ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カーヴァ
キシュクンフェールエジハーザ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ
タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
デブレツェンの花のカーニバル
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
トロクバーリント
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
ハイドゥーソボスロー
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ
バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
へーヴ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レーティマヨル
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼2月。中旬より大学も春学期に入ります。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
日本語教育が行われている高校の1つであるヴァーロシュマヨリ高校の生徒、そしてそのOBで構成されているアンゲリカという女声合唱団があります。この合唱団はハンガリーでも有名な合唱団です(合唱団のメンバーにも日本語ができる人、そしてハンガリー人と日本人のハーフの子が副数名います。)。このアンゲリカですが、今週の金曜日午後7時半より、マーチャーシュ王の生誕575年を記念するコンサートをマーチャーシュ教会で行います。コンサートは無料だそうです。詳しい情報はここをご覧ください。
学生の作成したガイドブックの紹介を再開いたします。今回はミシュコルツです。是非読んでみてください。

2月22日

  • 23日、軽油が1リットルあたり2フォリント値上がりする。ガソリンはそのまま。
  • Fideszに続き、社会党(MSZP)もすべての小選挙区で立候補に必要な推薦票が集まった模様。
  • Transparency Internationalの最新報告によるとハンガリーはEUで2番目に腐敗が進んだ国である模様。(ブルガリアが最下位、ルーマニアがハンガリーの上です)
  • 22日はバラニャ、ショモジ、トルナ、ヴァシュ、ヴェスプレーム、ザラという西側の県で降雪注意報が出されている。(結構吹雪くみたいです。)
  • 100円=227.84フォリント(OTP/2月21日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月21日

  • ブダペスト首都サーカスで、司会をしていた男性がプログラム中に倒れ亡くなるという出来事があった模様。
  • 中央統計局によると、2017年12月の平均月収はグロス32万7700フォリントと1年前の13.5%増であった模様。(2017年1年を通しての平均月収はグロスで29万7000フォリント、ネットで19万7500だった模様。)
  • 高速1号線は交通量の多さと寒さにより道路の状況がかなり悪くなっている模様。(道路に水が入ってそれが凍って穴があくことがありますが、高速1号線にもかなりの数の穴があるようです。)
  • 20日はかなりの雪となったが、道から外れてぶつかる車や、スリップして止まってしまった車の処理などで消防隊員の出動回数がかなりの数に上ったようだ。
  • テレビ報道によるとビールの値段が1本20〜70フォリント値上がりするらしい。
  • 今週から小選挙区に出馬予定の議員は推薦票集めを始めたが、与党Fideszは106選挙区すべてで規程の500票を集めた模様。(実質、数時間で集まったそうです。)
  • 100円=227.87フォリント(OTP/2月20日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月20日

  • ブダペスト東駅とプシュカーシュ・フェレンツ・スタジアムの間にある大型ショッピングセンター「アレーナ・プラザ」が「アレーナ・モール」に名前を変えた模様。
  • ブダペストの4・6号線は、大型市電コンビーノが日中夜走っていることもあり、頻繁に線路をかえる必要があるらしい。このためまた線路の改修工事が始まる模様。
  • ニーレジハーザの遊歩道でだれかが投げ捨てたタバコが風にとばされ地下室に入り、火事を起こすという出来事があった模様。
  • 「エゲルの星」と言えば、ハンガリー人であれば必ず読む本だが、この映画がつくられて50年になったそうだ。(この映画でつくられたセットが今も残っていて催し物とかに利用されたりしています。ブダペストから結構近いBudajenoというところにあります。)



  • 気象サービスによると2月末から3月頭にかけて寒気団が襲い、マイナス10〜15度まで下がる可能性があるらしい。(雪もふったりするようです。今日の段階ですがブダペストも金曜日に積雪が12センチあるみたいです。そして週末は最高気温がマイナス4度、最低気温がマイナス12度の予想です。まあ明日になったら予報が変わる可能性もありますけど。)
  • 社会党は欧州から首相の婿が絡む会社が不正を働いたと指摘があった問題などについて話し合うために来週国会国家安全委員会を召集した。(またお流れでしょうか。)
  • 21日よりガソリン、軽油とも1リットルあたり2フォリント値下がりする。
  • 100円=227.53フォリント(OTP/2月19日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月19日

