ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

コラム

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしたものです。

ハンガリーを知る01
ハンガリーを知る02
ハンガリーを知る03
ハンガリーを知る04
ハンガリーを知る05
ハンガリーを知る06
ハンガリーを知る07
日本人の知らない日本1
日本人の知らない日本2
日本人の知らない日本3
日本人の知らない日本4

学士課程の学生が書いたコラムです。ハンガリーについていろいろ知ることができます。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

「前橋市の紹介(日・ハン)」

NHKでも紹介された前橋市の日本語・ハンガリー語併記のパンフレットです。

カーロリ大学紹介( 2017)

茨城大学のみなさんによるカーロリ大学紹介です。

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
エールシェクヴァドケルト
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カポシュヴァール
カロチャ
カポシュヴァール
カーヴァ
ガールドニ
キシュクンフェールエジハーザ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケストヘイ
ケチケメート
サトマールチェケ
ザマールディ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタ
タタバーニャ
タートラ
タブ
チェペル
チョパク
チョバーンカ
ツェルデメルク
ディオーシュド
ティハニ
ティハニ
デブレツェン
デブレツェン
デブレツェンの花のカーニバル
ドゥナケスィ
ドゥナウーイヴァーロシュ
ドボゴークー
ドモシュ
トロクバーリント
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
ニレジハーザ
ハイドゥーソボスロー
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ
バラトンフェルヴィデーク
バラトンセントジュルジ
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダカラース
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
へーヴ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミコーハーザ
ミシュコルツ
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ
ヤースアパーティ
レートシャーグ
リマソンバト
レーティマヨル
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4
日本の日紹介1
日本の日紹介2
日本の日紹介3
日本の日紹介4
日本の日紹介5


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
▼12月。大学も試験が始まります。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方はご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
12月19日の午後6〜8時に、ブダペストのヴァーロシュマヨリ高校(1122 Budapest,Varosmajor utca 71)で、女声合唱団アンゲリカのチャリティーコンサートが開かれます。席は自由席で予約も必要ありません。チャリティ入場券が1000フォリントとなります。今回集まったお金は、ルーマニア・ムレシュ県で活動をしているMarosszeki Kodaly Zoltan Gyermekkarという児童合唱団のメンバーである3人の子供に渡されます。この子たちは、母親と暮らしているのですが、非常に貧しく家には電気も水道もないそうです。それで今回のチャリティコンサートで集まったお金を井戸を掘る資金にあてるようです。Marosszeki Kodaly Zoltan Gyermekkarが歌っている様子はこちらから見られます。チャリティコンサートの情報はこちら、そしてアンゲリカの情報はこちらからご覧いただけます。
学生の作ったガイドブックを紹介いたします。今回紹介するのはジュールです。ぜひご一読ください。

12月14日

  • ハンガリー・マルタ慈善団体が、18日までスパーやインタースパーで長期保存の効く食料品を集める活動を開始した。(買い物客が1つ余計に買って、それを寄付するという形です)
  • ▼動労法改正に関する議論や採決の際に邪魔をしたとしてクヴェール議長はとくに騒いだ野党議員に対し40〜60万フォリントの罰金支払いを命じた。▼12日に引き続き、13日も国会議事堂前で労働法改正の反対デモが行われた。(かなりの人が集まり、マルギット橋を封鎖したり、くさり橋で交通を止めたり、国会議事堂前で発煙筒を投げたりと混乱もあったようです。)
  • ハンガリー政府はブリュッセルでEUの移民政策に反対する宣伝カーを走らせているが、警察に止められプラカートをはずされるなどした模様。政府はこれに反発するビデオを公開していう。(https://www.facebook.com/kormanyzat/videos/368284760595155/で見られます。)
  • 100円=242,26フォリント(OTP/12月13日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月13日

