ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーを知る

2015/2016年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カーヴァ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ
タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼9月。大学も新年度に入りました。今年もたくさんの学生が入学しました。▼今年度も書道クラブや授業協力者として皆様のお力をお借りしたいと思っております。何とぞよろしくお願い申し上げます。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
学生の作成したガイドブックの紹介を再開いたします。今回はハイドゥーソボスローを紹介いたします。是非ご一読ください。

9月26日

  • 今年のバラトン湖畔の店やレストラン・ホテルの一部は昨年に比べ売り上げが5〜15%増えたらしい。ただ夏の観光シーズンのピークは7月10日〜8月20日と短く、9月以降も様々なプログラムが行われるが観光客でにぎわうのは週末に限られてしまうようだ。(これまで安い外国に行っていたハンガリー人がバラトンを訪れるケースが多かったようです。ただ10日以上滞在するという人はあまりいなかったみたいです。)
  • 27日よりガソリンの値段が1リットルあたり2フォリント値下がりする。一方軽油は逆に3フォリント値上がりする模様。
  • ハンガリーでは1960年から40歳の平均余命は短くなり始め1994年になってようやく、これが伸び始めた。しかし、現在の40歳男性の平均余命は50年前と比べても1.4年しか延びていないとのこと。また医療環境が影響する死因による死者がハンガリーでは多いことも指摘されている。(日本だったら助かる可能性がある状態でもハンガリーでは駄目・・ということがありそうです。)
  • トランシルバニアの学校でハンガリー語を話しているという理由で5年生の女子がルーマニア人の男子生徒に殴られるという事件があったが、学校側は殴られた5年生の女子に対しても「今回の出来事に対する反応が正しくない」として罰を負わせたと報道されている。
  • オルバーン首相の生まれ故郷であるFelcsutの自治体長であるメーサーロシュ町長はオルバーン政権になってから急激に資産を増やし、メーサーロシュ帝国とまで言われるまでに自社グループを拡大したが、2019年の地方選挙では町長に立候補しない旨をテレビのインタビューで述べた。
  • 2019年の夏までにブダペストからバラトン湖まで続くサイクリングロードが建設されることが決まった模様。
  • 初等・中等教育機関を問わず、生徒達の授業数や内容が増え続けているようで、大きな問題となっている。詰め込み教育により多くの子供はご飯を食べる時間も取れず、モチベーションを失ってしまっているとの指摘もあるようだ。(まあとにかくなんでこんな重いカバンを持っていかなければならないのだろうと思うほど子どもたちのカバンが重いです。私はお弁当+クラウドが駄目なときのためのUSB1本だけなのに・・・)
  • 100円=228.12フォリント(OTP/9月25日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月25日

現在、火曜日の午後2時より3時半まで修士1年生(日本だと大学4年生)の「対話」の授業を受け持っています。この授業では相手の意見を聞いて自分の意見や考えを見直すという活動を行っています。学生同士でも対話はできるのですが日本人の方に入っていただけるとより力が入るようです。もしお時間取れそうな方がいらっしゃいましたら学生も喜びますので授業へいらしていただけると嬉しいです。(場所などを説明いたしますので、来ていただける場合にはszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまでご連絡ください)よろしくお願いいたします。