  • 4月8日の国政選挙に立候補するものは最低500票の推薦が必要となる。この推薦票集めが19日よりスタートする。
  • リスト・フェレンツ国際空港で、新たにスーツケースから金品を盗んでいた職員が逮捕された。(現行犯だそうです。取調べ、家宅捜索の結果、かなりものもが発見されたみたいです。)
  • 最近自らのルーツ(祖先探し)を行う人が増えているらしい。ただ専門家によるとルーツをたどるのはなかなか難しいとのことだ。(私も聞いたことがあるのは父方の曾祖父ぐらいまでです・・)
  • Ipsosの調査によるとハンガリーのドライバーの9割はハイブリッドや電気自動車に興味があり、現在5歳以下の新しい車に載っている人の3分の一が、次の車は電気自動車にしようと考えているらしい。(現在ハンガリーで走っている完全な電気自動車の数は3000台で今年末までに5000台に増えるといわれているそうです。)
  • ブダ肉の付加価値税が2016年1月より27%から5%に下がったことが背景か、以降ハンガリー人のブダ肉消費量が1割増えた模様(今は1人あたり1年で25キロのブダ肉を食べるらしいです。)
  • ミシュコルツのBoschは賃金交渉が進まずストライキが予定されていたが、会社側より新しいベースアップ案が出たようでストライキは回避された模様。
  • ハンガリーの学校は、現在もつめこみ、成果主義に走るところがあるようで、専門化は「成果を強制すると結果的に成績が下がってしまう」と警告している。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月16日

  • 欧州委員会は2023年の文化首都に立候補していた7つの都市(デブレツェン、エゲル、グドゥルー、ジュール、セーケシュフェヘールヴァール、ソムバトヘイ、ヴェスプレーム)のうち、デブレツェン、ジュール、ヴェスプレームを最終候補に残した。
  • デブレツェン動物園に初めてシロフクロウがやってきた。
  • Stop Sorosパッケージ法案については議員の3分の2の賛成が必要な部分がある(例えば移民に関する活動を行っていると国が認めた団体は国の許可がないと活動ができないようにするなど)これについて現段階では国会議員の3分の2の賛成票が得られないとして与党は野党にも賛成するように呼びかけている。(どうやら投票は選挙後となるようです。次の選挙で与党が3分の2取ればいいという考えてでしょうか。これが通ると例えばアムネスティなどの活動がハンガリーではできなくなる可能性もあるかもしれません。)
  • 空港職員による窃盗事件がニュースを騒がせるようになっているが、空港警察が機内への荷物の出し入れをすべての便でチェックするようになってから、職員が相次いで病気休暇を取っているらしい。(なんかスーツケースに知らない国のお金が入れられていてびっくりというケースもあったようです。盗もうとしたけど見つかりそうになってあわてて別のスーツケースに入れたようです。)
  • Szazadvegの最新調査によると政党支持率でLMPがJOBBIKと肩を並べて2位となっている模様。(LMPはブダペストオリンピックを阻止したMomentumやJobbikの支持者にも指示されているようです。なお政党支持率ですが、Fidesz-KDNPが35%、JobbikとLMPがそれぞれ8%、社会党-対話が7%、民主連合が6%、共に(Egyutt)が1%、その他の党が5%、浮動票が30%となっています。)
  • ブダペスト市警察によると、2017年の犯罪件数は2016年に比べ0.1%とわずかながら減少した模様。(殺人は44件から34件と数を減らしました。)
  • オスカーも受賞した映画監督サボー・イシュトバーン氏が80歳の誕生日を向かえ、首相がお祝いの手紙を送った模様。
  • BKKがこれまでよりも大きい地図を公開した。ここで見られます。
  • FIFA最新サッカー世界ランキングでハンガリーは54位から49位と少し順位を上げた。(日本は56位から55位と1つ上げました。)
  • INRIXによるとブダペストで車に乗っている人は2017年の1年で平均計24時間渋滞につかまったらしい。ただデブレツェンはもっとひどく25時間だそうだ。(う〜ん、そんなものじゃすまないような気もしますけど。)
  • Lancet Public Healthという学術雑誌によると1人で子供を育てている男性は、同じく1人で子供を育てている女性や、カップルで子育てをしている人より命の危険が高い模様。(まあ、そうだろうなと思います。)
  • 100円=226.82フォリント(OTP/2月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月15日

