護士たちは何がやりたかったのでしょう・・)
  • ホードメゾーヴァーシャールという町では野党が指示する市長候補が、立候補を表明して以降嫌がらせを受けている(いきなり職場を解雇される、家のすぐ前に監視カメラが置かれる)と主張しニュースとなっている。その同市で、今度は教会の神父が(別の神父の)ミサの終わりにマイクを取り与党を支持するようにと呼びかけ、政教分離に反しているとの批判を受けている。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月11日

  • ハンガリーでは基本的に名前は選ぶものであるが、科学アカデミーの許可が下りれば新しい名前もつけられる。ただ科学アカデミーも「つけられない」名前の一覧を発表している。最新のリストだと例えば、Lien, Nuca, Alizanna, Menora, Zolla, Milia(ここまで女の子、長音は短音になっています。),Benni, Vilko, Zanot, Kriger, Valeryan, Krisz, Eljon, Julius(ここまで男の子)などがある。(ハンガリーでもキラキラネームがはやっているのでしょうか。)
  • 野党各党が会計監査局から罰金支払いを求められている件で、国家経済省が半年の支払い準備期間の設置や、分割払いの可能性について求めていくと発表した。(JOBBIKは当然ですが「茶番」と非難しています。)
  • 政府はソロス計画についてのアンケート調査を行ってきたが、この結果が出た模様。それによると、ハンガリー国民のほとんどがソロス計画に反対とのことだ。(大分部が賛成・・・なんか形式上選挙をして9割以上の票を得る・・時代みたいですね。)
  • オルバーン首相は、ドイツの企業で行った公演で「2018年は欧州が決断する年。シェンゲンはまもらなければならない。」「我々はインフラ面で立ち遅れている。欧州の助けが必要が。それができないなら中国に助けてもらうことになる。」などと発言した。(南シナ問題でも中国よりの意見を言ったり、もうすっかり中国を頼っていますけど・・・実は教育面でも日本は中国に押しやられつつあります。ハンガリーでは中国語は第一外国語ですし、教職課程もあります。孔子学院では無料講座もありますし、教師も大量に送っています。留学の可能性もかなりあり、日本学科の学生も学士課程終了後、日本学の修士課程に進学せず、アジア(中国)研究の修士課程に流れる例が増えてきています。)
  • 12日よりガソリンの値段が1リットル当たり2フォリント値上がりする。軽油はそのまま。
  • 100円=224.38フォリント(OTP/1月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月10日

  • 中央統計局によると2016年における医師登録数は6万5000名であったが、Magyar Nemzet紙によると、そのうち実際に働いているのは6割しかいないらしい。一方、ハンガリー医師会は「実情はもっと厳しい」とコメントした。
  • BKKが2017年にブダペストのタクシーに関する調査を行ったところ、現在でもメーターを不正に早くまわしたりする例が数多く見られたらしい。大手タクシー会社は「不正をしているのは個人タクシー」と主張している。(まあ、昔はひどかったですけどね・・)
  • 100円=222.94フォリント(OTP/1月9日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月9日