  • ハンガリー鉄道は、Budapesten Kobanya felso, Huvosvolgy, Monor, Fuzesabonなどの駅に絵を書いてくれる10〜16歳の生徒と引率の教師によるグループを応募しているらしい。(Huvosvolgyというのは子ども列車の駅ですね。)
  • 25日、大型スポーツ用品店Decathlonが全国すべての店舗で休業する。
  • トランシルバニアの小学校でハンガリー語で話をしていた5年生の女の子がルーマニア人の6年生の男の子たちに暴行を受けるという事件が発生した。加害者の男児は「ハンガリー語が耳障りだった」と述べたらしい。これに関しルーマニアハンガリー民主連合は「(反ハンガリーを訴える)ルーマニアのメディアや一部の政治家にも責任がある」と強く批判している。
  • ハンガリーでもオンラインショッピングをする人が増えてきているがクーリングオフ制度を守らない業者がいるなど、トラブルも増え続けている模様。
  • 11月のはじめより計3年かけて地下鉄3号線の改修工事が行われるらしい。工事はいくつかの区間に分けておこなわれ工事区間では代行バスが走ることとなる。ただかなりの混乱が予想されており、自転車団体は「今こそ自転車通勤を!」と呼びかけている。
  • 10月28日にブダペストのパップ・ラースロー・アレーナで大サーカスが開催される模様(動物が100頭以上登場するそうです。)
  • 現在多くの学校で教員が足りないという問題が発生している模様。学校管理局は「教員が足りない場合、別の教員が(自分が担当しない)科目を教えることも許されるが、その場合は給与に報酬がプラスされる」と主張しているが、実際にはある教員が専門外の授業を持つ場合でも給与にプラスはされていないらしく、教員側と学校管理局側の主張に食い違いが生じている。(ハンガリー語の先生が物理を教えざるを得ない学校もあるようです。SNSで先生たちの叫びが拡散されているみたいです。たとえば60歳の英語の先生は2つの学校のすべての英語の授業を担当しているらしいです。)
  • 政府はこれまでも自らの政策が国民の支持を受けていることを示すために国民へのアンケート調査を行ってきている。10月からも欧州の移民政策に関するアンケート調査を行うようだ。(問題はどんな結果が出ても与党に都合のよいように解釈がなされ、これが国民全体の意見のように政府が主張するところです。)
  • 昔、ハンガリーの国政選挙は1回目の投票でだれも過半数の得票がなかった場合には2回目の投票で最も得票数が多かったものが当選するシステムとなっていた。この制度では例えば第1回目の投票で与党候補がリードしていても、2回目のときに野党が組んで候補を統一するなどして野党が逆転して当選するケースがあった。現政府はこれを嫌い、選挙を1回のみとした。これにより野党は国政選挙前に統一候補を立てるかどうか検討する必要にせまられているが、この調整が難航するという状況が続いている。それもあり左派野党は国政選挙の投票を(以前のような)2回にする案を出している。また現政府は周辺諸国のハンガリー系の住民が簡単にハンガリー国籍を取れるようにし国政選挙でも圧倒的支持を得ているが、左派野党の中には「ハンガリーに住んでいない者に投票権を与えるのはいかがなものか」と述べているものもいる。(まあ、いろいろ駆け引きがあるでしょうが、世論調査を見ると2010年に現政権ができて以来、ほぼ支持率はかわらず常に圧倒的にリードした状態が続いています。ブダペストに関しては与党の支持はそれほど高くないのでわかりませんが、全国的には来年の国政選挙も与党が勝利するだろうと言われています。)
  • ブダペストの聖ヤーノシュ病院では暖房が故障し患者や職員が寒さに震えている。デブレツェンの病院では産婦人科の患者の朝食がパン1つとビスケット2枚だったというニュースが流れが。(私はブダペストに住んでいませんが数年前の医療改革で私の住む町の住人はこの聖ヤーノシュ病院に割り振りられました。というわけでいざとなったらお世話になるのですが、施設を含め本当に恥ずかしいレベルです。産婦人科の例ですが妻が入院したときも同じでした。パンを握っている妻に「それ夕食の残り?」と聞いたところ「これが夕食」と言われ、あわてて自宅に戻って料理をつくったのを思い出します。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月22日