  • 現在、大型政治広告看板などは決められた値段でしか立てられないように法律がかわったが、与党は昨年に看板使用のお金をはらい、その後、値段をぐっと引き上げたという話がある。(Jobbikが与党・政府批判の看板を出した後、これが不正に安く立てられたとして問題となり、高額の罰金支払い命令が出され、党がつぶれかけています。一方で野党が安く看板を立てられないように決まった値段でしか看板が立てられないようにしたのですが、結果政府や与党の看板ばかりになっているというのが現状です。)
  • 1月にリスト・フェレンツ国際空港でスーツケースなどから貴金属が盗まれるという事件が発生したが、警察は職員2名を逮捕した模様。
  • エステルゴムで鉤十字のマークが入った衣服を着ていた男性に対する判決がエステルゴム郡裁判所で下され、40万フォリントの罰金刑が言い渡された。(共産主義の鎌と槌、あとハンガリーでユダヤ人迫害を行った矢十字党の矢十字もダメです。日本だと通販とかで買えてしまいますが気をつけましょう。)
  • 医師組合によると外国へ出て行く医師の数は減少してきているが、ハンガリー国内の医師不足を解消する力にはまだなっていないとのこと。
  • 現在ハンガリーのインフルエンザ患者数が増えており、18の県の計61の病院でお見舞いなど外部からの人が病院に入ることを禁ずる措置が取られている。ただ専門家によると今月末には流行が収まる可能性があるという。
  • 国会は来週2日間だけ開き、StopSoros包括法案について議論する模様。(国政選挙まではこの2日で国会を閉めるようです。)
  • 税・関税局はバレンタインデーの14日、ギフトショップや花屋のチェックを行った。(ハンガリーの場合は男女関係なくプレゼントします。)
  • 100円=227.58フォリント(OTP/2月14日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月14日

  • 中央統計局によると今年1月の物価平均は前年同時期より2.1%高かった。
  • 小売店は人材不足で求人が増加する一方で、人件費がここ1年で13〜14%も増え経営を圧迫しているらしい。
  • 中央統計局はハンガリーの果物生産のインラタクティブマップを作成した。(東北のサボルチ・サトマール・ベレグ県が最も果物の生産量が多いことがわかります。マップはここで見られます。
  • 政府はStop Sorosパッケージ法案では「移民に関する活動を行っているとする団体については登録が必要」となっていたが、これが「許可が必要」に厳化された。
  • これまでに4月の国政選挙に参加する政党の数が88に達した模様。(4年前は71の党だったそうです。)
  • 15日よりブダペストの各地で粗大ゴミの日が始まる。ゴミは午後6時以降しか道に置けないようで、これを守らない場合最大15万フォリントの罰金となる模様。(そうはいうもののかなり通りが汚くなるでしょうね。)
  • 100円=227.08フォリント(OTP/2月13日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月13日

  • Zavecz Researchによると、左派野党、そして左派野党とJobbikの間には、場合によっては相手の候補者に票を入れてもよいと考える人が一定層いることが明らかになった。(左派野党とJobbikなんて水と油ですが、与党にいじめられているという共通点があるので、こういう気持ちにもなるのかもしれません。もし昔のように、第1回目の投票で過半数をとらなければ第二回目の投票を行うというルールがあったら、与野党の勢力も結構変わるのかもしれません。)
  • 昨年、Magyar Kozutがハンガリーの国道計1311kmを調査した結果、40箇所で事故防止のため制限速度を下げる措置を取った模様。(基本的には市内が時速50km/h、郊外が90km/hですけど、場所によって制限速度が変わりますので注意しましょう。)
  • 最近リスト・フェレンツ空港内で預けた荷物から金品が盗まれる事件が多発しており、韓国大使館が注意をよびかけたり、有名ハンガリー人テニスプレーヤーが被害にあい大きなニュースになったりしている。これを受け、警察が荷物預かり場のパトロールを開始した模様。
  • 100円=226.32フォリント(OTP/2月12日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月10日

