ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

コラム

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしたものです。

ハンガリーを知る01
ハンガリーを知る02
ハンガリーを知る03
ハンガリーを知る04
ハンガリーを知る05
ハンガリーを知る06
ハンガリーを知る07
日本人の知らない日本1
日本人の知らない日本2
日本人の知らない日本3
日本人の知らない日本4

学士課程の学生が書いたコラムです。ハンガリーについていろいろ知ることができます。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

カーロリ大学紹介( 2017)

茨城大学のみなさんによるカーロリ大学紹介です。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カポシュヴァール
カーヴァ
キシュクンフェールエジハーザ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケストヘイ
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ
タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
デブレツェンの花のカーニバル
ドゥナケスィ
ドゥナウーイヴァーロシュ
ドボゴークー
ドモシュ
トロクバーリント
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
ハイドゥーソボスロー
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ
バラトンフェルヴィデーク
バラトンセントジュルジ
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
へーヴ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レーティマヨル
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
▼9月。新年度開始です。今年度もゲストの方に来ていただきたい授業があります。(後ほどこの場を借りてお願いする予定です。)▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
リーヴィース安奈さんという方と知り合いになりました。彼女は私の勤めるカーロリ大学の近く (Kiralyi Pal 通りと Bastya 通りの角) で 「Macska Homloka(猫の額)」という名前の小さな画廊を経営しています。ハンガリー語ですが彼女についての記事もあります。(少し古いですが日本語の情報だとこちらで読めます。)
ガイドブック紹介を再開いたします。今回紹介するのはガールドニです。ぜひご一読ください。

9月21日

  • ハンガリー警察は21日と22日、ハンガリー全土で交通取締を行う模様。特に運転中の携帯使用に注意を払うようだ。
  • ブダの聖ヤーノシュ病院で、保育器にカメラを設置し、家族が保育器の中にいる赤ちゃんを見ることができるサービスがスタートした模様。
  • 革新・技術省は、ハンガリー人の外国語能力を上げるために、字幕映画を増やしていく方針を明らかにした。(日本も洋画はずっと字幕でしたけど、それで外国語能力が上がったようなことはなかった気が・・・)
  • Negroと言えばハンガリーを代表する飴の1つだが、来年7月より生産拠点をジュールからトルコに移すことになった模様。
  • 21日はまだ最高気温が30度を超えるところがあるが、22日には最高気温が10度も下がる可能性があるらしい。(来週には朝晩には暖房が必要になるかもしれないですね。)
  • 教員組合によると、来週に学校管理局との話し合いを持ち、実際にどの程度の教員が足りていないのかを明らかにするとのこと。(人手不足で、本当であれば雇いたくないレベルの教員も雇うしかない状況にもなっていると聞きます。そう考えると、単に教員が何名足りないかという問題でもなさそうです。)
  • ELTE(エトボシュロラーンド大学)で経済史・社会史学科が文化史学科に吸収されることがわかった。国から送られてきた総長の意向によるもので、予算の問題が背景にある模様。
  • Medianの調べによるとハンガリー人の17%が第一の移動手段として自転車を選んでいるらしい。この割合はデンマーク・オランダに次いで欧州で3番目の高さなのだそうだ。その他のデータとしては、「自転車を第一の移動手段として選ぶとき、その移動目的で一番多いのは買い物である。」「7割のハンガリー人が何らかの頻度で自転車に乗っている。」「67%が自分の自転車を持っている。」などがある。
  • 100円=236.96フォリント(OTP/9月20日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月20日