  • ブダペストのFerencvaros地区では、18の路上駐車チケット販売機で、偽チケットを販売していることがわかった。(管理会社は駐車料金は取るけれど自治体にはお金は入れたくないと考えているのでしょうか。)
  • Zavecz Researchによると、現在も与党支持率が野党に比べ圧倒的に高い状態にあるが、2018年に政権交替が可能かという質問に対しては、できるが40%、できないが37%と「できる」と答えた人の方が若干多かった。
  • 10月末からブダペストの地下鉄3号線改修工事が始まるようだ。夜や週末は3号線は走らなくなり代行バスが走るらしい。(工事が終わるのは2018年末だそうです。)
  • 21日、ブダペストの市電1号線のVajda Peter通り停留所でケンカが発生し、一時期ネープリゲトからブシュカーシュフェレンツスタジアムまでの区間で市電が不通となった。
  • 21日の23時50分より22日の午前4時までにかけてブダペストのBKVの自動販売機はカードでの支払いができなくなる模様。(ネットワークの検査が行われるそうです。)
  • 23日の土曜日の6時半〜15時半の間、マルギット橋の清掃が行われる。(車線を一部閉鎖するようです。)
  • 100円=223.28フォリント(OTP/9月21日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月21日

  • 19日、陣痛の始まった母親が救急車を呼んだが、国道4号線を走っている最中に出産が始まってしまい、救急車で赤ちゃんが生まれるという出来事があった。(生まれそうだったので救急車を止めて赤ちゃんを取り上げ、その後病院に向かったそうです。)
  • ブダペスト地下鉄3号線の改修新型車両にはエアコンが設置されておらず市民の不満の種となっている。これに対しタルローシュ市長は「私は若い頃、何度も地下鉄3号線に乗車したがエアコンの必要を感じたことがなかった」とコメントしたが、BKVとロシア側はエアコン設置についての検討を始めることにした模様。ただエアコンを設置するためにはそれほど簡単ではないようだ。(市長のコメントはひどいですね。・・ただ今は市長自身もエアコンがあった方がよいと言っているようです。)
  • Budaorsには、Auchan, Ikea, Decathlon, Tesco, Kikaを含めたくさんの大型店舗があるが、森林1.5ヘクタール分の木を切り倒してBauhaus(ホームセンター)を建設する話も出ている模様。市民はこれに反対運動を起こし市長を強烈に避難している。
  • ハンガリー警察によると、今年1〜8月までの交通事故数は昨年とほぼ同じ数だとうあdが、死亡事故だけを見るとその数が増えているとのこと。(運転には気をつけましょう。)
  • 今年7月の平均月収(グロス)は30万3000フォリントと、昨年同時期の13%増となった。(これだけ見ると結構上がっている感じですよね。)
  • UEFAは2019年の女子サッカーのチャンピオンズリーグ決勝をブダペストのGroupama Arenaで行うことを決定した。(女子サッカーにもチャンピオンズリーグがあるのですね。)
  • Pusztadobosという待ちで(事情ははっきりしないが)誤ってガス管を切ってしまい町中にガスが広がるという事故があった模様。このため付近の幼稚園では園児や先生が避難したようだ。
  • 2015年4月にミシュコルツの専門学校で同級生同士のけんかが発生した。このけんかは授業中もそして放課後も続き、また学校の備品を壊したりもしたので刑事事件となった。この裁判の判決が言い渡され、前科がなかったことから、社会奉仕を罰として行うことになった模様。(校内のけんかの裁判に2年以上かかるのですね。)
  • 100円=223.35フォリント(OTP/9月20日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月20日

  • デブレツェン大学はプーチン大統領に名誉市民の称号を与えることを決めたが、その後、複数の学科がこれに反対する意見を表明していた。これに関し学長が大学の決定に反対する学科の教員を呼んで対話を行うと発表した。ただ、何のために対話を行うのかは書いておらず不安に思っている教員もいるらしい。
  • 国家選挙管理局は外国に住むハンガリー人に対し10月に来年行われる国政選挙に関し投票ができるよう登録するように呼びかける手紙を送る模様。(現政権は特に周辺諸国のハンガリー人に圧倒的な指示を得ていますから、彼らの関心を高めることは重要です。)
  • 学生が国から借りられる返済型奨学金(学生ローン)は生活費用のI種と学費用のII種があるが、政府はII種に関して無利子とする方針を明らかにした。またI種に関しても月に借りられる額を5万フォリントから7万フォリントに引き上げる模様。(I種の利息は2.3%です。)
  • 中銀の金融理事会は政策金利に関する会議を行い、0.9%の金利の据え置きを決定した。
  • 100円=223.09フォリント(OTP/9月19日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月19日