  • ハンガリーでも以前に比べるとバリアフリー化が進んでいるようだが、現在でも車椅子の人がハンガリー鉄道を利用する場合48時間前に連絡をしなければならないらしい。(場合によってはそれでも遅すぎるそうです。)
  • セゲドの観光スポットの一つがドーム(広場)であるが、ここの改修工事の計画がある模様。(セゲドは本当に綺麗な町ですよね。)
  • ドバイからボストンに向かっていた飛行機の複数の乗客が具合が悪くなり、ブダペストに緊急着陸した模様。
  • ハンガリー警察によると、ハンガリーで最も犯罪数が多い県はペシュト県で昨年だけで1万9000件が記録された模様。(これってブダペストの次ってことでしょうね。ペスト県は人口が123万人いるので、それで数が多いようです。目立つのが飲酒運転だそうです。ただこの7年で同県の犯罪件数自身は47%減っているそうです。)
  • 国立会計監査院はJobbikが政治広告を出す際に不正に安くこれを利用したとして15日以内に3億3166万フォリントを支払うように命じた。また、民主連合はじめ他の野党も党の運営資金使用に不正があったとして罰金が言い渡されているが民主連合は1600万フォリントの罰金は全く払うつもりはないと発表した。(JOBBIKの場合、支持率も野党の中では高いですしつぶしておこうということでしょうか。)
  • 2012年にハンガリーで足輪をつけられたコウノトリが1月4日に9000キロメートル以上はなれた南アフリカで発見されたらしい。
  • 2016年10月から2017年4月までお年寄りから金品を騙し取っていた男性の裁判がカポシュバールで始まった。(知らない老人に「以前知り合いだった」と近づき、老人が行くところまで車で送っている途中に「すぐ返すから」とお金を借りトンズラしていたようです。)
  • 100円=220.64フォリント(OTP/1月8日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月8日

  • 現在失業率は3.8%にまで下がっている模様。(1度も働いたことがない人も3万6000名ほどいるようです。)一方、人手不足と言われる現在でも、45歳以上になると、大卒で外国語もできる場合でもなかなか職が見つからないようで、同層の求職者の半数は25以上の会社に応募し、4分の1以上が50以上の会社に応募をしているようだ。(他人事ではないです・・・・)
  • 昨年1〜11月期のハンガリーの給油量は4億2926万6761リットルに達した模様。このうちガソリンの給油量が最も多かったのがブダペストで、軽油はペシュト県であった模様。(ブダペストのガソリン給油量はノーグラード県の16倍だったそうです。)
  • 6日、ショモジ県で(1975年にショプロンで記録された16.7度を超える)17.4度の同日観測史上最高気温が記録された。
  • クリスマス前にケチケメートにあるコダーイゾルターン音楽教育センター前から、コダーイ・ゾルターンの像が盗まれるという事件が発生したが、この犯人が逮捕された模様。
  • ケチケメートの教師が生徒たちより金を騙し取ったとして訴えられた。(この教師は生活苦にあったようだが、2016年の春に6日間のフランス遠足を計画したようです。1人4万5000フォリント払えば移動、宿泊、食事、遊覧船乗船などを教師がすべてアレンジするということだったようで900万フォリントを集めましたが、出発1日前に「5名から申込書が届いておらず割引が使えない。」と旅行ができないとのメールを送ったそうです。しかし実際にはお金だけもらって何もしていなかったらしいです。)
  • ハンガリーで最も不動産が安い地域の一つがノーグラード県であるが、最近は同県の不動産の値段も上がり始めているらしい。この背景として首都圏の広がりがあるようで、ブダペストにいた人がブダペストを取り囲むペシュト県に移り、ペシュト県の人が県外に不動産を求めるケースが出ているのだそうだ。
  • 与党は子供がいる家庭の税控除幅を増やす政策を取っているが、野党Egyuttは「子供がいる家庭(だけ)ではなく、子供をつくりたいと思うような政策がないと駄目だ」と批判している(子どもをつくらないマジャールと子どもをたくさんつくって補助をもらうロマの問題なども背景にあるのかもしれません。)またLMPも政府のばら撒き政策により国家赤字が2009年レベルの高い水準に戻ってしまっていると批判している。(いろいろ批判はありますが、難民問題と比べると小さい問題に見えてしまうのが今の政府の戦略のすごいところでしょうか。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月5日