  • サマータイム制度の廃止についてフィンランドが提案し欧州委員会でも議論が始まっているが、ハンガリーもJobbikなどが年に2度時計をずらすことによる経済的効果は大きくない一方で人体に及ぼす影響は大きいとサマータイム制度に反対している。
  • 東北のサボルチ県の(村に学校のない)子供たちはバスなどに乗って町の学校に通っているが、自治体は交通費の援助ができず、バスは始業時間に合うようには走っておらずで、学校に通うのに困難を感じている子が増えているらしい。(学校は普通8時に始まりますが、朝6時につくか9時につくかしかない・・みたいな状況だそうです。)
  • 国家選挙事務局が10日に発表したデータによると、現時点でハンガリーに住所がない有権者数が34万2000名いるとのこと。(特に多いのがルーマニアに住む14万7000名、そしてセルビアに住む4万9800名だそうです。数はどんどん増えているそうです。)
  • オルバーン首相はセルビアのブルナビッチ首相と会談を行い、「セルビアがハンガリー南部国境の防衛に協力してくれている点に感謝する。そしてヴィシェグラード4国はセルビアが一刻も早くEUに加盟することを望んでいる」と記者会見で述べた。
  • 欧州不正対策局が、オルバーン首相の娘の夫の会社(Elios Innovativ Zrt)が2011年から2015年にかけてEU資金による公共調達に不正があったと報告した問題で、政府は「既に調査も終わっており、政府を倒そうとするネガティブキャンペーンにすぎない」と強く批判している。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月9日

  • Kosckasfulu nyul(裏がチェック柄の長い耳の緑のウサギ。耳をプロペラのように回して飛ぶ)というアニメは1976〜78年に作られ今も子供たちに人気だが、この新しいシリーズがつくられるらしい。(原作者のマレク・ヴェロニカさんは日本でも有名になりましたよね。)
  • ある若い女性がブダペストのLeher ter市場でいきなり3人組に殴る蹴るの暴行を受ける事件が発生した。店の前での暴行に店主が止めようとしたが止められず、警察を呼んで3人は身柄を拘束された。(3人のうち1人には前科があったようです。買い物していたらいきなり暴力を振るわれるってこわいです。)
  • 昨年イタリアで高校のスキーツアーバスが事故にあった際、多くの命を助け出した体育教師がいたが、体育大学は「体育大学英雄賞」を授与することを決めた。(バスが炎上して16名が亡くなった事故です。体育教師は一度非難した後、バスに入って多くの人を助けました。しかし、お子さん2人はこの事故で亡くなってしまいました。)
  • 今週末はカーニバルでブダペストで花火があがるらしく、土日は一部の公共交通機関に影響が出る模様。(くさり橋は車が通れなくなるようです。)
  • 現在高速1号線からスロバキア方面に分かれる高速15号線は車線が少なく速度も制限されているが、2020年までに片道2車線で最高時速130キロで走れる道に改修する計画が打ち出された。
  • 国会国家安全委員会は、野党委員にジョージ・ソロスの息がかかった者がいるとして、与党委員が参加しなかったため流会となった。
  • Edulineによると、最近、大学生の3人に1人は経済的な理由で夏休みだけではなく1年中週6〜8時間のアルバイトをしなければならないらしい。(返済型の奨学金-学生ローンもありますが返済が大変です。成績に合わせて多少大学から奨学金も出るのですが月に1〜2万フォリントと生活費の足しにはなりません。多くの学生は学費を払う必要はありませんが、それでも生活は大変そうです。)
  • メーサーロシュ氏と言えば、オルバーンに近い人物ということで、オルバーン政権の元、莫大な財産を築き上げている人物だが、今度はSpar18店舗を買い取った模様。
  • 100円=225.62フォリント(OTP/2月8日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月8日