  • 格安航空会社Ryanairは、先週金曜日にいきなり10月末まで毎日40〜50便をキャンセルすると発表し利用者が混乱している。キャンセル便にはブダペストとイギリスを結ぶ便も含まれている。この措置の背景には、従業員の休暇がうまく消化できていないことなどがあるようだ。(来年からは休暇の取り方のシステムを変更するそうです。)
  • 中央統計局によると2016年10月1日時点におけるハンガリーの人口は980万4000名と2011年の世論調査時に比べ人口が13万4000名減少したことがわかった。また高齢化も進んでいるという。
  • ハンガリーでは横断歩道での事故を防ぐため、歩行者が横断歩道を渡ろうとすると横断歩道横のライトが光り、車が歩行者に気づきとまる・・という「スマート横断歩道」の建設が始まっている。
  • 19日、キシュペシュトと西駅の間の架線が故障し列車が一時運行できない状態となった模様。(この間、列車のチケットでキシュペシュトから西駅まで地下鉄3号線が利用できたようです。ただ荷物が多いと大変ですよね。)
  • 軽油が20日より1リットルあたり2フォリント値上がりする。ガソリンはそのまま。
  • 100円=224.20フォリント(otp/9月18日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月18日

  • ハンガリー鉄道はレールの研磨、プラットフォーム横の草刈り、架線、除雪などのために陸上でもレールでも走れる車両を購入した模様(Mercedes-Benz Unimog U423という車両だそうです。)
  • メルケル首相は、ドイツ紙のインタビューで欧州裁判所が難民分割受け入れに対するハンガリーやスロバキアの異議を却下したことについて触れ、EU各国がお互いに協力しあわなければならない点を強調した。これに対しシィヤールトー外務大臣は「ハンガリーはシェンゲン国境を守っており、これはドイツの利益にも繋がることである。この点よりハンガリーはドイツの強い強力関係にある」とコメントした。/li>
  • 先週の週末、気候やモデムの問題でハンガリー各地でケーブルテレビのUPCによるインターネットサービスに障害が出た模様。(今の時代、ネットが繋がらないというのは大きな問題を生みますね。)
  • SzerencsejatekZrtが「過去120年における最も偉大なスポーツにおける成功」に関するアンケート調査を行った。結果、競泳のエゲルセギ・クリスティナ選手のオリンピックにおける5つの金メダル獲得が1位となった。2位はハンガリーサッカー黄金チームによる(アウエーでの)対イギリス戦での6−3の勝利、3位は競泳のホッスーカティンカ選手のオリンピックにおける3つの金メダル獲得となった。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月15日

  • FIFA最新サッカー世界ランキングでハンガリーは順位を3つ下げ59位となった。(また日本よりはるか下になってしまいました。)
  • 最近ブダペストの市電1号線で、麻薬使用者と思われる人物が現れるケースが発生している模様。14日もあるFacebookに1号線の停留所で麻薬接種によりひっくり返っている数名の姿が映されたビデオをアップロードされていたようだ。(他者に対して攻撃的な態度を取る人もいるらしいです。)
  • 省や首相公務室をブダ城に置く計画の一環として、ハンガリー国王にもなったハプスブルグ・ヨーゼフ(ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒ)のためにつくられた杖を5400万フォリントかけて購入する予定があるとのこと。
  • 国家食品安全局は280の卵・玉子製品の検査を行った。結果2つの商品について軽い汚染が見られるとして販売停止の措置をとった。
  • アメリカのトランプ大統領が誕生した頃、シイヤールトー外務大臣は「オルバーン首相がホワイトハウスを訪れるのもそう遠くはない」とコメントしていたが、現在のところトランプ大統領とオルバーン首相の会談は実現していない。これに関してシイヤールトー大臣は「会談する必要がある話題があればもちろん会談するが、現在はそのような状況にはない」との態度を示している。
  • 14日、西側より徐々に嵐が発生し、ジュール・モション・ショプロン県では545世帯で停電となった模様。
  • HVGによると、昨年発生した死亡事故数を見ると、国道4号線(ブダペストから東に伸びています。)と6号線(同じく南)が死者12名と最も危険な道路であるらしい。ただキロメートルあたりの死亡者数で見ると、国道2号線(北)が最も危険なのだそうだ。(国道8号線(西)も同じように危険なのだそうです。)
  • 100円=227.04フォリント(OTP/9月14日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月14日