  • 最近ハンガリー保険協会の名を語り「交通違反により9万フォリントを支払うように」との詐欺電話がかかる例が増えているようだ。+36-61-272-217の番号でかかってくるらしく、同協会と+36-61と始まる電話番号は関係がないと注意を呼びかけている。
  • この冬だけで既に63名が凍死している模様。この数は現時点で前年より15名多いらしい。
  • 現在も合わせて数千名にも及ぶ、生徒・学生に学生証が届いていないと野党が政府を強く批判している。(社会党によるとシステムが未だにうまく動かないのが原因だそうです。)
  • 「学校に行くな!」という名前のデモを1月19日に国会議事堂前で行おうという動きが出ているらしい。教育システムや質に対する不満を生徒・学生が国にぶつけようというものらしい。
  • 昨年の1月はかなりの寒さとなったが、今年はこれまで暖かい日が続いており、今週末もところによっては最高気温が15度まで上がる模様。
  • 欧州連合が決めた難民分割受け入れに関する決定をチェコ、ポーランド、ハンガリーが遵守していないとする訴えが再度正式に欧州司法裁判所に提出された模様。
  • ハンガリーの自動販売機は国家税・関税局にデータを飛ばせるようにするという法律が可決され、2017年末までにそれにむけた改造が行わなければならない・・・とされてきたが現時改造されていない自動販売機も多数残されているらしい。/li>
  • 100円=219.05フォリント(OTP/1月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月4日

  • BKVのサイトがハッキングにあったようで、オンラインによるチケットや定期の販売ができなくなている模様。
  • 5日よりガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が4フォリント値上がりする。
  • 暖かい日が続いていることもあり、ザラ県では菜の花が咲き始めたらしい。
  • 公務員組合は「過去10年間全く給与が上がっていない」として数回に渡るストライキを計画していると発表した。(1月12日、15日、2月15日、16日、19日、3月7日、8日、9日にストを計画しているようです。)
  • 100円=220.89フォリント(OTP/1月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月3日

  • 郵便料金が1月16日より平均3%値上がりする模様。(例えば国内小包の郵送料が2キロまで1490フォリントから1530フォリントに上がるそうです。)
  • これまでオートバイの高速券は10日券しかなかったが、2018年より1ヶ月券も購入できるようになった。(かなりお得になるようです。)
  • Publicus Intezetが調べた「2017年の顔(人)」についての調査では与党支持者は「オルバーン首相」そうでない人は「ホッスー・カティンカ選手」を選んだ人が一番多かった模様。
  • オルバーン首相は、Fidesz支持者に対しソロス計画から国を守るために資金援助を募る模様。(1月末か2月頭に、県レベルの権利を持つ都市の市長が集まってソロス計画についての話し合いをするというニュースもあります。)
  • ハンガリー最高峰のケーケシュ山にリフトを建設する計画が浮上している。(そうすることで車が走る量を減らせるようです。1度歩いて上りましたけどヘトヘトになりました。)
  • BKVは12%の賃上げを示しているが各労働組合はこれに反発しており、「最悪の場合1000名程度の離職者が出る」と主張している。
  • ハンガリーでは大晦日の爆竹使用は禁止されているが、それでも使用する人はいるようでソルノクでは犬が大怪我を負った模様。(足を切断しなければならないようです。大晦日では花火や爆竹で500匹のペットが家から逃げ出し、その中には電車に逃げ込んだ犬もいたそうです。なお大晦日に使用せずあまった花火は5日までにお店に返す必要があります。)
  • 今年は祝日が月・火や木・金にあたることが多くこれまでになく連休が多くなる模様。(4連休になる場合が4回ぐらいあるみたいです。3月15〜18日、3月30日〜4月2日、4月28日〜5月1日、5月19日〜21日、8月18〜20日、10月20〜23日、11月1〜4日、12月22〜26日、12月29〜1月1日が連休になります)
  • 2017年3月20日〜10月30日までの機関の地下鉄の故障件数を見ると、地下鉄3号線の故障が最も多かった模様。
  • 年末に外務大臣とEUの大使が一緒に朝食をとりながら話をするはずだったが、外務大臣がぎりぎりになってこれをキャンセルしたため大きな問題となっている模様。(以前は首相が参加していたようですが、その後、外務大臣が出るようになったようです。今回は更に外務大臣も出ないということでしたので失望感が広まったようです。)
  • 2017年に倒産した企業の数は3万9812社と前年より14%少なかった模様。一方2017年にあたらにつくられた企業の数は2万6903社と前年の0.3増であった。(ここのことろ企業数が減少傾向にあるようで、その減少スピードが少し鈍ったという感じです。ちなみに現在動いている企業の数は53万3000社だそうです。)
  • 2020年以降にブダペストに新たな地下鉄路線が建設される可能性がある模様。(チェペルやグッドゥルー行きのHevと地下鉄をつなぐような感じのものらしいです。)
  • クリスマスツリーは1月6日の公現祭には片付けなければならないが、毎年ブダペストなどでは大量のツリーが廃棄される。(ゴミ箱の横におくか、ツリーを捨てる場所があるようです。)
  • 100円=220.77フォリント(OTP/1月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