  • ▼12日、国会で労働法改正法案が可決された。これにより年間の残業時間の上限が250時間から400時間となった。▼オルバーン首相は「ハンガリーの労働者にとってよい法律」とコメントした。▼採決の際、野党議員による混乱があったようでグヴェール議長は「最大限の罰則を与える」と怒りのコメントをした。▼法案可決を受け教員組合はストライキの検討を始めた。▼ブダペストでは法律に反対するデモが発生した。▼Jobbikは国会議事堂前から大統領官邸(シャーンドル宮殿)までデモ行進を行った。(途中くさり橋を渡る際に交通が混乱した)▼左派野党支持者は国会議事堂前に集まり、その後、Fidesz本部までデモ行進を行った(途中マルギット橋が混乱したようです)。▼混乱の中、ガススプレーが噴射され、警察がやった!となったが、警察は「デモ隊のメンバーが行った」とこれを否定した。
  • 12日、ハンガリー西部では最大15センチの積雪があった模様。(今週末には南西部で15〜20センチ、北東部で1〜5センチの積雪が予想されている)
  • 来年の欧州議会選挙にむけて、欧州に住んでいない欧州人も投票できるようにとのお達しがあったようで、12日、国会が法案を通した。
  • 映画監督・元国会議議員で日本とも関わりの深かったコーシャ・フェレンツ氏が亡くなった。82歳であった。
  • 12月7日、全国3000名の子供がブダペストアイ(観覧車)に招待された。(ブダペストで観覧車に乗ることができない子が対象・・みたいだったようですが、実は息子のクラスも招待を受けました。もちろんどのクラスにも金銭面の問題で遠足に行けない子がいるのも事実です。息子は楽しく観覧車に乗った帰りに、クリスマスバザールで社会見学に出ていた日本人学校の友達も見たと言っていました。ハンガリーの伝統工芸品を調べていたみたいです。生徒さんたちはカーロリ大学と一緒だったみたいで・・・まさにkicsi a vilagです。)
  • 14日、軽油が1リットルあたり2フォリント値下がりする。ガソリンはそのまま。
  • 100円=242,87フォリント(OTP/12月12日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月12日

  • 中央統計局によると11月の物価は前年同時期比で3.1%増だった模様。
  • 中東欧で最初に(Visaカードつきの)銀行カードが発行されたのはハンガリーで、MKB銀行が発行した。
  • 毎年この時期になるとクリスマスはホワイトクリスマスになるのか・・・が話題となるが、今年はクリスマス時の気温が4〜5度と比較的暖かく雪は降らない可能性が高いようだ。
  • 9日夜、ザラ県で許可を取らずに列車を走らせ、もう少しでインターシティと正面衝突するところだった模様。(安全装置が作動して、あと500メートルで衝突というところで停車したようです。)
  • シオ―フォクで人気のあったVilla Gretaという喫茶店が、人気が出すぎたため先週末で閉店したらしい。春には別の人たちがカフェを開くようだ。( 3年前にできた喫茶店らしいのですが、人気がありすぎて閉店というのは、ちょっと不思議ですね。何があったのでしょうか。)
  • リストフェレンツ空港では立体駐車場が建設されていたが、この許可が急に取り消された模様。(ある記事によると、鉄道の駅をつくるためかも・・とありましたけど、どうなるのでしょう・・)
  • 労働法改正については組合が「奴隷法だ!」と強く反発しているが、オルバーン首相は「義務ではないし、たくさん働きたい労働者がいるのが現実だ。組合は何が正しいか理解していない。私は労働者の側に立つ!」と国会で反論した。
  • 100円=243,59フォリント(OTP/12月11日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月11日