  • BKKは、2019年3月に投入する新しいトロリーバスの発注しており、すでにポーランドの工場で組み立ても始まった模様。(10台の普通、11台の連接トロリーバスが投入されるようです。写真で見ましたが、なかなか恰好いいです。)
  • ニュースサイトBorsによると、9月に入ってもリスト・フェエンツ国際航空で空港職員が乗客のスーツケースから金品を奪う事件はおさまっていない模様。多くの場合、警察が現場に駆け付けるのが遅くなってしまうため、すでに乗客は空港を後にしており、刑事手続きが取れず、泣き寝入りになっているという。警察は犯人の割り出しを行おうとしているが、盗んだ金品は素早く第三者に渡されてしまうようで、なかなかしっぽがつかめない状況にあるようだ。(とんでもない話ですよね・・)
  • ブダペスト南駅では夏のダイヤが終了した後、2週間ほど改修工事のため閉鎖される模様。
  • 欧州委員会はハンガリーに対する制裁に向けた手続きをスタートさせているが、ハンガリーはStop Soros法案パッケージは欧州を守るためのものとして、これを撤回する予定はないことを欧州委員会に伝えた模様。
  • 少数民族や難民の基本的人権を保護する団体であるヘルシンキ委員会は、ハンガリーの「(不法)移民支援者へのサポートを刑事罰の対象とする」とする刑法に大きな問題があるとして、憲法裁判所ならびにストラスブールの欧州人権裁判所に訴えを起こした。
  • 高齢化社会リサーチネットワークがOECD35カ国のうち18カ国を対象に高齢者に対するサポート度調査を行った。結果ハンガリーは100点中23点で最下位となった。(下から2番目がポーランドですが、それでも31点あります。日本は5位の59点でした。)
  • 現在ハンガリーでは5%が自宅で働いているが、ハンガリー通信社によると、これを望んでいる人は55%にもなるらしい。
  • 100円=238.14フォリント(OTP/9月19日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月18日

  • 政府は(ハンガリーに対する制裁手続きをすべしとする)サルゲンティーニ提案が可決された際に、棄権票の存在を無視したとして欧州裁判所に訴える模様。
  • 水に溶かして飲むカルシウムタブレットCalcium-Sandozに規定以上の水銀が含まれているとの問題があった。最初は一部の製品のみが対象であったが、その後の調査の結果、すべての種類の商品の販売が停止となった。
  • 政府のサイトkormany.huが外国からDDoS攻撃を受けた(複数のIPを使っての大量のデータ送り付け攻撃のことのようです)。
  • 人材省が管轄する文化施設(オペラハウス、国立博物館、芸術宮殿など)は、今後、その48時間前に人材省の許可を取らなければ、インタビュー、記者会見、意見書などを出すなどの行為を行ってはならないという命令が出された模様。
  • 19日、ガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が3フォリント値下がりする。
  • ブダペスト5区のスポーツ施設の工事現場で地下800メートルから温泉が湧きだした。(温泉としての機能だけではなく、暖房や水を温めるのにも利用できるそうです。)
  • 100円=240.29フォリント(OTP/9月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月17日

  • ヴァルガ金融大臣は、2017年に政府は前年よりも235億フォリント多い2880億フォリントを各家族へのサポートに回し、1夫婦あたり年間で平均26萬2000フォリントの税金を支払わなくても済んだと政府の成果を強調した。(ハンガリーは社会的弱者になると一気に生活がしにくくなるという特徴があります。例えば医療などがその典型です。こういう問題についてももっと改善してもらいたいところです。)
  • 革新・技術省は9月末にプラスチック袋の使用量を激減させるための法律案について公開すると発表した。(2021年から完全に使わなくする方針のようです。ストローも使われなくなるでしょうか。)
  • EUでハンガリーの反民主化の動きに対する制裁措置の手続きが始まったことを受け、16日午後、左派野党がブダペストで共同反政府デモ集会を開いた。一方、与党は「いまだに国民がどちらを選んだかをわかっていない」と批判した。(左派野党はこれからデモ・集会を断続的に続けていくそうです。今のところあまり人は集まっていないみたいですけど、今後風向きは変わるのでしょうか。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月14日