  • 7日午前2時ごろ、地下鉄2号線のAstoriaとBlahaLujza広場の間の区間で工事車両同士がついとする事故があった。(ブラハルイザで止めるはずの車両をミスでそのまま走らせてしまい、事故となったようです。刑事事件としても動いているようです。)
  • ハンガリーでのインフルエンザ流行が広まりつつある。1月29日〜2月4日の期間に4万7800名がインフルエンザの症状が出たため医師のもとを訪れた。その前週は3万1330名であった。
  • 最近ブダペストの広場などでネズミを見かけたという報告が増えているらしい。専門家によるとブダペストのネズミの数は減ってきているようだが、それでも見かけることはあるとコメントしている。
  • 1月19日にデモを行った学生団体は、人材省に12の改革を要求した。しかしこれまで人材省からの反応がないため、2月23日午後5時半より再度国会議事堂前でデモを行う模様。
  • ハンガリーの人件費はかなり上がってきているが、例えばスーパーALDIの店員の初任給はグロスで27万3000フォリントほどで、そこに金券なども支給されるため29万3000フォリントになるらしい。(大学の教員の場合、博士号を取った上に更にもう1つ上の資格を取ってやっとなれる准教授の給与がこれぐらいです。教授は大統領から任命される職ですから、日本の大学教授にあたるランクの人の給与がスーパーの店員の初任給並みということになります。)
  • 7日はハンガリー各地で雪となり山間部では30センチの積雪となったところもあった。この雪のためヴァシュ県などでは列車に遅れがでた模様。
  • 100円=223.18フォリント(OTP/2月7日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月7日

  • リスト・フェレンツ国際空港では、荷物が抜き取られる被害が韓国大使館のFecebookで流れて以降、スーツケースをファイルでつつむ機械に並ぶ人が急増し、なかなか措置が追いつかない状況にある模様。
  • ハンガリーでは、注意せず線路を渡ったため走ってきた列車に弾かれるケースが毎年100件以上発生している模様。鉄道会社は利用者に注意を呼びかけている。
  • ブダペスト市によると、現在行われている地下鉄3号線の区間のトンネル工事は今年の12月には終了し、その後、運行が再開されるらしい。(ただ次の区間が工事にはいるはずです。)またくさり橋やくさり橋前のトンネル工事が間もなくスタートする模様。
  • Totalcarによると、今年は全国的な交通取締りが9回あるらしい。(2月26日〜3月4日:トラック・バス、3月12〜18日:シートベルト、4月16〜22日:スピード、6月4〜10日:アルコール・ドラッグ、7月23〜29日:トラック・バス、8月6〜12日:スピード、9月17〜23日:事故、10月15〜21日:トラック・バス、12月10〜16日:アルコール・ドラッグ)
  • 現在ハンガリーは(人材不足その他の理由で)給与が引き上げられているが、国家経済省によると今年は給与アップ率が9%になる可能性もあるらしい。最低賃金もぐっと引き上げられており、特に地方の小企業は経営が圧迫される可能性もあるとのことだ。
  • 100円=221.86フォリント(OTP/2月6日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月6日

  • 中央統計局によると、2017年の小売売上高は前年の4.7%増だった模様。
  • 7日、ガソリンが1リットルあたり3フォリント、軽油が2フォリント値下がりする。
  • 今の法律では、経済成長率が3.5%を越えれば、年金受給者にもボーナスが支給されるようで、2017年も年金受給者に金券が配られた。国家経済省の試算では2018〜2021年の経済成長率も毎年3.5%を超えると予想しており、同じように年金受給者にボーなるが支払われることになりそうだ。
  • オーブダにあるEuro CenterがWingZrtに買収された。この会社はソンバトヘイのPraktikerやFamily Centerも買収している。EuroCenterは今後大きく改修されるようだ。(このショッピングセンターができたときは、これが舞台となった映画が作られたり、ショッピングセンター内のお店が舞台となったテレビドラマがつくられたりしました。)
  • ブダペストの有料路上駐車上の値段は上がり気味だが、道によってはどちら側に止めるかで値段が違うところもあるようだ。専門家はどのゾーンがいくら駐車料金をとるのかチェックした方がよいと呼びかけている。
  • 韓国大使館がFacebookに「ここのところ、リスト・フェレンツ国際航空で韓国人旅行者の荷物(の中身)がなくなっているので気をつけるように」とポストした。これを受け空港側は、このような問題が起きないよう努力するとの長文をFacebookに掲載した。(空港が持っているデータによると、空港内で金品が抜き取られるケースは減っているようですが、空港でスーツケースをラッピングする機械を見て「あれはここの空港での被害を防ぐためのものだ。中身を取るか、中身を取られないようにとラッピングして金を取るかの違いだけだ。」と皮肉を言う人もいます。)
  • クヴェール国会議長が2014年の国政選挙で、与党が勝利しやすいように選挙区の区分けを行ったことを認めるような発言を行ったことを受け、社会党は訴え出ることを検討している模様。
  • 100円=219.31フォリント(OTP/2月5日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月5日