  • 関係者によると今年のクリスマスのホテルの稼働率は例年よりも高くなりそうだとのこと。(夏から予約が入り始めていたらしいです。)
  • 国立銀行によると、クリスマスに向け、個人のローン(借金)の額が総計4500億フォリントに達しているとのこと(10年前は1600億フォリントだったそうです。ミニバブルみたいなことになっているのでしょうか・・・)
  • 体制転換後の自由選挙で初めて首相に任命されたアンタル・ヨージェフ元首相が亡くなったのが1993年12月12日であり、今年で25年になる。(亡くなったときは1日中、喪に服す音楽がラジオで流れていたのを思い出します。)
  • 10日、国会で野党が労働法改正法案に反対し議題についての計2925の修正案を出したが、議長はこれを「職権濫用」として一括して1回の採決で決めるよう指示し、すべてが否決された。これに対し野党側は反発し笛を吹いたりし、議長が野党議員を退室させるなどして国会が混乱した。
  • ハンガリー福祉フォーラムのデータによると12月8日までにハンガリーで23名が凍死した模様。このうち16名は10月15日のホームレスに対する法の改正以後に亡くなった模様。
  • ブラックフライデーには欧州にも根付いてきて、これに合わせて買い物をする人が増えてきているようだ。ハンガリーでも今年のブラックフライでにおける売り上げを前週と比べると、テレビで+95%、洗濯機で+165%、コーヒーメーカーに至っては+236%だった模様。
  • Portfolio.huによると、教員の給与があまりにも低いために、保護者が子どもに「教員にはなるな」とアドバイスする例が増えてきているらしい。(今の政権は仕事を増やす代わりに給与をぐっと挙げたのですが、周りがそれよりも増して上がったため相対的には低いままとなってしまっている状況です。)
  • 100円=242,56フォリント(OTP/12月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月10日

  • 8日、労働法改正に反対する人が1万名ほど集まりデモ行進を行った。(オルバーン首相がFacebookでアドベントの挨拶をしているのですが、そこのコメントがちょっと炎上しています。)一方9日に国営放送の建物の前でもデモがあったみたいですけど、こちらは数百名程度の参加者しかいなかったようです。(クリスマス前の銅の日曜日ですから・・多くの人は買い物に追われているのでしょう。)
  • 今週は徐々に気温が下がっていくとのこと。
  • アドベントには、毎週1本ずつろうそくに火をともす習慣があるが、これによる火事が毎年発生しており、関係者は注意を呼び掛けている。
  • Publicus Intezetが11月14〜21日に行った調査によると、ハンガリー人の78%が1年に2度時計の針を動かすのはやめたいと考えていることがわかった。(このうち3分の2が1年中サマータイム、3分の1がウインタータイムにすべきと考えているようです。)
  • ハンガリーで釣りをするには許可証が必要であるが、2019年より許可書を取るために納税者番号提示が必要になるらしい。(・・と書きましたが私自身は釣りをしないので、それがどういう意味なのかわかっていません・・・)
  • OECDの最新調査によるとハンガリーの年金給付の所得代替率は60%とOECD加盟国の中位らしい。一方、収入における年金保険料の割合はイタリアに次ぐ2位なのだそうだ。
  • 欧州委員会はWiFi4EUプログラムとして欧州全体で2800か所に無料WiFiポイントを設置する模様。このうちハンガリーでは現在91か所に設置予定で、更に15か所がウエイティングリストに載っているようだ(私も駅や停留所の無料スポットを利用することがありますが、セキュリティ的にはどうなんでしょう・・)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月7日

  • ハンガリーでは市内から郊外に出るときに車はヘッドライトをつけなければならないが、6日、ソンバトヘイの市境でこの取り締まりを行っていた警察は違反者には罰のかわりに木の枝を、規則を守っていた人にはサンタの形をしたチョコレートをプレゼントしていたらしい。
  • 12月中旬よりハンガリー全土で4Gのモバイルインターネットが利用できるようになる模様。
  • ハンガリー政府はブリュッセルで移民反対広告(正確に言うと移民法賛成の議員を狂っていると批判しているもの)をトラックに載せて走らせているが、警察に止められたりしている模様。
  • ハンガリー科学アカデミーの予算の多くは、アカデミーではなくイノベーション・テクノロジー省が管理することになったが、2019年第一四半期の研究ネットワーク予算分について、同省がお金を出す構えを見せていない模様でアカデミー側は懸念を表明している。
  • 残業時間の上限を月250時間から400時間に上げようとする法案に関して、与党側が「契約書に示されない限りこれができない」とするなど、いくつかの点で修正する動きが出てきている模様。
  • 100円=244,93フォリント(OTP/12月6日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月6日

今日はサンタの日です。みなさんのところはサンタが来ましたか?(くつやブーツにチョコレートが入っていたら「おりこうさん」が、木の枝が入っていたら日々の行いを反省しましょう!)