  • 欧州委員会はサマータイム廃止案を出しており、これが可決されれば来年からサマータイムが廃止される。今後1年中サマータイムとするか、ウインタータイムとするかは各国が決められることになる模様。もしこれが決定されると、2019年3月31日が最後のサマータイムへの切り替えとなり、1年中ウインタータイムとする国は、10月27日にウインタータイムにし、あとは各国ともそのままの時間にするようだ。
  • 政府はコルビヌス大学が来年より、政府の基金が運営する大学となると発表した。(世界トップ200の大学にするために国がお金を管理するのだそうです。)
  • 政府はハンガリー科学アカデミーの経済センターの研究が一定のレベルに達していないとして廃止したい考えを示した。
  • Sargentini提案書が可決されたことを受け、左派野党はそれぞれ16日にデモを行うとしていたが、共同で午後4時よりマルギット橋近くのBem広場でデモを行うことを決定した。(ただ場所はそれほど広くなく、参加すると意思表明している人の数はそれほど多くないみたいです。)
  • リスト・フェレンツ国際空港2Bターミナルに、これまでのものにつなぐ形で新しい出発ロビーフロアが完成した。
  • 政府は、家族手当に関する新しい国民アンケートを実施すると発表した。
  • Arena Plazaは南アフリカのNEPI Rockcastleが買収しArena Mallとなったが、同社が今度はMammutを買収した。、
  • Gyor-Moson-Sopron県のCsornaという町のラウンドアバウトの中心に大きなルービックキューブの像が設置された。
  • 今週末はヨーロッパ・モビリティ・ウィークでアンドラーシ通りが歩行者天国となり、また英雄広場では騎兵隊競馬が開催される。このため14日の午後4時よりブダペスト中心では交通規制が始まる。
  • バログ前人材大臣が国会議員を辞任する模様。(元々プロテスタント教会の関係者で宗教の仕事に影響がない仕事は今後も続けていくそうです。)
  • 100円=239.82フォリント(OTP/9月13日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月13日

  • ▼法治国家としてのハンガリーの在り方がEUの理念に反するとしてEU加盟国の権利に制限を与える制裁を求めるSargentini提案が欧州議会で可決された。▼今後は、欧州評議会がこの件を進めることになる。評議会はハンガリー側の主張を聞き、何等かの案を出す。評議会とハンガリーの間の話し合いには期限がないが、他国がこの話し合いの結果に納得がいかない場合、投票が行われる。この場合加盟国の5分の4にあたり22カ国が制裁の賛成すれば、それが有効となる。その後、評議会がハンガリーの国の状況に変化がなく、その時点でも制裁に値するかを調べ(期限なし)、もし状況が変わっていないとの判断となれば、制裁内容について話し合いがもたれることになる。(既にポーランドも、評議会との話し合いの段階に入っている)▼Sargentini提案は議会の3分の2の賛成で可決されたのだが、棄権票も入れるとそれに足りないとしてスィイヤールト―外務大臣などは「不正だ」と発言している。(自分たちも投票率が5割に達しなかった国民投票で、投票した人の9割以上が政府を支持したので、国民すべてが指示している・・なんていっていたので説得力はないです。)▼Sargentini提案が可決された影響でブダペスト株式市場の株価が値下がりし、フォリントもフォリント安となった。▼与党はヴェレンツェで2日間の会派会合を行い、Sargentini提案に対する反論や今後の対応について考える模様。▼左派野党は16日に反政府デモを行う予定。(11日の欧州議会での議論を少し見ましたけど、各国は難民の問題だけではなく、オルバーン政権が富をオルバーン首相に近い人たちに集中させたりしている点も避難していました。一方、オルバーン首相は移民・難民問題に対してのみ反論していました。メディア、教育・研究、司法を強くコントロールしてきたのは事実なので、こちらをもっと浮き彫りにしてほしいです。
  • 10月よりリスト・フェレンツ国際航空の駐車場を立体駐車場にする工事がスタートする模様。2020年に完成するようだ。(立体駐車場から直接ターミナルビルに行けるようにするみたいです。まあ駐車場もいいのですが、空港内の施設、お店やレストランももう少しほしいです。)
  • 初等学校6年生と7年生は、今月ジフテリア・破傷風混合ワクチンの予防接種と、麻疹・流行性耳下腺炎(ムンプス)・風疹の予防接種を受けるらしい。(注射、こわいです。)
  • GyorのインタースパーのLiu's Cookingという中国レストランに行くとロボットウエイターと会えるらしい。
  • Wizz Airはブダペスト・ブカレスト便の廃止を発表した。
  • ハンガリー鉄度の切符は、窓口で買うのが一番高く、自動販売機で買えば少し割引、更にアプリで買えばもっと安くなるが、この割引制度を利用して今年だけでも乗客は合わせて6億フォリントを倹約できた計算になるらしい。(私も通勤で電車を利用するときがありますが、地元の駅から乗るときは窓口なので高め、帰りは自動販売機があるので休めです。)
  • 100円=242.24フォリント(OTP/9月12日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月12日