  • BKKはチケットコントローラーにカメラを設置することを計画している。まずはこの提案について市民の意見を聞き、その後導入に向けて動いていくようだ。
  • ブダの王宮で最も古い教会の1つが13世紀にゴシック様式で建てられたマリア・マグドルナ教会である。残念ながら現在は塔しか残っておらず、塔もかなり状態もよくなかったようで改修工事が行われていた。この工事が無事終わったようで再び塔の中に入れるようになった模様。
  • ブダペストでは8月18日より、大気の汚染度測定装置に問題があるようで、データが入手できない状況となっている。これに対し当局は測定は行われているが、情報システムの問題でwww.levegominoseg.huでデータが公開できていない状態にあると回答した。
  • 15日よりガソリンが1リットルあたり3フォリント値下がりする。軽油はそのまま。
  • 100円=226.25フォリント(OTP/9月13日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月13日

  • 13日より軽油が1リットルあたり2フォリント値上がりとなる。ガソリンはそのまま。
  • 欧州各国は交通事故による大きな事故を防ぐために市内の道路の制限速度を時速30キロに制限するための調査・検査を行っている。ハンガリーもこの措置には基本的には同意しており、今後制限時速を30キロにする場所も出てくるようだが、全国一律化はするつもりはない模様。
  • 夏の世界水泳が終わったら、鎖橋やトンネルの改修工事が始まる予定だったが、工事開始時期が2018年頭にずれたようだ。(工事に2年半かかるそうです。)
  • ハンガリーでは6月20日より林や森、あるいはその周辺200メートル以内の区域で火をつけることが禁止されていたが、この措置が解除された。
  • 100円=225.91フォリント(OTP/9月12日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月11日

  • ハンガリーはルーマニアとクロアチアのOECD加盟を指示しないことを決定した。ルーマニアに関してはmarosvarashelyでのカトリック学校の閉鎖(そしてハンガリー語での教育の制限)がその背景にあり、クロアチアはMOLに対するクロアチアの政策がその背景にあるようだ。クロアチアはハンガリーのこの決定に対し強く反発している。
  • クロアチアの観光協会ブダペスト支局によると、今年1〜8月までのハンガリー人のクロアチア訪問数や宿泊数が昨年全体の記録を上回った模様。
  • ブダペスト14区は9月1日より英雄広場周辺に有料駐車場区域の設定をした。この決定により英雄広場周辺では週末も8〜18時の間は路上駐車が有料となる。(無料になるのは12月23日から1月2日までだそうです。(動物園周辺が最も高く1時間525フォリントになるようです。
  • 来週は月曜日はまだ気温が上がるが天気はそれほどよくなく、火曜日以降は気温も下がる模様。
  • 救急車を呼ぶための電話番号が112となり、全国どこからかけても同じセンターが電話を受けることになる模様。ただ、ここのところ救急車を呼んでもセンターが場所を間違え別の場所にある同じ名前の地域に救急車を送ってしまうケースが発生しており、市民は不安を募らせている。
  • 10日、ブダペストではWizz Airハーフマラソンが行われ、午前中くさり橋や自由橋も一時閉鎖となった。(私が住む町でも8日から11日までの予定でお祭りがあります。11日は学校もお休みです。)
  • 9日、従業員が待遇改善を訴え、全国のTescoでストが行われた。120箇所でストがあり、27のTescoでは顧客が満足できるサービスが保障できないとして店が開かなかった。組合側は更なるストライキの実施も考えている模様。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月8日