  • 前年度で学校を辞めたり卒業したりした人で就職をしなかった人は10月末までは学生証が使え、その後も45日は猶予期間があるが12月16日からは健康保険費を支払わなければならない。そろそろその時期が近付いているため税・関税局が注意を呼び掛けている。(保険料は月7320フォリントだそうです。)
  • 高校受験を目指す人は、その締め切りが7日までとなっている。(ハンガリーの高校受験のシステムですが、まずは希望校とは関係なく、受験をする高校を選んでそこに申し込みをします。試験はハンガリー語と数学の2科目ですが、どこの学校の採点は甘いなどの怪情報が流れ保護者は右往左往します。受験が終わり、採点が終わるとそれを見に行くことができます。そして採点に問題がある場合は異議申し立てをし、認められた場合には点数を上積みすることができます。それが終わると獲得した点数とにらめっこをして、希望校を選び順位付けをします。そして希望する高校すべてに受験申込を行います。同じ高校でも複数のカリキュラムを動かしているところがありますので、かなりの数の高校・コースを希望する子もいます。その後、学校は受験希望者の順位を出し足切りをします。足切りに引っかかると面接・口答試験が受けられます。足切りの段階で自分が筆記で何番目なのかというのは把握できますので、口頭試験のときの雰囲気を頼りに最終的に志望校の順位を決めます。そして決められた1日で順位変更願を出します。そして第一志望に合格したら、第二志望以下の高校に志望を変更することはできません。全国でもトップ校の場合、受験生のほぼすべてが第一志望ですから口頭試験には進むものの、筆記で定員枠からは順位が下の場合は、入学できる可能性は低くなります。一方、上位行や中堅になると、筆記の順位が枠の倍ぐらいであっても入れるチャンスがあり、中堅下位校になると定員の数倍下でも入れる可能性が出てきます。ウエッブ上には何点とればどこの学校に入れそうかというサイトもあり、保護者や子どもたちは頭を悩ませることになります・・筆記が1月で面接・口頭試験は2月末、志望順位変更届が3月中旬、合格発表が4月・・になります。)
  • 今年もブダペストのトロリーバス70、72、75、80A、83の路線で12月19日までサンタが乗車し、貧しい子供たちへのプレゼントをサンタに託す「サンタ号」が走るようだ。
  • ハンガリー政府は、ブリュッセルの街中で移民政策に反対する宣伝カーを走らせている模様。(欧州議会選挙を狙ってのことでしょうか。)
  • BKKの電子チケットシステム導入に関しては、問題がありBKKのトップが更迭されるなどの騒ぎがあったが、ブダペスト市は2020年の終わりか2021年の頭には導入できる。問題はないとコメントしている。
  • Financial Timesのビジネススクールのランキングでコルビヌス大学が82位に入った。(Corvinus Business Schoolって言うんですね。そういえば日本語が学べるブダペスト商科大学もBudapest Business Schoolって言ったと思います。)
  • 製菓協会によると、ハンガリー人はより質の高いチョコレートを食べるようになってきているらしい。サロンツコルでは1番人気がゼリーで、2番がマジパン、3位がナッツ系とのことです。
  • 100円=243,74フォリント(OTP/12月5日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月5日

  • ハンガリーではクリスマスツリーにサロンツコル(チョコレート菓子)を飾る習慣があるが、ハンガリー製菓生産協会によると毎年3500トンのサロンツコルが消費されているらしい。(我が家もすでに味見用に購入して食べています。今は値段も高くなりましたが、いろいろなサロンつコルがありますよね。昔は湿った砂糖みたいなものが中に入っているものがほとんどだったような気がします。)
  • szazadvegによると、ハンガリーのドライバーの8割は(速度計測)カメラの手前だけでスピードを落とし、6割はスピードの出しすぎが日常的になっているらしい。
  • 奴隷法ともいわれている、労働法改正(年間の残業時間の上限を250時間から400時間にするというもの)に反対して、今週の土曜日にデモが行われる模様。(朝10時にヤーサイマリ広場-マルギット橋のペスト側-で集まって国会議事堂に向かってデモ行進するようです。組合はデモだけではくストや道路封鎖なども考えているそうです。)
  • ハンガリーではクリスマスはサンタがプレゼントを運ぶのではなく、キリストの誕生するときの奇跡でプレゼントがツリーの下に現れる・・ということになっている。一方、サンタは12月5日の夜から6日の朝にかけて現れ、よい子にはブーツなどにチョコレートを入れ、悪い子には木の枝を入れる。・・・今年はサンタの日にあたる6日と、11日にHevのセンテンドレ線でがサンタ号を発車させるようだ。
  • クリスマスに向け、ネットを利用して外国から商品を注文する人も多いが、専門家によるとEUの外からの注文を今しても、商品はクリスマスまでには届かない可能性が高いらしい。
  • 100円=244,69フォリント(OTP/12月4日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月4日