  • 中欧統計局によると今年8月の物価は1年前と比べ3.4%高かった模様。
  • 今年7月の宿泊施設の延べ宿泊数は昨年同時期に比べ1.3%増であった。国内旅行者の宿泊数は少し減少したのだが、外国人の宿泊数がかなり伸びたようだ。
  • エトヴォシュ・ロラーンド大学(ELTE)の寮で火事が発生した。けが人などはなかったが、45名が別の施設に移らなければならなくなった模様。(日本人留学生も被害を受けたでしょうか・・・)
  • U-21のサッカー欧州選手権予選リーグでハンガリーはベルギーに敗れた。ハンガリーはグループAで4位につけてはいるが、今回の敗戦で欧州選手権の本戦だけではなく東京オリンピックの出場権も逃すこととなった。
  • 8月のリスト・フェレンツ空港利用者数が150万人を越え、史上最高を記録した。
  • オランダの緑の党のJudith Sargentini氏が作成した提案書(Sargentini提案書)はハンガリーのオルバン政権の強権化・移民らの受け入れ拒否・司法の独立性の弱体化など、欧州連合の精神に反しているとして、ハンガリーに対する制裁発動を提案している。11日はこの提案書についての議論が行われたが、ハンガリーはかなり苦しい立場に追い込まれているようだ。(提案書にペーチ大学やELTEから情報を得たようなことが書いてあり、これも問題となっているようです。)
  • 100円=243.04フォリント(OTP/9月11日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月11日

  • 現在警察が使用している、速度取締機は、1800メートル先の車の速度も測れるのだそうだ。(特に明るい色の車の速度が測りやすいようです。また機械を警察車両に積み、走行しながら計測を行ったりもしているそうです。)
  • Calcium-Sandozと言えば、カルシウムの入ったタブレットで水に溶かしてのむものであるが、この中に含まれているある成分が基準値を超えているとかで、販売を一時停止することとなった模様。
  • タタバーニャのブリジストンが、工場を拡大した模様。新たに100名分の雇用が生まれ、サプライヤーにとってもよい影響を与えているとのこと。
  • ブダペストに水道が完備されて150周年ということで、デアーク広場に水の入った不思議な柱が置かれている。(ハンドルを動かすと水流が発生するようなもののようです。)
  • ハンガリーで難民認定されたアフガニスタン人の18歳の男性が9日午前3時ごろ、ブダペスト5区のファストフードショップのトイレで性的暴行事件を起こし、その後逃亡しているらしい。警察はこの犯人に行方を追っている。
  • ブダペストのセール・カールマーン広場裏にある郵便宮殿が現在改修工事中であるが、金融博物館として生まれ変わるらしい。
  • 今年8月のブダペストの各プールの総入場者数が2002年以来となる50万人越えとなった模様。
  • 現在、欧州全体でディーゼル車の販売数が減少しているが、ハンガリーでも昨年に比べ5%の減少となった。
  • 教員組合は教員不足を嘆き、教師が高齢化している中で、今後大量の定年退職者が出ることが予想されているが、政府は、子供たちの数が減り続けているのにもかかわらず、教員の数は増えており、今年の大学入試でも教員養成学部は3番目の人気であったことから、大きな問題にはならないと立場を示している。
  • V4(チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド)の結束を図るため、今後、ブダペスト・ワルシャワ間の高速鉄道も建設されることになる模様。
  • ハンガリーでは、大きな自動車学校はなく、道交法の試験に合格した者が、路上で車に乗って運転を習う形式となっているが、ここ5年間に売り上げは上がっているものの、利益は下がっている状況が続いているらしい。この背景には、経費が非常にかかる一方で、1時間の授業料をあまり高く設定できないという事情があるようだ。(西側ヨーロッパでは1時間の授業で50ユーロとるようですが、ハンガリーでは10ユーロ強が相場とのことです。)
  • 100円=243.34フォリント
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月5日