  • termalfurdo.huは大型、中型、小型遊泳施設という3つのカテゴリーで最も人気のあったプールを選出した。これによると大型はHungarospa Hajduszoboszlo(欧州1大きいのだとか)、中型はDmjeni Termal Volgy、小型施設はセンテンドレのV-8がそれぞれのカテゴリーで最も人気があったようだ。
  • 今週土曜日にブダペストのラーコーツィ橋の清掃作業がある。このため車線が制限されるなど交通規制が敷かれる模様。
  • 与党Fideszのコーシャ国会会派長は、同ポジションを離れ(省がない)大臣になることを認めた。
  • デブレツェン大学評議会はロシアのプーチン大統領に名誉市民の称号を与える決定をしたが、これまで2つの学科がこの決定に反対の意を示していた。ここにきて新たに2つの学科が反対の意を示した模様。
  • 欧州司法裁判所が、難民分割受け入れに関するハンガリーの訴えを退けたことに関し、オルバーン首相は「ハンガリーの歴史的伝統や欧州法にも適合しておらず、これは結束ではなく強制だ」と強く批判した。
  • ハンガリーでは今後高速道路と自治体をつなぐ自動車専用道路の建設が進められていくが、最近自動車専用道路での事故が多発しているという。これに関して専門家は「片道2車線ある自動車専用道路は安全に見えるが、追い越しが難しくこれが事故に繋がっている」とコメントした。
  • 100円=226.75フォリント(OTP/9月7日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月7日

  • 6日、欧州連合司法裁判所はEUが2015年に決定した12万人の難民の分割受け入れに異議申し立てをしていたハンガリーとスロバキアの訴えを退ける判決を下した。(これでハンガリーは1294名の難民を受け入れる義務を負うことになったようですが、実際には異議申し立てをしなかった国も実際にはあまり受入れをしていないようで、実際にすぐ難民をハンガリーに入れるというわけではないみたいです。)
  • ルーマニアはシィヤールトー外務大臣がブカレストを訪問した翌日にトゥルグ・ムレシュ(ハンガリー語ではMarosvasarhely)の(ハンガリー語で授業が行われているい)カトリック高校の運営停止を決定した。同学校の生徒たちは別の学校に振り分けられることになるがハンガリー語での教育ができなくなるらしい。この自体にシィヤールト大臣はルーマニア大使を呼びつけ遺憾の意を表明した。またルーマニアのOECDなどの加盟運動の指示を一時凍結することなども決定した。
  • 100円=227.91フォリント(OTP/9月6日)
  • ロシアのプーチン大統領に名誉市民の称号を与える決定をしたデブレツェン大学で、無料ロシア語講座を開始するらしい。
  • 子どもたちが学校の他に英語やドイツ語の先生につくことはまれではないが、最近では60分の授業で3000〜5000フォリントとるのが普通になっているらしい。なお、専門家によると、子どもが先生に1対1で教えてもらっている場合、家で授業に関する問題を質問してみたり、宿題は何かを聞けば、すぐにその教師が効果的な授業を行っているかわかるとしている。
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月6日