  • 中央ヨーロッパ大学が3日、記者会見を開きウィーン移転を発表した。欧州人民党党首候補のマンフレート・ヴェーバー議員、そしてアメリカ大使館もオルバーン首相に対し遺憾の意を示している。(アメリカの学位が出せるコースについてはウィーンに移転するとのことで、来年度の募集の関係でこれ以上は待てないとのことでした。政府関係者は「完全移転でもなく多くのコースがブダペストに残るため大したニュースではない。ただ大学が騒ぎ政治的な問題にしているだけ」という態度を示しています。)
  • 政府は家族や子供に対する保護について国民の意見を聞く調査を行う予定であるが、与党Fideszは各家庭に電話をかけ回答を呼び掛けるようだ。
  • アドベントも始まり、各地のクリスマスバザールもますます人が増えているが警察は、コンクリートの障害物を置いたり私服警官を歩かせたりして警備に努めているようです。)
  • 100円=242,06フォリント(OTP/12月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

12月3日

先週金曜日の授業では13名の日本人の方に来ていただきました。学生たちも大喜びでした。心より感謝申し上げます。(写真も撮ったのですが、許可を取るのを忘れてしまったので載せることができません・・・残念です。)

  • ハンガリーにはボーナスというものはないが、今年は労働者の14%が13か月目の給与が支給される模様(平均支給額は33万2000フォリント)。外資系の大企業の方が支給率が高いらしい。(5年前は13か月目の給与がもらえたのは11%だったので増えた・・という記事もありますが、もっと前は13か月目の給与はもっと一般的だったような気がします。)
  • 先日、左派野党の民主連合の本部が火事になったが、今度は11月30日に左派野党系のテレビ局ATVの建物が火事となった。(2つの火事は全く関係ないと思いますけど・・)
  • 中央統計局によると2017年におけるハンガリーの貧困層の人口は188万7000名と人口の19.6%だった模様。この数は2016年より50万名少なくなっているらしい。(何を持って貧困を指すのかを調べてみたのですけど、どうもはっきりわかりませんでした。ただ平均収入の6割以下で生活している人は貧困層に入るようです。)
  • これまで子供が3人いる家庭に関しては住宅購入のため1000万フォリントを3%未満の利子で借りられるという制度があったが、人材省の担当次官は、これが2人の子供がいる家庭まで広がったと発表した。
  • 中央ヨーロッパ大学は12月1日までに政府が許可を出さなければウィーンに移転すると伝えていたが、期限まで政府が動かなかったため今後の動きが注目される。(3日に学生向けにフォーラムが開かれ、その後国際記者会見が開かれる予定です。政府は大学の動きを単なる脅しとし、ウィーンに移転するのは一部のみだと主張しています。)
  • 今週は先週に比べると気温が上がるようだが、天気は悪くなり雨やみぞれのところが増える模様。
  • タタの町に飾られているクリスマスツリーから飾りを盗んでいるのを隠し撮りしたビデオがFacebookそしてyoutubeに流れて問題になっている模様。(盗んでどうするのでしょうか・・・自分の家で飾るのでしょうか。)
  • ブダペストのヴォロシュマルティ広場のクリスマスバザールで売られているものは、かなりの値段がするが、その理由の1つに店舗の出店料があるようだ。例えばウィーンのクリスマスバザールの場合、小規模のビュッフェの出店料は750万フォリントぐらいらしいが、ヴォロシュマルティ広場の場合、小規模のビュッフェでも出店料は2000万フォリンするらしい。(手芸店などは100万フォリントの出店料なのだそうです。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)