  • Indexは学校管理局(Klik)の情報として現在4300名以上の教員が不足していると報道した。一方、学校管理局は17万名の教師の枠の1〜2%が足りないだけであり、報道されているような大きな問題はないとしている。(我が家の子どもたちの学校を見る限り、問題がないとは言いにくいですけど・・ちなみにinforadioの情報だと、教員の平均年齢は47歳で、教員養成課程に通う学生の45%は卒業できず、卒業できたものの3割は教員になっても1〜2年で辞め、5年後には更に3割が辞めるのだそうです。2017年に科学アカデミーが発行した資料でも教員の高齢化が進み、若い世代になるほど教員に占める割合が減少傾向にあることがわかっています。)
  • 空港警察は2日、乗客を装い空港内に入り、飛行機に乗るふりをして階段に身を隠し、飛行機の貨物室を観察した。そして、貨物室で乗客の荷物より金品を奪っていた職員を現行犯で逮捕した。(仕事で先週末から今日までに7名の日本人の方と会いました。このうちの2名はハンガリー永住組ですが、残りの方5名全員がハンガリーの空港、あるいは外国からハンガリーへ空路で移動した際にスーツケースの鍵を壊された経験があると言っていました。なんか恥ずかしくなりました。)
  • 10月1日より1週間の高速券が値上がりする模様。(普通自動車が2975フォリントから3500フォリントに、マイクロバスが5950フォリントから7000フォリントに、バスが1万B38Dフォリントから1万5500フォリントになるそうです。)
  • 税・関税局によると、今年上半期のたばこ消費量は46億本とのことで、今年は70億本を超えると予想されている。これまでたばこの消費量は減ってきていたが、ここ最近では初めて消費量が前年度を上回るようだ。この原因の1つとして専門家は「違法タバコが減ったからではないか」と推測している。
  • 100円=246.22フォリント(OTP/9月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月4日

  • 5日、ガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が4フォリント値上がりする。
  • 現在ハンガリーで(クレジット・デビッド)カードを利用している人のうち、できるだけ現金では支払わないようにしている人は4分の1いるらしい。これは2016年から見て10%増なのだそうだ。
  • Nezopontによると、現時点での政党支持率は与党(Fidesz-KDNP)が41%、Jobbikが10%、MSZPが6%、DKが4%と、国政選挙前に比べても与党支持率が上がっている模様。(浮動票は32%です。)
  • 夏の間行われてきた蚊の駆除が8月で終了した。(72万9000ヘクタールで駆除を行ったようです。)
  • 官報によると、政府は現在も引き続き「大量移民流入による危機状態」にあるとしている模様。(この措置を続けないと2015年の大量移民流入時と同じになってしまう・・というのが理由のようです。)
  • 100円=244.91フォリント(OTP/9月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

9月3日

  • 今年上半期のオンラインによる小売額が1800億フォリントにたっした模様。この額は2017年同期より250億フォリント多いらしい。
  • 1日の夜、ハンガリー全土で嵐となり各地で被害が発生した。(私も1日はブダペストにいたのですが、道路があちこちで冠水し、乗っていたバスが前になかなか進まなかったり、市電が運航停止になったりで、帰宅するのに非常に時間がかかりました。)
  • ハンガリー睡眠協会は、サマータイムにより1年に2度時計の針を動かすことは、人体の健康に大きな影響を及ぼすと主張している。一方で、1年中サマータイムにすると12月には学校での1時間目の授業は職場での仕事開始を夜明け前に行わなければならない時期が出てくるため、これについても賛成できないとしている。(1年中、もともとの冬時間で過ごすのが一番よいとのことです。ただ、欧州委員長は1年中サマータイムがよいと言っています。)
  • 長かった夏休みも終わり、3日より初等・中等教育機関では新年度がスタートする。
  • Ipsosの調査によると、ハンガリー人消費者の86%はハンガリー産の食料品を買おうとは思ってはいるものの、それを実際に実行しているのは全体の3分の1にとどまることが明らかとなった。(実際には買わないものの、86%ハンガリー産にこだわっている点に少し驚きました。そういう私もスーパーなどで、ちょっと値段が高くてもハンガリー産のものを選んでしまう・・ということがあります。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)