  • BKKは昨年夏に、空港とブダペスト中心を結ぶ100Eのバスを走らせ始めたが、かなりの人気が出ているという。これを受け今度は空港と地下鉄3号線Hatar ut駅を結ぶ200Eを24時間体制で走らせることを計画しているようだ。
  • 子供がいる家庭では税控除があり、毎年、年の初めにこの申請を行う。ただ、手続きを忘れてしまう人もいるようで、1月中にこの手続きを忘れた者が数万名に達しているらしい。
  • 現在政府は、ストップソロス!キャンペーンで毎日のように移民の恐怖を語るコマーシャルや広告を流している。この影響か、ブダペスト8区の集合住宅で、何者かが住民の郵便受けに「黒い皮膚の移民が越してきた。気をつけろ!」と書かれた紙を投函する騒ぎが発生した。(この男性は移民ではなく英語もよく話せる外国人だったらしいです。ハンガリー人は元々移民にはかなり否定的な感情を持っているので、こういうのがエスカレートすると困るな〜と思います。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月2日

  • テスコがリストラを計画している模様。(なるべく配置換えですまし解雇する人が出ないようにするみたいです。)
  • 最近、国会議事堂付近がドローンで撮影されているようで一部より批判が出ているが、政府によると、重要な歴史的地域であり現在の環境状況を記録するために撮影を行っているとのこと。
  • 1月19日に教育問題に関して学生団体がデモを行い、オルバーン首相との話し合いを求めているが、政府は首相が話し合いに応じることはないとの考えをしめしている。これを受けて、学生団体は更なるデモを2月23日に行う考えを示している。
  • ハンガリー医師会長は、医師の待遇がよくなってきていることから、次の選挙後の4年の間に、「袖の下(ハンガリー語だと『感謝の金』」)がなくなるだろうとコメントした。(実際には設備がととのい診療費が高い私立の医療センターが次々とできて、貧富の差が健康にまで大きく影響してきています。)
  • ハンガリーのインフルエンザ流行が止まらないようで、見舞い禁止措置を出す病院が増えてきているとのこと。(ペーチ大学病院でもこの措置が取られたようです。)
  • 100円=218.72フォリント(OTP/2月1日)
  • ブダペストの天気情報はここ をクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

2月1日

  • Economist Intellegence Unitの最新民主度インデクスによると2016年ハンガリーの民主度は10段階で6.72であった模様。2006年は7.53でその後民主度は毎年下がり続けている。(上から56位だそうです。)
  • 1月19日に学生が中心となったデモが行われ政府あてに12の要求を行った。結果、人材省から書簡が届いたようだが、学生達が満足いくような内容ではなかったらしい。そこで2月に会議を開き、首相の参加ももとめると発表した。これが実現しない場合は2月23日に再度デモを行う模様。
  • 国会議員の財産公開の締め切りが1月31日だった。データによるとオルバーン首相は貯金が100万フォリント以下しかなく、ローンがあるらしい。一方、アーデル大統領は去年1年間で財産が600万フォリントふえたようだ。(オルバーン首相の財産はかなり少ないようですが、それをそのまま信じる人は少ないかもしれません。)
  • 国家警察は2月1日より6月30日までハンガリー全域で治安維持の強化をはかる模様。(選挙があるので集会などでのトラブルを防ぐため・・ということでしょうか。)
  • ブダペスト市警察はブダペスト市内の44箇所に「子供たちの道路横断に注意!」という赤い標識を立てた模様。
  • 現在、ブダペストの地下鉄3号線のすべての駅をバリアフリーにするためにエレベーター建設を望む署名運動が行われようとしている。一方、タルローシュ・ブダペスト市長は「野党がこの運動にのっかってきているが、最高裁判所はバリアフリーにはいろいろな手段があり、必ずしもリフトをつくらなければならないわけではないとの立場を示している。野党は有権者をだましている。」と強く非難した。
  • 2018年はマーチャーシュ王の生誕575年、王位継承560年の記念年らしい。
  • 移民局の最新データによると、2017年にハンガリーで難民申請をした人は3347名で、そのうち難民認定されたのは106名だったらしい。
  • 100円=220.65フォリント(OTP/1月31日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)