  • Website Builder Expartの調査によると、欧州の中で最もインターネット犯罪に巻き込まれる危険性が高い国はマルタであったのこと。ハンガリーも9位とワースト10に入った。
  • ワールドカップ予選でハンガリーは10月にアウエーでスイスと対戦するが、このチケット引換券の販売が5日より始まった。(1万1000フォリントだそうです。meccsjegy.mlsz.huで買えるそうです。)
  • 政府は射撃場(スポーツ射撃)をもっと発展させるプログラムを開始し、今後全国で100箇所の射撃場がつくられる模様。
  • Times Higher Educationの世界ランキングでセンメルヴェイス医大が401〜500位のランクに入った。(ELTEやセゲド大学、ペーチ大学が601〜800位にはいています。また801〜1000位にブダペスト工科経済大学、コルヴィヌス大学、デブレツェン大学が入っています。)
  • ブダペストのコルヴィン遊歩道にバッドスペンサーの銅像が立てられることとなった。(彼の誕生日の10月31日に立てられるそうです。バッドスペンサーはハンガリーでとても人気でした。)
  • 100円=227.98フォリント(OTP/9月5日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月5日

  • ウーイペシュト発電所の管轄区域で7日午前0時より8日午前7時まで検査のため集中暖房を利用している家庭に温水が流れなくなるらしい。
  • 6日よりガソリンが1リットル当たり9フォリント、軽油が6フォリント値上がりする模様。(かなりの値上がりですね。)
  • 4日、タルローシュ・ブダペスト市長は地下鉄3号線改修工事に関する契約書にサインをした模様。(地下鉄3号線は通勤でも使うので、どうなるかちょっと心配です。)
  • デブレツェン大学は評議会が9割の賛成でロシアのプーチン大統領に名誉市民の称号を与えることを決定したが、ここにきて憲法学科や化学学科などがこれに反対することを表明しており、大学内でも揺れがおきている模様。
  • チョングラード県の県議会が、首相府の提案により県名をチョングラード・チャナード県に変更する決議を行った。これに関しラーザール首相府担当大臣もこれに関する決定案を国会のホームページに掲載した。(このままいくと2020年6月4日に県名が変わるようです。ハンガリーには、例えばコマーロム・エステルゴム県などいくつかの地域の名前が併記されている県があります。)
  • 100円=226.65フォリント(OTP/9月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月4日

日本人学校の運動会、あいにくのお天気でしたが生徒さんたちとてもがんばっていました。息子も「他学枠」で参加しました。土曜日までリスボンの学会に参加していたのですが、日曜朝5時にブダペストに着く飛行機に乗って私も自分の子が楽しく運動会に参加する姿を見ることができました。

  • ワールドカップ欧州予選でBグループに入っているハンガリーは現在グループ3位となっているが3日、ホームでポルトガルと対戦した。(前半ハンガリーが1人退場してしまい、0対1で敗れてしまいました。)
  • ブダペスト西駅周辺では地下鉄3号線工事時の代行バス走行のための準備作業が行われるため4日からも一部の車線の走行が制限されるなどの措置がとられる模様。
  • ハンガリーの法律が変わり、ジュールなどの自動販売機に税・関税局へのオンラインシステムを組み込む必要があるらしい。この作業は今後行われるようだが、これを望む自動販売機は新たに登録が必要となっている。この期限が8月末だったのだが、情報によると全国に3万8000台ある自動販売機のうちこの登録を行ったのは2万5000台とのことだ。(もしかすると機械そのものを新しくするのかもしれないですね。)
  • 3日にぐっと気温が下がったが、今週は前半はかなり涼しい日となるものの、週末には地域によっては最高気温が30度に近づくところもあるようだ。
  • 全国的に初等・中等学校の教員不足が問題化しており、人材派遣サイトでもかなりの数の教員を募集しているようだ。ブダペストの小学校でも入学式の前日になっても新1年生の担任をする教員が見つかっていないところもあったらしい。(教育の問題は難しいです。)
  • Varpalota(ヴェスプレームに行く途中にあるきれいな町)でお祭りがあったが、移動遊園地の大型ブランコが壊れけがにんが出た模様。当時現場はかなりのパニックになったようだ。(一部報道では5人がケガをし、1人はかなりの重傷だとのことです。私の住む町も来週の週末お祭りで、すでに移動遊園地が来ています。事故がないことを祈ります。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)