1月2日

  • 大晦日から元旦にかけて全国で花火が打ち上げられ(小さな)出火や事故が多数発生した模様。またブダペストでは元日にはかなりのゴミが残され。職員がこの処理に追われた。(昨年よりは少なかったようですがブダペストで急性アルコール中毒で病院へ搬送された人の数は70名であったようです。ただ世論調査ではハンガリー人の58%は大晦日は自宅で過ごし午前1〜2時にはベッドに入ると答えています。大晦日の平均出費額は1万8000フォリントだそうです。)
  • 今年最初の赤ちゃんは0時1分にソンバトヘイで生まれた男の子であった。ブダペストで最初の赤ちゃんは0時23分に生まれた男の子だった。
  • ハンガリーの王冠がハンガリーの地に戻って40年を記念して国会議事堂では1月6日の10〜15時の間、王冠が無料で見学できる模様。(かなり混むでしょう。)
  • ハンガリーの伝統的な習慣において元旦で何が食べられて何が食べられないかについてはハンガリー人でも知らない人が多いようだが、専門家によると以下のようになる。@鳥肉は食べてはいけない。幸運が飛んでにげてしまうから。A魚を食べてはいけない。幸運が泳いで逃げしまうから。(クリスマスでは逆に魚を食べると富をもたらすといわれている。)B豚肉は食べてもよい。幸せをほじくりだすから。Cレンズまめを食べると富をもたらす。Dクリスマスで残ったマーコシュベイグリ(けしのみロール)を食べると富をもたらす。(今書いても遅いですよね。)
  • 2018年から代わる制度には例えば以下のものがある。@レストランの料金にかかる付加価値税が18%から5%に減る。Aインターネットの料金にかかる付加価値税は2017年に27%から18%に下がったが、これが2018年には5%に下がる。B不動産を長期的に貸し出す場合、支払うのは(家賃収入にかかる)所得税のみとなる。C2万フォリント札は2015年12月から発行されている新しいものしか使えなくなる。D35歳未満が取得する最初の外国語試験については上限3万4500フォリントまで無料となる。(試験に合格したら払い戻しになります。)E煙突掃除が義務ではなくなる。F最低賃金が13万8000フォリント(ネットで9万1770フォリント)となる。高卒以上の場合は18万500フォリント(ネットで12万3643フォリント)G年金が3〜3.8%上がる。H高速券を買わずに高速に乗ってしまった場合でも1時間以内に購入すれば罰則が発生しない。I最低賃金の上昇にともない産休時期にもらえる手当て額も上がる。J生産10年以内の車しかタクシーとしてはつかえない。(もっともっとたくさんあります。)
  • 幼稚園や学校は6月までにテロが発生した場合の対策(避難方法)などについてまとめなければならない模様。
  • 現在政府はハンガリー国内に射撃場をつくることをすすめている。現在のところ以下の町で射撃場が作られる予定である。(Baja,Balassagyarmat,Berettyoujfalu,Hodmezovasarhely, Kecskemet,Kisvarda,Kormend,Nagykanizsa,Ujfeherto,Pecs,Sarospatak,Szarvas,Szekszard, Szekesfehervar,Szigetvar,Zalaegerszeg)
  • ブダペストの天気情報はここ をクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)